天野祐吉のおすすめランキング

プロフィール

コラムニスト、編集者。
1933年、東京都足立区生まれ。創元社、修道社などいくつかの出版社に勤務したのち、博報堂で雑誌「広告」の編集に携わる。1970年、友人らとともに広告・出版プロダクション「マドラ」を設立し、1979年に広告ジャーナリズム誌「広告批評」創刊。100号まで編集長を務める。1984年には朝日新聞でコラム「私のCMウオッチング」の連載を開始(90年から「天野祐吉のCM天気図」に改題)。2009年の「広告批評」休刊後は天野祐吉作業室を設立し、講演、執筆・出版活動を続けた。2013年、逝去。
2002年〜松山市立子規記念博物館館長(2007年〜名誉館長)。2005年、NHK放送文化賞。
主な著書に『広告論講義』(岩波書店)、『私説 広告五千年史』(新潮選書)、『よく遊びよく遊べ 隠居大学』(朝日新聞出版)、『成長から成熟へ ――さよなら経済大国』(集英社新書)、絵本『絵くんとことばくん』(福音館書店)、絵本『拝啓・手紙です』(福音館書店)ほか多数。

「2022年 『天野祐吉ことば集 広告の見方 ものの見方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

天野祐吉のおすすめランキングのアイテム一覧

天野祐吉のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『冬の本』や『このよで いちばん はやいのは (かがくのとも絵本)』や『成長から成熟へ ――さよなら経済大国 (集英社新書)』など天野祐吉の全131作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

冬の本

592
3.83
天野祐吉 2012年12月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

冬が嫌いだ。 より正確に言うと、冬に春や夏や秋と同じように生活することが我慢ならない。 冬眠させてほしい。 寝たい時に寝て、好きな本を読みふけり、よ... もっと読む

このよで いちばん はやいのは (かがくのとも絵本)

425
4.13

感想・レビュー

「はやい」って、たしかに何かとくらべて言えることだなって、はじめて思った。 この世で一番はやいのは、リニアモーターカーだと思ったから、ジェットりょかくき... もっと読む

成長から成熟へ ――さよなら経済大国 (集英社新書)

383
3.80
天野祐吉 2013年11月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

天野祐吉さんが亡くなられたことを、迂闊にも知らないでいた。 今朝の朝刊で読んだこの本の書評で知り、慌てて書店に走った。 本人の意向で葬儀は行わなかった... もっと読む

絵くんとことばくん (たくさんのふしぎ傑作集)

275
4.22
天野祐吉 2006年1月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

子どもが借りた絵本なんだけど、結構惹かれるところがあって、ここにも登録。家に買って帰って繰り返し読んだり、よほど気に入ったものでないと、多くなり過ぎるから... もっと読む

広告 (あたらしい教科書 6)

173
3.42
天野祐吉 2006年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

広告の起源はイエスキリスト? 広告に関するいろはがてんこもり。 このシリーズ、揃えたくなるけどコレ以外見たこと無いな・・ もっと読む

広告も変わったねぇ。「ぼくと広告批評」と「広告の転形期」についてお話しします。

172
3.63
天野祐吉 2008年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

螟ゥ驥守・仙翠縺ィ縲∵揄螻ア諱貞、ェ驛弱?∽クュ蟲カ菫。荵溘?∽ス占陸蟆壻ケ九?∽シ願陸逶エ讓ケ縲∬ーキ螻ア髮?ィ医?蟇セ隲?寔縲 豌励↓縺ェ縺」縺溘?縺... もっと読む

のぞく (日本傑作絵本シリーズ)

162
3.51
天野祐吉 2006年5月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

穴のあいたしかけえほんだがそこまで興味をもたず。少し時代を感じる絵本。 もっと読む

ぼくのおじいちゃんのかお (幼児絵本シリーズ)

153
3.88
天野祐吉 1992年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どれもほんとうにいい表情。 見れば見るほど ひとつひとつの表情の変化にどきっとする。 私はどちらかというと「人の顔」が苦手なのだけど、 この絵本は... もっと読む

ひゃくにんのおとうさん (こどものとも世界昔ばなしの旅2)

148
3.90
天野祐吉 2005年9月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

とても面白い。笑うしかない。人物のイラストは基本的でクセがない感じだが、中国の街並みや服装や小物で充分異国のイメージが伝わってくる。その後が気になる。続編... もっと読む

天野祐吉のCM天気図 傑作選―経済大国から「別品」の国へ

117
4.32
天野祐吉 2013年12月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

山崎努とトヨエツの温泉卓球CMとか、長塚京三の「恋は、遠い日の花火ではない」のCMなど。 懐かしーい!と思うものが色々と取り上げられていました。名作は時間... もっと読む

クリエイターズ・トーク 13人のクリエイティブ講義

113
4.16
天野祐吉 2012年8月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白かった。対談というのがいい。 会話は普通、一段一段、積み重ねていく。 1、2、3、4、5、6、7、8、9、10と。 しかし優れたクリエイター... もっと読む

広告論講義

105
3.83
天野祐吉 2002年8月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者がところどころ引用する新聞広告や学者の文言などは、博識であればこその言葉の拾いあげ(キュレーション)であって、そしてそれらが物事の的を射ているという的... もっと読む

可士和式

90
3.65

感想・レビュー

広告批評の天野祐吉さんと、アートディレクターの佐藤可士和さんの対談本。 以下メモ。 ●企業がいいたいことは、100%理解するまでヒアリングして。でもね、... もっと読む

ぬくぬく (こどものともコレクション2009)

68
3.90
天野祐吉 2009年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一風変わった絵巻物風の絵でユーモラスだ。 女の子と出会って、ぬくぬく、ぬくぬくと言い合う場面がとてもかわいい。 もっと読む

広告みたいな話 (新潮文庫)

68
3.50

感想・レビュー

天野祐吉さんの突然の悲報には驚いたのであります。最近までテレビでも拝見し、わが家で購読する新聞紙上でも、CMについての連載を続けてゐたといふのに。 実は... もっと読む

大人の学校 卒業編 (静山社文庫)

58
3.00
橋本治 2010年11月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

積んどいた本。なかなか読み出せなかったのは橋本治の文章に突入しづらかったから。「小林秀雄の、、」を読んで急に親和性アップ。一期に読めました。90年代にでき... もっと読む

嘘八百―広告ノ神髄トハ何ゾヤ? (文春文庫―ビジュアル版)

56
3.53

感想・レビュー

これは面白い(笑) ハッとさせられる突っ込みも多数。 もっと読む

くじらのだいすけ (こどものともコレクション (’64~’72))

46
4.06
天野祐吉 1998年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こちらは、5,6歳くらいから。約8分。 【うりこひめとあまのじゃく】という紙芝居の絵と同じ、梶山俊夫さんの絵。 梶山さんにとって、絵本の挿絵を描いたの... もっと読む

天野祐吉対話集─さよなら広告 さよならニッポン

43
3.75
天野祐吉 2014年9月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

P279 物語がないと欲望が起こらない P289 どのような幻想を持っているかによって、 どんな欲望を持つかが決定される P291 二... もっと読む
全131アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×