太宰治の新刊情報

プロフィール

1909年(明治42年)、青森県金木村(現五所川原市)生まれ。本名、津島修治。東大仏文科在学中に非合法運動に従事し、やがて本格的な執筆活動へ。35年、「逆行」で第1回芥川賞の次席となり、翌年には処女作品集『晩年』を刊行。以後「走れメロス」「斜陽」など多数。

「2018年 『津軽』 で使われていた紹介文から引用しています。」

太宰治の新刊情報のアイテム一覧

太宰治の新刊一覧です。発売日順に並んでいます。
2019年3月23日発売『角川文庫 文豪ストレイドッグスコラボカバー 14冊セット』や2019年3月15日発売『自叙伝全集 太宰治 (注釈付き)』や2019年2月13日発売『新釈諸国噺: 国会図書館復刻版』など太宰治の全2271作品から、発売日が近い順番で作品がチェックできます。

栞子さんの本棚2 ビブリア古書堂セレクトブック (角川文庫)

70
3.30
江戸川乱歩 2018年10月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

江戸川乱歩、他『栞子さんの本棚2 ビブリア古書堂セレクトブック』角川文庫。 三上延の『ビブリア古書堂の事件手帖』に登場した古今東西の名作集、第2弾。残念... もっと読む

昭和期デカダン短篇集 (講談社文芸文庫)

20
5.00
太宰治 2018年10月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『デカダン』をテーマにしたアンソロジー。 面白いことに、『デカダン』という言葉のイメージと、直接的に結びつく収録作は少ない。しかしこれらの作品の共通点を... もっと読む

人間失格(3) (ビッグコミックス)

2
4.00
伊藤潤二 電子書籍 2018年7月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

もうなにも『人間失格』でない潤二世界だけどさすがだ。最初っからこうするつもりだったのね。 もっと読む

人間失格 (マンガでBUNGAKU)

8
太宰治 マンガ 2018年7月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

マンガでBUNGAKU シリーズ こちらのレビューは 地獄変・羅生門・藪の中 にございます。 2018/12/13 更新 もっと読む

津軽 (角川文庫)

45
4.17
太宰治 2018年6月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

限定カバーが素敵だったので数年ぶりに再読しました。 宿命の地である津軽の紀行文でありながら随所に太宰節も織り交ぜつつ、幼少を過ごした地でかつての友や女中な... もっと読む
全2271アイテム中 1 - 20件を表示

太宰治に関連する談話室の質問

太宰治に関連するまとめ

ツイートする