天沼春樹のおすすめランキング

プロフィール

訳*天沼 春樹 (あまぬま はるき)
1953 年、埼玉県川越市生まれ。作家・翻訳家・ドイツ文学者。『グリム童話全集』『アンデルセン童話全集』(全3巻)の翻訳をはじめ、著書として小説『くらやみざか』(いずれも西村書店)をはじめ、幻想小説でも独自の世界を描く。飛行船の研究家としての著作も多数。

「2020年 『アンデルセンの夢の旅』 で使われていた紹介文から引用しています。」

天沼春樹のおすすめランキングのアイテム一覧

天沼春樹のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『きみがしらないひみつの三人』や『ウィッチャーI エルフの血脈 (ハヤカワ文庫FT)』や『ALICETOPIA(アリストピア)』など天沼春樹の全120作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

きみがしらないひみつの三人

332
4.06
ヘルメ・ハイネ 2004年3月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

わたしの体にも3人いるのかな?と思いました。 もっと読む

ウィッチャーI エルフの血脈 (ハヤカワ文庫FT)

251
3.87

感想・レビュー

ミステリーに求めるのと同じでファンタジーもダーク要素が無いと心沸き立たない ーという前提でー 読書仲間に「SFは嫌い...得意じゃない..でもファンタジ... もっと読む

ALICETOPIA(アリストピア)

127
3.81

感想・レビュー

『七分の二十二時間』の物語。 私のよく知るアリスが夢の世界を冒険しているとしたら,こちらに登場するアリスは「夢の裏側」にいるよう。「悪夢」としないのは,... もっと読む

エルフの血脈 (魔法剣士ゲラルト)

126
3.21

感想・レビュー

南国ニルフガルド帝国の侵攻を受け、シントラ国は多大な被害を被る。シントラ国女王の孫娘シリは、魔法剣士ゲラルトと出逢い正体を隠しながら魔法剣士となるべく訓練... もっと読む

アンデルセン童話全集Ⅰ

91
4.09

感想・レビュー

童話全集であり、画集です。それほどに、装丁、挿絵が美しい。私がこの本を手に取ったのも、まずその存在感に惹かれたからです。 この本の出版社は、医療関係や美... もっと読む

マッチ売りの少女/人魚姫: アンデルセン傑作集 (新潮文庫)

91
3.50
アンデルセン 2015年7月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アンデルセン傑作集。童話ではない。知ってるのは、「親指姫」「人魚姫」「マッチ売りの少女」など数点。少女、女性の不遇な話が多く、決してハッピーエンドではない... もっと読む

グリム童話全集―子どもと家庭のむかし話

64
5.00
橋本孝 2013年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

全く知らない話もあって童話は奥が深いと感じました。 アンデルセンの話とも重複しているので、違いを見付けながら読むのも楽しいです。 もっと読む

アントン・ベリーのながいたび (ひまわりえほんシリーズ)

58
4.11
天沼春樹 2007年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アントン・ベリーは竜の子どもを飼いました。 名前はドラゴン・プー プーは小さくてもドラゴンなのでたくさん食べます。 とうとう家の食べ物がなくなってし... もっと読む

あめふらし (絵本グリムの森)

56
3.42

感想・レビュー

初めて読んだグリム童話。面白かった。 もっと読む

アンデルセン童話全集〈2〉

54
5.00

感想・レビュー

読書日:2012年10月14日-11月26日 マッチ売りの少女だけしか知っている話がなかっただけに、 どの話も新鮮で面白かったです。 特に雪の女王、... もっと読む

アンデルセン童話全集III

53
5.00

感想・レビュー

読書日:2014年2月1日-17日,4月1日-5日 「最後のからだの不自由な子」から諦めない意志の強さを学びました。 身体が不自由でも頭を使って見聞を... もっと読む

カンパネルラ―機械仕掛けの少年の魔法の角笛

46
3.68

感想・レビュー

タイトルからしてそうだけれど、宮沢賢治的な世界観。とにかく七戸優の少年のイラストがいい。 もっと読む

フェリックスとお金の秘密

45
3.57

感想・レビュー

12歳のフェリックスたちが、経済を学んでいくというお話。 児童書に分類されている本ではあるけれど、大人が読んでも勉強になる。 もっと読む

緑の石食い虫

42
3.27

感想・レビュー

この物語を書いたのは当時11歳の男の子クナーベ。学校で作文の宿題が出たクナーベは、何か題材になるようなものはないかと探しているときに思い浮かんだのがこの物... もっと読む

ウィッチャーⅠ エルフの血脈 (ハヤカワ文庫FT)

41
3.89
アンドレイ・サプコフスキ 電子書籍 2017年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ゲームとドラマを先に堪能しかて、小説へ 最初はちょっと読みづらさも感じたど、あっという間に世界観に没入 もっと読む

アンデルセンの夢の旅

39
3.17

感想・レビュー

デンマ-クの童話作家ハンス・クリスチャン・アンデルセン(1805-1875)の幼い頃から作家として成功するまでの生涯を、『雪の女王』や『親指姫』『みにくい... もっと読む

リトル・レトロ・トラム

38
3.57
天沼春樹 2007年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

春分の日、5時27分、時計の針が重なるときに時刻表にはない路面電車(トラム)がやってくる。 ヨーコさんは前に自分で同じことをノートに書いたと思いながらや... もっと読む

列車はこの闇をぬけて (児童書)

31
3.67

感想・レビュー

14歳の少年ミゲルは、6年前アメリカに出稼ぎに行ったきりの母と会うために故郷のグアテマラを出て、メキシコ経由でアメリカに向かう。途中出会った4人の同年代の... もっと読む
全120アイテム中 1 - 20件を表示

天沼春樹に関連する談話室の質問

ツイートする
×