天童荒太のおすすめランキング

天童荒太のおすすめランキングのアイテム一覧

天童荒太のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『悼む人』や『悼む人 上 (文春文庫)』や『永遠の仔〈上〉』など天童荒太の全102作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

悼む人

3563
3.72
天童荒太 2008年11月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトルに惹かれて読んでみた。ちょっと変わった内容で癖になる味わいの作品、七年がかりの作品らしい。名前は知っていたけど私には初めての作家さん。作家の持つ死... もっと読む

悼む人 上 (文春文庫)

2688
3.59
天童荒太 2011年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人の死とはどういうものなのだろうか。 この世にいなくなった人をずっと思い続けることはできるのだろうか。 僕も大切な人を亡くしたのに。 その時は胸が張り裂け... もっと読む

永遠の仔〈上〉

2435
4.01

感想・レビュー

トラウマが人生を支配してしまう哀しい話 もっと読む

悼む人 下 (文春文庫)

2358
3.72
天童荒太 2011年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いつどこでどんな状況で死を迎えるのだろうか。 死んだあとには悲しんでくれる人が近くにいてくれるのだろうか。 どれだけの準備をして死を迎えることができる... もっと読む

永遠の仔〈1〉再会 (幻冬舎文庫)

2035
3.80
天童荒太 2004年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

西日本の最高峰、霊山・石鎚山。その頂上に登れば「神に清められ自分たちは救われる」と信じた少女・久坂優希と二人の少年は、その下山途中、同行していた優希の父親... もっと読む

永遠の仔〈下〉

1995
4.02

感想・レビュー

生きていてもいいんだよ。 もっと読む

幻世(まぼろよ)の祈り―家族狩り〈第1部〉 (新潮文庫)

1758
3.61
天童荒太 2004年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

家族とはどういうものか。 親による児童虐待の増加、異常な犯罪。 刑事の馬見原は仕事を第一にするあまり家庭をないがしろにした結果大事なものを失った懺悔の... もっと読む

包帯クラブ The Bandage Club (ちくまプリマー新書)

1684
3.34
天童荒太 2006年2月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

泣いてもいいんだよ、傷を認めていいんだよ。 優しい作品です。 私も、包帯を巻いて欲しい過去ってあります。 そしたら自分自身、グルグル巻きになるの... もっと読む

孤独の歌声 (新潮文庫)

1495
3.49
天童荒太 1997年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

コンビニ店員の潤平、刑事の風希、犯人の松田、それぞれの抱える孤独が引き合わせてしまった様な惨殺な事件。 今の世の中、確かに隣人が誰かわからないのも珍しくも... もっと読む

永遠の仔〈2〉秘密 (幻冬舎文庫)

1494
3.84
天童荒太 2004年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一巻目を読んでから、大分時間が空いてしまった…。それもこれも、間違って、一巻、三巻、三巻、四巻、五巻なんて買い方をしてしまったせいだ。二巻を買いに行くまで... もっと読む

遭難者の夢―家族狩り〈第2部〉 (新潮文庫)

1423
3.60
天童荒太 2004年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

巣藤が「家族をつくること」をおそれる理由が見えてきたところ。隣家の惨状を見てしまい茫然自失の巣藤は少年たちによる大人狩りに遭い、まさに泣きっ面に蜂。恋人と... もっと読む

永遠の仔〈3〉告白 (幻冬舎文庫)

1422
3.88
天童荒太 2004年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どこまで暗く落ちていくのかと思う。でも、投げやりと息悶えの真ん中くらいな諦念がすごく人間くさくて、スケールは違うのだけども、こういうことってあるよなあとち... もっと読む

永遠の仔〈5〉言葉 (幻冬舎文庫)

1411
3.94
天童荒太 2004年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

母に続き弟まで喪ってしまった優希、母と優希への愛情にもがき苦しみ続けた笙一郎、そして恋人を殺害されてしまった梁平。三つの無垢なる魂に最後の審判の時が訪れる... もっと読む

永遠の仔〈4〉抱擁 (幻冬舎文庫)

1404
3.90
天童荒太 2004年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

古本屋さんで1、2、3,5を手に入れたまま読み進めたこの本。 あっという間に1、2、3と終わり、4冊目がどうしても欲しく、平日にも関わらず本屋さんへ駆け... もっと読む

贈られた手―家族狩り〈第3部〉 (新潮文庫)

1370
3.63
天童荒太 2004年3月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

やっと折り返し… 一家心中も、何だか他殺の線もありそうで、動物殺しと無関係なのか、どれがどの事件と関わりがあるのかまだまだわからない…。 淑子達、... もっと読む

まだ遠い光―家族狩り〈第5部〉 (新潮文庫)

1353
3.75
天童荒太 2004年5月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ようやく最終巻読了。 駒田は本当どうしようもないな。巣藤と游子は出会った当初のことを思えば意外なほど強く結ばれる。 油井は変わらず冬原親子に執着し続け、箍... もっと読む

巡礼者たち―家族狩り〈第4部〉 (新潮文庫)

1347
3.67
天童荒太 2004年4月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

とうとうシリーズ4作目。 ここに来て淑子じゃなく游子だと知り愕然とする。 動物殺しと一家心中事件の全貌が段々明らかになってきたが、各々の問題は更に... もっと読む

あふれた愛 (集英社文庫)

1007
3.44
天童荒太 2005年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読了!★★★★★ 天童荒太の短編集。 どうしよう…こんなに面白いと思えた短編集は初めてだ・・・ 「家族狩り」のレビューで、“受け入れてもらった” ”許... もっと読む

歓喜の仔 上巻

826
3.48
天童荒太 2012年11月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

感想は下に もっと読む

歓喜の仔 下巻

687
3.50
天童荒太 2012年11月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上巻読了した時点で、下巻は一体どうなるんだろう・・・ このあと果たして少しでも救われるんだろうか・・・と、ずっしり重い気分をひきずりつつ、怖いもの見たさ... もっと読む
全102アイテム中 1 - 20件を表示

天童荒太に関連する談話室の質問

ツイートする
×