大谷栄一のおすすめランキング

プロフィール

1968年、東京都生まれ。東洋大学大学院社会学研究科社会学専攻博士後期課程修了。博士(社会学)。(財)国際宗教研究所研究員、南山宗教文化研究所研究員を経て、現在、佛教大学社会学部教授。専攻は宗教社会学・近現代日本宗教史。明治期以降の「近代仏教」の展開や、現代の宗教者や宗教団体がおこなう社会活動、「地域社会と宗教文化」の関係を研究している。著書に『近代日本の日蓮主義運動』(法藏館)、『近代仏教という視座―戦争・アジア・社会主義』(ぺりかん社)、『地域社会をつくる宗教』(共編著、明石書店)、『人口減少社会と寺院―ソーシャル・キャピタルの視座から』(共著、法藏館)、『近代仏教スタディーズ―仏教からみるもうひとつの近代』(共編著、法藏館)、『日本宗教史のキーワード―近代主義を超えて』(共編著、慶應義塾大学出版会)、『ともに生きる仏教―お寺の社会活動最前線』(編著、ちくま新書)などがある。

「2019年 『日蓮主義とはなんだったのか 近代日本の思想水脈』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大谷栄一のおすすめランキングのアイテム一覧

大谷栄一のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ともに生きる仏教 (ちくま新書)』や『日蓮主義とはなんだったのか 近代日本の思想水脈』や『現代思想 2018年10月臨時増刊号 総特集◎仏教を考える (現代思想10月臨時増刊号)』など大谷栄一の全13作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ともに生きる仏教 (ちくま新書)

23
4.00
大谷栄一 2019年4月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東2法経図・6F開架:B1/7/1403/K もっと読む

近代日本の日蓮主義運動

11
3.00
大谷栄一 2001年2月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

宗教社会学から見た近代日本の日蓮主義の分析なんだけど、とにかく、この日蓮主義というのは、現在(2013年6月)の与党に食い込んでる小数政党を見てもそうだけ... もっと読む
全13アイテム中 1 - 13件を表示
ツイートする