大野多加志のおすすめランキング

プロフィール

1952年生まれ。1979年東京大学文学部卒業。1986年早稲田大学人文科学研究科博士課程修了。フランス文学専攻。現在、東洋学園大学人文学部教授。訳書 『ナダール――私は写真家である』(共訳、筑摩書房、1990)、ユーゴー『レ・ミゼラブル』(共訳、偕成社、1993)、マッコルラン『恋する潜水艦』(共訳、国書刊行会、2000)、ロラン・バルト著作集2『演劇のエクリチュール』(みすず書房、2005)、『マルセル・シュオッブ全集』(共訳、国書刊行会、2015)、ロラン・バルト『声のきめ――インタビュー集 1962-1980』(共訳、みすず書房、2018)ほか。

「2018年 『声のきめ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大野多加志のおすすめランキングのアイテム一覧

大野多加志のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『マルセル・シュオッブ全集』や『レ・ミゼラブル〈上〉 (偕成社文庫)』や『レ・ミゼラブル〈中〉 (偕成社文庫)』など大野多加志の全10作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

マルセル・シュオッブ全集

95
5.00

感想・レビュー

この世界のいたるところにシュオッブの信奉者たちがいて、 彼らは小さな秘密結社を組織している。 ⁂ホルヘ・ルイス・ボルヘス⁂ 「19世紀末のボルヘス」として... もっと読む

恋する潜水艦 (文学の冒険シリーズ)

55
3.67

感想・レビュー

モダニズム時代、フランスで人気を博したピエール・マッコルランの海賊三編。単純な勧善懲悪とは趣が異なり、アウトサイダー達の希望と失意と後悔、世界に対する恐怖... もっと読む

演劇のエクリチュール―1955-1957 (ロラン・バルト著作集 2)

19
3.20
ロラン・バルト 2005年5月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

演劇のエクリチュールという書名でありますが、こと演劇に関しては、古典にも、ブレヒトなどの現代の戯曲作家・演出家にも疎いため、ここでは、カミュとの書簡のやり... もっと読む
全10アイテム中 1 - 10件を表示
ツイートする
×