大石芳野のおすすめランキング

プロフィール

●大石芳野(おおいし・よしの) 東京都出身。写真家。日本大学芸術学部写真学科を卒業後、ドキュメンタリー写真に携わり今日に至る。戦争や内乱、急速な社会の変容によって傷つけられ苦悩しながらも逞しく生きる人びとの姿をカメラとペンで追っている。2001年土門拳賞(『ベトナム 凜と』)、2007年エイボン女性大賞、同年紫綬褒章ほか。

「2015年 『戦争は終っても終わらない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大石芳野のおすすめランキングのアイテム一覧

大石芳野のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『沖縄 若夏の記憶 (岩波現代文庫)』や『福島 FUKUSHIMA 土と生きる』や『コソボ 絶望の淵から明日へ (岩波フォト・ドキュメンタリー 世界の戦場から)』など大石芳野の全57作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

沖縄 若夏の記憶 (岩波現代文庫)

25
3.50
大石芳野 2016年7月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

沖縄、琉球の光と陰。切ない。西表島に炭鉱があったのは初めて知った。 もっと読む

福島 FUKUSHIMA 土と生きる

18
3.83
大石芳野 2013年1月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 写真家である著者は、東日本大震災の1か月半余り後に福島を初訪問。その惨状を目の当たりにし、「月1度は何を置いても現地を訪ねなければいられない気持ち」にな... もっと読む

コソボ 絶望の淵から明日へ (岩波フォト・ドキュメンタリー 世界の戦場から)

16
3.86
大石芳野 2004年4月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この人の文章はわかりやすい。アルバニア人の友人がいることからすぐに感情輸入して読んでしまった。アルバニアとセルビアだけでなくロマの写真や記述があるのも印象... もっと読む

それでも笑みを

16
3.00
大石芳野 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いろんな国のいろんな人たちの「それでも笑ってみせる」姿をうつした写真集。 「清貧」とか「美しい被害者」や「前向きな障害者」の類の「たいへんなのにがんばる弱... もっと読む

3.11と私 〔東日本大震災で考えたこと〕

16
2.33
赤坂憲雄 2012年8月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

退屈極まりない本である。 しかしそこに落とし穴があるのであって私たちはこれだけの識者が「わかっていた」という事を知らねばならない。 維新から近代化を掲げ富... もっと読む

魂との出会い―写真家と社会学者の対話

15
5.00

感想・レビュー

1 パプア・ニューギニアとの出会い 2 瞳は凛凛と 3「生」と「死」の尊厳 4 他者と出会うために 5 瞬間の中の歴史 6 写真家と社会学者 7 人間の内... もっと読む

あの日、ベトナムに枯葉剤がふった―戦争の傷あとを見つめつづけた真実の記録 (くもんのノンフィクション・愛のシリーズ)

14
4.33
大石芳野 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

10年間で9万トンもの枯葉剤をまき、それは今を生きる人たちやその子供まで、被害を及ぼしている。 ベトナムの歴史を知らなかったから、あまりに悲劇的で、... もっと読む

戦争は終わっても終わらない 大石芳野写真集

14
4.00
大石芳野 2015年7月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大人だけではなく、子供にも読んでほしい本です。 モノクロの写真が、平和イコール恒久のものであるべきと語っています。 もっと読む

「夜と霧」をこえて―ポーランド・強制収容所の生還者たち

13
3.50

感想・レビュー

(1993.05.19読了)(1991.12.21購入) ポーランド・強制収容所の生還者たち (「BOOK」データベースより)amazon あまりに... もっと読む

大石芳野写真集 長崎の痕(きずあと)

13
4.50
大石芳野 2019年3月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東2法経図・6F開架:369.3A/O33n//K もっと読む

コソボ破壊の果てに―大石芳野写真集

12
3.25

感想・レビュー

コソボ紛争と一般には言われていますが、セルビア系によるアルバニア系民族の虐殺と言ってもいいのではないか。 写真の説明書きを読むと、本当に心が痛みます... もっと読む

子ども 戦世のなかで―大石芳野写真集

12
4.00
大石芳野 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ホルマリンに浮かぶ奇形児。 もっと読む

ベトナム凛と―大石芳野写真集

12
4.33
大石芳野 2000年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

すごい本。過去を知っているからこそ、撮れる写真だと思った。 もっと読む

女の国になったカンボジア (講談社文庫)

11
3.80

感想・レビュー

(1999.03.17読了)(1993.11.05購入) ☆関連図書(既読) 「あの日、ベトナムに枯葉剤がふった」大石芳野著、くもん出版、1992... もっと読む

戦禍の記憶

11
4.50
大石芳野 2019年4月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東2法経図・6F開架:369.3A/O33s//K もっと読む

沖縄 若夏の記憶

10
3.80
大石芳野 1997年6月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(1999.12.15読了)(1997.09.02購入) (「MARC」データベースより)amazon 戦争や基地の悲劇を背負いながらも、豊かな自然に... もっと読む

アフガニスタン戦禍を生きぬく―大石芳野写真集

10
4.17

感想・レビュー

配置場所:摂枚普通図書 請求記号:748||O 資料ID:50301107 ※2015年11月の「大型本・ビジュアル本」でも取り上げました。 もっと読む

カンボジア苦界転生―大石芳野フォト・ドキュメント

9
3.25

感想・レビュー

当時若くて女性ながら現地に入って写真を撮っていたこと自体すごいと思う。もう少し紙の質がよければ、当時のカンボジアがもっとリアルに見れたと思う。もう一度本を... もっと読む

ベトナムは、いま―十年後のベトナム戦争 (講談社文庫)

8
3.50

感想・レビュー

 二十世紀に、アジアの二つの民族が、人類として最悪の洗礼を受けさせられた。一つは日本の原爆であり、もう一つはベトナムの「枯れ葉作戦」のダイオキシンである(... もっと読む
全57アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×