大阪市立大学大学院医学研究科発達小児医学のおすすめランキング

プロフィール

専門は小児内分泌・糖尿病・小児腎臓病。小児糖尿病の約8割を占める1型糖尿病の診療と研究は国内最先端であり,インスリンポンプ療法など次世代の糖尿病治療に力を注いでいる。またわが国ではじめてカーボカウントによる血糖コントロール方法を提唱した、カーボカウントのわが国の第一人者でもある。一方,糖尿病患者への心理的・社会的サポートにも力を入れており,小児糖尿病サマーキャンプへの参加・日本IDDMネットワークの医療専門アドバイザーを務めるなど,熱心な取り組みを続けている。
1985年 大阪市立大学医学部卒業、
1991年 同大学大学院医学研究科卒業
1991年 カルガリー大学ジュリア・マックファーレン糖尿病研究所研究員(カナダ)
1994年 大阪市立大学大学院発達小児医学教室助手
2007年 大阪市立大学大学院発達小児医学教室講師

「2019年 『さらにかんたん! カーボカウント』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大阪市立大学大学院医学研究科発達小児医学のおすすめランキングのアイテム一覧

大阪市立大学大学院医学研究科発達小児医学のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『かんたんカーボフラッシュカードデザート編』や『もっとかんたんカーボカウント基本からわかる!ステップアップできる超入門書―おおざっぱでOK!1カーボ=糖質10g』など大阪市立大学大学院医学研究科発達小児医学の全2作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

全2アイテム中 1 - 2件を表示
ツイートする
×