大西暢夫のおすすめランキング

プロフィール

おおにし・のぶお
1968年、岐阜県揖斐郡池田町育ち。
東京綜合写真専門学校卒業後、本橋成一氏に師事。
1998年にフリーカメラマンとして独立。
ダムに沈む村、職人、精神科病棟、障がい者など
社会的なテーマに多く取り組む。
2010年より故郷の岐阜県に拠点を移す。
映画監督作品に、
『水になった村』、
『家族の軌跡 3.11の記憶から』、
『オキナワへいこう』などがあり
著書等に、
『僕の村の宝物 ダムに沈む徳山村山村生活記』
(大西暢夫 著、情報センター出版局、1998年)、
『分校の子供たち』
(大西暢夫 著、カタログハウス、2000年)、
『山里にダムがくる』
(菅聖子 文、大西暢夫 写真、山と溪谷社、2000年)、
『おばあちゃんは木になった シリーズ自然いのちひと4』
(大西暢夫 写真・文、ポプラ社、2002年、
 第8回日本絵本賞)、
『ひとりひとりの人 僕が撮った精神科病棟』
(大西暢夫 写真・文、精神看護出版、2004年)、
『花はどこから 花・花びん・水をめぐる3つのものがたり』
(大西暢夫 写真、一澤ひらり 文、福音館書店、2005.年)、
『水になった村 ダムに沈む村に生き続けたジジババたちの物語』
(大西暢夫 著、情報センター出版局、2008年)、
『徳山村に生きる 季節の記憶』
(大西暢夫 写真・文、農山漁村文化協会、2009年)、
『ぶた にく』
(大西暢夫 写真・文、幻冬舎エデュケーション、2010年、
 第58回小学館児童出版文化賞、第59回産経児童出版文化賞大賞)、
『糸に染まる季節 ちしきのぽけっと13』
(大西暢夫 写真・文、岩崎書店、2010年)、
『ミツバチとともに 養蜂家角田公次
 農家になろう2』
(大西暢夫 写真、農文協 編、農山漁村文化協会、2012年)、
『津波の夜に ~3.11の記憶~』
(大西暢夫 著、小学館、2013年)、
『ここで土になる』
(大西暢夫 著、アリス館、2015年)、
『シイタケとともに きのこ農家中本清治 
 農家になろう8』
(大西暢夫 写真、農文協 編、農山漁村文化協会、2015年)、
『お蚕さんから糸と綿と』
(大西暢夫 著、アリス館、2020年)他がある。

「2020年 『ホハレ峠』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大西暢夫のおすすめランキングのアイテム一覧

大西暢夫のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ぶたにく』や『ここで土になる』や『おばあちゃんは木になった (シリーズ・自然 いのち ひと)』など大西暢夫の全19作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ぶたにく

174
4.15
大西暢夫 2010年1月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 ぶたにく、ブタ肉。  ブタやウシは、いかにして肉になるのか。アタマではわかっていても、かわいいかわいい子ブタがお肉になるまでなんて、そうそう見ることが... もっと読む

ここで土になる

93
4.15
大西暢夫 2015年10月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

感動の一冊です! この本の事を知ったのは佐久間順平さんがFacebookで紹介されていたが目にとまったから。 そしてわたしは本書作者の大西暢夫さん... もっと読む

糸に染まる季節 (ちしきのぽけっと13)

57
3.65
大西暢夫 2010年11月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『色には季節がある』、という言葉で始まる大西暢雄さんによる写真集。 被写体は、新潟県十日町市に住む染織家・岩田重信さんの手仕事だ。 色には季節があると... もっと読む

水になった村

49
4.80
大西暢夫 2007年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

徳山村がダムに沈むまでを10年以上かけて記録し続けた本著。本にならなければ人々の記憶から簡単に消えてしまいそうな、村の人々のささやかな日常の記録が、かえっ... もっと読む

お蚕さんから糸と綿と

42
4.30
大西暢夫 2020年1月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「真綿でくるむ」とか、ちょっと怖い表現では「真綿で首を絞める」なんていうのもある。でも真綿とはどんなものか、知ってる人はどのくらいいるのだろう。 「絹を... もっと読む

津波の夜に: 3.11の記憶

30
4.29
大西暢夫 2013年2月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

淡々とした記録なので読み進めやすかった。 通っている地域だから、いろいろ知れてよかった。 北川吉隆さんが編集担当だったんですね♪ この本の取材をした... もっと読む

ホハレ峠;ダムに沈んだ徳山村 百年の軌跡

29
4.33
大西暢夫 2020年4月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 ダムに沈む村。  本屋で手に取って気になってしまった。  岐阜県徳山村、かつて地図に存在した村は今は徳山ダムの湖の下に沈んでいる。  この村の... もっと読む

ひとりひとりの人―僕が撮った精神科病棟

27
3.62
大西暢夫 2004年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

病棟で暮らす人々のポートレート うつっている人達は普通に生活している しかしへだたりを感じるこだわりを感じる かたくるしさは同じなのかもしれない もっと読む

山里にダムがくる

15
3.50

感想・レビュー

全国8つのダム水没予定地を巡る旅のルポルタージュ。 もっと読む

徳山村に生きる―季節の記憶

11
4.33
大西暢夫 2009年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

[墨田区図書館] 同著者の「ぶた にく」で知った大西暢夫さん。その作風に触れて他の本も見てみたいと検索して片っ端から借りてきてみたうちの一冊。 この本... もっと読む

シイタケとともに: きのこ農家 中本清治 (農家になろう)

11
3.50
農文協 2015年1月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

写真で、きのこの生産過程を 詳しく見る という試みは、面白い。 大人の絵本みたいな、画集だった。 ここまで、やるなら、シイタケの成長過程のマクロな画... もっと読む

僕の村の宝物

10
5.00
大西暢夫 1998年1月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

川を渡り、山を越える。畑を耕し、山菜をとり、木の実を拾う。縄文時代から受け継がれてきた暮らしが、今、この時代に日本から消えようとしている。徳山村もダムの中... もっと読む

津波の夜に 3.11の記憶

5
5.00
大西暢夫 電子書籍 2013年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「東松島市小野駅前応急仮設住宅集会場」にて購入[2015/3/15] 14:46 大きな地震が来て 15:37 津波が街を飲み込んだ 自治会... もっと読む
全19アイテム中 1 - 19件を表示
ツイートする