大石静の人気ランキング

プロフィール

大石 静(おおいし しずか)
1951年東京都生まれの脚本家・作家・女優。日本女子大学卒業後、女優になるため青年座研究所に入る。1981年、永井愛と「二兎社」を設立、二人で交互に女優と脚本を担当。1986年『水曜日の恋人たち 見合いの傾向と対策』で本格的に脚本家としてデビュー。
以降、多数のテレビドラマの脚本を担当することになり、1991年脚本家に専念するため俳優を廃業、二兎社を退団。1996年『ふたりっ子』で第15回向田邦子賞、第5回橋田賞受賞。2008年『恋せども、愛せども』により文化庁芸術祭賞テレビ部門(ドラマの部)優秀賞受賞。2011年『セカンドバージン』により東京ドラマアウォード2011脚本賞、放送ウーマン賞2010を受賞。アニメ『神撃のバハムート VIRGIN SOUL』の脚本も務めている。
飛躍する若手俳優を見抜く眼力に定評があり、内野聖陽、佐々木蔵之介、堺雅人、長谷川博己を自らのドラマに登用してきた。2019年、NHK札幌放送局が制作する北海道150年記念ドラマ、嵐・松本潤主演「永遠のニシパ~北海道と名付けた男 松浦武四郎」(ニシパは小さいシが正式表記)脚本を担当。
『セカンドバージン』等、ドラマ脚本作の単行本・文庫化作は多い。2018年に対談を書籍化した『オンナの奥義 無敵のオバサンになるための33の扉』を刊行している。

大石静の関連サイト

大石静の人気ランキングのアイテム一覧

大石静の人気が高い作品のランキングです。ブクログユーザの評価が高い順で並んでいます。
『ふたりっ子〈1〉 (新風舎文庫)』や『NHK連続テレビ小説 オードリー〈1〉』や『ふたりっ子〈3〉 (新風舎文庫)』など大石静の全94作品から、ブクログユーザの間で人気の作品がチェックできます。

功名が辻 (後編) NHK大河ドラマ・ストーリー

17
3.75
司馬遼太郎 2006年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

先日読了した前編の続き。最近の大河ドラマストーリーは前編、後編、完結編と三部構成だが、この頃はまた二部構成である。 大河ドラマには豪華キャストであるこ... もっと読む

ニッポンの横顔

10
3.75
大石静 2008年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『巧妙が辻』などの脚本家として知られる大石静氏のエッセイ本。 『ニッポンの』という題名から、得てして、固く、仰々しく、マクロ的な視点で、あまつさえ右にも... もっと読む

First Love

10
3.60
大石静 2002年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今日読んだ本。ドラマが元ですが全然知りませんでした。読んで正直、設定は面白いのにその後の展開が読めてしまうのが気に入らない。最後に登場人物が実はこうだった... もっと読む

久世塾

25
3.55
久世光彦 2007年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

脚本家を対象にした久世光彦の私塾の講義をまとめたもの。シナリオライターはなかなか下積みが大変そうだ。あんまり敷居が高すぎるのも現在の停滞の原因なのではない... もっと読む

ハンドク!!! (文芸シリーズ)

21
3.50
大石静 2002年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ドラマのノベライズということで読んでみたけれど・・・。 映像で語られるドラマを文字にして物語にするときには、ある程度の工夫が必要なんじゃないだろうか。 た... もっと読む

功名が辻 (前編) (NHK大河ドラマ・ストーリー)

24
3.45
司馬遼太郎 2005年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

現在大ハマリ中。 信長、秀吉、家康の役選びは かなり正しいと思う! もっと読む

ポンポンしてる? (幻冬舎文庫)

21
3.40
大石静 2006年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

SEX、LOVE、WORK、LIFEの4つの項目に分けられたエッセイ集。 共感させられたり、驚かされたり。 脚本家ともなる方は、やはり感覚や感性も敏感... もっと読む
全94アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする