天祢涼のおすすめランキング

プロフィール

天祢 涼(あまね りょう)
1978年生まれの小説家。中学生のとき夏休みの自由研究で小説を執筆していた。就職活動を始めるさなかに小説を書く楽しみを自覚し、小説化を目指した。
音が「見える」探偵・音宮美夜を主人公とする長編ミステリ『キョウカンカク』で第43回メフィスト賞を受賞しデビュー。犯人の「意外な動機」がミステリファンの間で瞬く間に話題となり2011年版「読者に勧める黄金の本格ミステリー」に選出される。
以降、『闇ツキチルドレン』『空想探偵と密室メイカー』など読み応えと驚きに溢れたミステリを上梓。また『葬式組曲』は「2013本格ミステリ・ベスト10」(原書房)の第7位、第13回本格ミステリ大賞の候補作に、そして、同作に収録されている「父の葬式」は第66回日本推理作家協会賞(短編部門)の候補作にも選ばれた。2013年には『綾辻行人殺人事件 主たちの館』が評判を呼ぶ。『もう教祖しかない!』が第7回日本タイトルだけ大賞の候補作に。

天祢涼のおすすめランキングのアイテム一覧

天祢涼のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『キョウカンカク (講談社ノベルス)』や『セシューズ・ハイ 議員探偵・漆原翔太郎』や『綾辻行人殺人事件 主たちの館 (講談社ノベルス)』など天祢涼の全63作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

人狼作家

67
3.26
千澤のり子 2015年10月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp
全63アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする