天野祐吉のおすすめランキング

プロフィール

天野祐吉(あまの・ゆうきち)
コラムニスト。1933年東京生まれ。1979年に「広告批評」を創刊。2009年同誌終刊後、「天野祐吉作業室」を設立。主な著書に『広告論講義』(岩波書店)、『広告五千年史』(新潮選書)、共著に『広告も変わったねぇ。』(インプレスジャパン)、『可士和式』(天野祐吉作業室)など。

「2012年 『クリエイターズ・トーク』 で使われていた紹介文から引用しています。」

天野祐吉のおすすめランキングのアイテム一覧

天野祐吉のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『冬の本』や『成長から成熟へ さよなら経済大国 (集英社新書)』や『広告も変わったねぇ。「ぼくと広告批評」と「広告の転形期」についてお話しします。』など天野祐吉の全117作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

冬の本

436
3.87
天野祐吉 2012年12月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

冬が嫌いだ。 より正確に言うと、冬に春や夏や秋と同じように生活することが我慢ならない。 冬眠させてほしい。 寝たい時に寝て、好きな本を読みふけり、よ... もっと読む

成長から成熟へ さよなら経済大国 (集英社新書)

312
3.81
天野祐吉 2013年11月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

天野祐吉さんが亡くなられたことを、迂闊にも知らないでいた。 今朝の朝刊で読んだこの本の書評で知り、慌てて書店に走った。 本人の意向で葬儀は行わなかった... もっと読む

広告も変わったねぇ。「ぼくと広告批評」と「広告の転形期」についてお話しします。

160
3.58
天野祐吉 2008年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【速読】ウェブ広告はどうなるか、というのが対談者ごとに評価が異なる。天野さんは一貫して「これまでのような押し付けではない方向へ」と話していますが、果たして... もっと読む

広告 (あたらしい教科書 6)

155
3.44
天野祐吉 2006年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

広告の起源はイエスキリスト? 広告に関するいろはがてんこもり。 このシリーズ、揃えたくなるけどコレ以外見たこと無いな・・ もっと読む

絵くんとことばくん (たくさんのふしぎ傑作集)

127
4.19
天野祐吉 2006年1月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2018年3月16日 <"WORDY and IMAGER" in Yuta : Yuta's Demonstrations for the Rise... もっと読む

クリエイターズ・トーク 13人のクリエイティブ講義

109
4.19
天野祐吉 2012年8月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白かった。対談というのがいい。 会話は普通、一段一段、積み重ねていく。 1、2、3、4、5、6、7、8、9、10と。 しかし優れたクリエイター... もっと読む

ぼくのおじいちゃんのかお (幼児絵本シリーズ)

106
3.86
天野祐吉 1992年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おじいちゃんの遠くを見ている顔が印象的。 この絵本発刊まもなく、おじいちゃん(俳優の加藤嘉さん)は亡くなっているため、別の思いでこの絵本を読んでしまう。 もっと読む

のぞく (日本傑作絵本シリーズ)

97
3.58
天野祐吉 2006年5月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

写真と絵としかけと文で作られている構成は面白いと思ったけれど、しかけがだんだん意味をなさなくなっていくところからちょっと興ざめ。内容も説教臭くなっていく。 もっと読む

天野祐吉のCM天気図 傑作選―経済大国から「別品」の国へ

92
4.35
天野祐吉 2013年12月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

朝日新聞のコラムをいつも楽しく読んでいました。それが傑作選として一冊の本になったら、いつ読むの?今でしょ。 本当に最近は白戸家とジョーンズがすきだったね。... もっと読む

広告論講義

90
3.76
天野祐吉 2002年8月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者がところどころ引用する新聞広告や学者の文言などは、博識であればこその言葉の拾いあげ(キュレーション)であって、そしてそれらが物事の的を射ているという的... もっと読む

可士和式

87
3.65
天野祐吉 2010年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

広告批評の天野祐吉さんと、アートディレクターの佐藤可士和さんの対談本。 以下メモ。 ●企業がいいたいことは、100%理解するまでヒアリングして。でもね、... もっと読む

嘘八百 明治大正昭和変態広告大全 (ちくま文庫)

67
3.81
天野祐吉 2010年3月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

亡くなってからバタバタ著作を読んだ。もちろんコラムもよいが、こういう軽みのあるふざけた作品がいちばん楽しかった気がするなあ。 もっと読む

広告みたいな話 (新潮文庫)

63
3.50
天野祐吉 1990年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2007年以降全く借りられていないにも関わらずタイトルの「みたいな」に惹きつけられて手に取った、この本に出逢うまで、恥ずかしながら、「天野祐吉」という偉大... もっと読む

ぬくぬく (こどものともコレクション2009)

47
3.95
天野祐吉 2009年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

寒かったのね、心が。 心の寒さはどんなにわらを巻いても治まらない。 それを温められるのは、温かい心だけ。 読み聞かせする本としては…。 ... もっと読む

大人の学校 卒業編 (静山社文庫)

45
3.00
橋本治 2010年11月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

積んどいた本。なかなか読み出せなかったのは橋本治の文章に突入しづらかったから。「小林秀雄の、、」を読んで急に親和性アップ。一期に読めました。90年代にでき... もっと読む

嘘八百―広告ノ神髄トハ何ゾヤ? (文春文庫―ビジュアル版)

43
3.56
天野祐吉 1990年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これは面白い(笑) ハッとさせられる突っ込みも多数。 もっと読む

くじらのだいすけ (こどものともコレクション (’64~’72))

35
4.00
天野祐吉 1998年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こちらは、5,6歳くらいから。約8分。 【うりこひめとあまのじゃく】という紙芝居の絵と同じ、梶山俊夫さんの絵。 梶山さんにとって、絵本の挿絵を描いたの... もっと読む

広告の本 (ちくま文庫)

30
3.50
天野祐吉 1986年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『広告とは何か?』を問いかける書。 このように多面的に 広告を論じるのは、 ただ者ではないと 思う。 広告という時代の流れで 流されて行くにもか... もっと読む
全117アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする