大石静のおすすめランキング

プロフィール

大石 静(おおいし しずか)
1951年東京都生まれの脚本家・作家・女優。日本女子大学卒業後、女優になるため青年座研究所に入る。1981年、永井愛と「二兎社」を設立、二人で交互に女優と脚本を担当。1986年『水曜日の恋人たち 見合いの傾向と対策』で本格的に脚本家としてデビューして以降、多数のテレビドラマの脚本を担当することになり、1991年脚本家に専念するため俳優を廃業、二兎社を退団する。
1996年『ふたりっ子』で第15回向田邦子賞、第5回橋田賞受賞。2008年『恋せども、愛せども』により文化庁芸術祭賞テレビ部門(ドラマの部)優秀賞受賞。2011年『セカンドバージン』により東京ドラマアウォード2011脚本賞、放送ウーマン賞2010を受賞。アニメ『神撃のバハムート VIRGIN SOUL』の脚本も務めている。
飛躍する若手俳優を見抜く眼力に定評があり、内野聖陽、佐々木蔵之介、堺雅人、長谷川博己を自らのドラマに登用してきた。2019年、嵐・NHK札幌放送局が制作する北海道150年記念ドラマ、松本潤主演「永遠のニシパ~北海道と名付けた男 松浦武四郎」(ニシパは小さいシが正式表記)脚本を担当。

大石静の関連サイト

大石静のおすすめランキングのアイテム一覧

大石静のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『セカンドバージン (幻冬舎文庫)』や『四つの嘘 (幻冬舎文庫)』や『オンナの奥義 無敵のオバサンになるための33の扉』など大石静の全93作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

セカンドバージン (幻冬舎文庫)

752
2.99
大石静 2010年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

指の長い男は不実だ もっと読む

四つの嘘 (幻冬舎文庫)

640
3.34
大石静 2008年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読むと止まらなくなった小説。女子校出身の4人が、41歳になって、それぞれの事情で、貪欲に、淫蕩に、諦め気味に、狡猾に生きている。皆、自分らしく生きてきたつ... もっと読む

オンナの奥義 無敵のオバサンになるための33の扉

161
3.41
大石静 2018年1月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

元気なお二人の赤裸々な対談、読みやすく面白かったです。 お仕事や結婚のお話も良かったけど 特に更年期障害について興味深く読みました。 もっと読む

四つの嘘

129
3.32
大石静 2005年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

気持ち悪くなったから後半は斜め読み。日本の法と警察はクズ。 2015 6/22 もっと読む

コントレール 罪と恋 (小学館文庫)

51
3.27
大石静 2016年5月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

サクサクと2時間ほどで読了。ドロドロしてるのに淡々と話が進んでいく。殺された夫が浮気してたと知ったら正直許せないな。爆弾置いて死ぬなよって感じ。そんな人の... もっと読む

わたしってブスだったの? (文春文庫)

44
3.21
大石静 1996年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

内容(「BOOK」データベースより) 失恋は“いい女”の条件だ。別れた男女は遠い親戚のようなもの。「あなた好みになりたい」は不健康だ。不倫SEXはなぜい... もっと読む

愛才 (文春文庫)

32
2.55
大石静 2003年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【本の内容】 あなたは好きだけど、セックスはしたくない。 僕の奥さんは、僕も恋人も必要だという―どこか風変わりな妻は、自分の恋愛すべてを夫の「僕」... もっと読む

蜜の味 ~A Taste Of Honey~ (扶桑社文庫)

29
3.25
大石静 2011年12月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

脚本家が書かれる本というのは、ドラマ仕立てで、 テレビを見ない私にはとても面白い(*^-^*) ドラマだと思って読むから、ありえない展開でも、 ありえな... もっと読む

駿台荘物語 (文春文庫)

27
3.25
大石静 1998年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大石さんの養母さんって、スゴイ方だったのね。彼女のタレントはそこから培われてきたということか。 もっと読む

究極のいい女 (角川文庫)

25
3.00
大石静 2006年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なかなか、良い言葉で、うならせられる箇所があった。 基本的には、わりと普通目の女性のエッセイ。 クリエイティブな仕事に男性女性は関係ない、確かにそうだ... もっと読む

久世塾

24
3.60
久世光彦 2007年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

脚本家を対象にした久世光彦の私塾の講義をまとめたもの。シナリオライターはなかなか下積みが大変そうだ。あんまり敷居が高すぎるのも現在の停滞の原因なのではない... もっと読む

功名が辻 (前編) (NHK大河ドラマ・ストーリー)

24
3.45
司馬遼太郎 2005年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

現在大ハマリ中。 信長、秀吉、家康の役選びは かなり正しいと思う! もっと読む

ハンドク!!! (文芸シリーズ)

21
3.50
大石静 2002年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ドラマのノベライズということで読んでみたけれど・・・。 映像で語られるドラマを文字にして物語にするときには、ある程度の工夫が必要なんじゃないだろうか。 た... もっと読む

ポンポンしてる? (幻冬舎文庫)

21
3.40
大石静 2006年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

SEX、LOVE、WORK、LIFEの4つの項目に分けられたエッセイ集。 共感させられたり、驚かされたり。 脚本家ともなる方は、やはり感覚や感性も敏感... もっと読む

日本のイキ (幻冬舎文庫)

20
3.20
大石静 2006年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ファーストキッチンの「ガリポテト」で知る若者の味覚、視聴率至上主義の真の背景、「全然いい」などデジタル化する日本語、子供に「翔人」と名づける親、ますます“... もっと読む

ねこの恋 (講談社文庫)

18
3.33
大石静 2002年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

脚本家ゆえにテレビ業界の裏話的なものは当然面白いのだが、男と女の関係をストレートに言い切ってしまう語り口が魅力的。 もっと読む

別れられないよね?

17
3.33
大石静 2005年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2015.12.10 言わなくてもわかるのが夫婦の愛というのは、間違いである。 語り、伝える情熱があるということが愛なのだ。 髪の毛を切った... もっと読む

功名が辻 (後編) NHK大河ドラマ・ストーリー

17
3.75
司馬遼太郎 2006年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

先日読了した前編の続き。最近の大河ドラマストーリーは前編、後編、完結編と三部構成だが、この頃はまた二部構成である。 大河ドラマには豪華キャストであるこ... もっと読む

ポンポンしてる?

13
2.80
大石静 2003年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

冒頭のパンツの話に惹かれて読みました。 もっと読む
全93アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする