天野純希のおすすめランキング

プロフィール

1979年愛知県生まれ。2007年『桃山ビート・トライブ』で第20回小説すばる新人賞を受賞し、デビュー。2013年『破天の剣』で第19回中山義秀文学賞を受賞。他の著書に『戊辰繚乱』『信長 暁の魔王』『覇道の槍』『北天に楽土あり 最上義光伝』『衝天の剣 島津義弘伝(上)』『回天の剣 島津義弘伝(下)』『蝮の孫』『燕雀の夢』『信長嫌い』『有楽斎の戦』など。

「2017年 『決戦!賤ヶ岳』 で使われていた紹介文から引用しています。」

天野純希のおすすめランキングのアイテム一覧

天野純希のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『決戦!関ヶ原』や『決戦!大坂城』や『決戦!本能寺』など天野純希の全94作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

決戦!関ヶ原

422
3.58
葉室麟 2014年11月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

関ヶ原の戦いについては、司馬遼太郎著『関ヶ原』で語りつくされたかと思うが、作家七人による競作ということで、手に取ってみた。 それぞれが各一人の人物の視点... もっと読む

決戦!大坂城

293
3.40
葉室麟 2015年5月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

決戦シリーズ第2弾。今回の舞台は「大坂夏の陣」。 豊臣秀頼を書いた黄金児。 秀頼の魅力と可能性。そのため対する家康の後の無さが際立って感じました。大坂の... もっと読む

決戦!本能寺

201
3.33
葉室麟 2015年11月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本能寺の変にまつわるアンソロジー。色んな作家さんの描く、色んな人物からの視点で描かれる、本能寺。同じ武士でも視点を変えれば違った側面が見えるし、伝えられて... もっと読む

桃山ビート・トライブ

182
3.53
天野純希 2008年1月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

もーほんとうにすごくよかった!! 時代小説苦手な人でも大丈夫です。 日本史分からなくても平気です。 ファンタジー的な部分もありましたが、それ... もっと読む

青嵐の譜

121
3.58
天野純希 2009年8月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

教科書にはあっさり元が2回攻めて来て、戦の方法が違っていて驚いたけど台風がやっつけてくれました。なんてニュアンスで説明されている出来事が舞台。 こういう... もっと読む

桃山ビート・トライブ (集英社文庫)

111
3.69
天野純希 2010年9月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何気なく手に取った本なのですが、意外と面白かった! 秀吉が天下をとったのちの音楽にまつわる話。 多少パロディ化されているものの、ある程度史実にも基... もっと読む

決戦!新選組

93
3.33
葉室麟 2017年5月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人気作家の新選組アンソロジー。時系列に並んでいて読み進めやすい。それぞれの主人公の視点から見た新選組結成時から五稜郭まで。沖田と芹沢の話、会津での斎藤の話... もっと読む

破天の剣 (時代小説文庫)

91
4.26
天野純希 2015年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人は、認められたい生き物。 島津四兄弟の末っ子、家久の小説。自分だけが妾腹(しかも、父の胤ですらないかもしれない)と悩む。兄弟として、一族として認め... もっと読む

決戦!三國志

87
3.06
田中芳樹 2015年12月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦国時代アンソロジーと思っていた「決戦!」シリーズですが、三国志でもやってくれました。ただ、三国志全体でくくられちゃっているのが残念かな、と。 戦国時代に... もっと読む

ぼくの歌が君に届きますように―青春音楽小説アンソロジー

85
3.21
天野純希 2009年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

青春音楽小説アンソロジー。 放送部あり、学生バンドあり、吹奏楽部あり、大先輩達との出会いあり、お母さんとの思い出あり、と盛り沢山。 特に高校生のお話は... もっと読む

決戦!関ヶ原2

85
3.42
葉室麟 2017年7月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「秀秋の戯」「名だけを残して」「蜻蛉切」が特によかった。 前者ふたつは、裏切る者の話。小早川秀秋主体的で新鮮。小川祐忠の葛藤も面白かった。 3つ目は、... もっと読む

南海の翼 長宗我部元親正伝

84
3.72
天野純希 2010年11月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

改めて、人の死によって歴史は成り立っていることを実感した。 身内同士で憎しみあい、殺しあっていくことで日本の歴史は成り立っている。 今まで読んできた天... もっと読む

風吹く谷の守人

80
3.26
天野純希 2012年1月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「生きてりゃいいさ」 ここ数年、そう思う場面に多く出くわしたせいか、その思いを再確認させてくれた。 ステキな登場人物たちがあっさりと次々死んでいく... もっと読む

小説 - BOC - 3

78
3.43
伊坂幸太郎 2016年10月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

特集『「螺旋」の歩き方』で、これまでの物語の整理ができた。できれば2巻に1回はこのような特集というかコラムを掲載して欲しい。やはり季刊なので、物語のディテ... もっと読む

戊辰繚乱

76
3.50
天野純希 2013年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

多少漫画チックなところも多いけれど、多少途中のキャラ変が過ぎるところもあるけれど、多少登場人物が多すぎるかなと思うけれど、いろんなところで関係者と出会いす... もっと読む

決戦!関ヶ原 (講談社文庫)

71
3.64
葉室麟 2017年7月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

歴史小説は好きでこれは面白いと思って読んだが期待通りであった。7人の上手い書き手による人物ごとの短編である。それぞれが書き込まれているので、短編集にありが... もっと読む

覇道の槍

69
3.79
天野純希 2014年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

三好長慶の父である三好元長について書いた本です。 三好元長については、三好長慶や松永久秀の本を読んでも、堺で自刃するところから登場する感じで、なじみ... もっと読む

破天の剣

60
3.66
天野純希 2012年12月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

気になる作家さんを発見!天野純希さん。2008年デビューの35歳!この人はいずれ時代小説のジャンルの一翼を担う方になるんじゃないかと思う。 手にとっ... もっと読む

信長嫌い

59
3.47
天野純希 2017年5月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

信長嫌いのタイトルから興味を持って読むも内容は信長の破竹の勢いでの戦いに敗れて行った武将達(今川義元、真柄直隆、六角承禎、三好義継、佐久間信栄、百地丹波、... もっと読む

決戦!賤ヶ岳

58
3.39
天野純希 2017年11月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 決戦!賤ヶ岳 天下分け目の合戦は七本槍の武将のその後の人生の分岐点。武功で知られる加藤清正、福島正則より、加藤嘉明、片桐且元、脇坂安治、平野長泰、糟屋武... もっと読む
全94アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする