太田蘭三のおすすめランキング

プロフィール

1929年、三重県鈴鹿市生まれ。中央大学法学部卒。同人誌を経て56年、時代小説でデビュー。78年『殺意の三面峡谷』でミステリーの新境地を拓き、『顔のない刑事』が350万部を超える人気シリーズとなる。著書に『誘拐山脈』『白の処刑』『死に花』など多数。

「2016年 『歌舞伎町謀殺 顔のない刑事・刺青捜査』 で使われていた紹介文から引用しています。」

太田蘭三のおすすめランキングのアイテム一覧

太田蘭三のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『死に花 (角川文庫)』や『顔のない刑事 (角川文庫)』や『脱獄山脈 (光文社文庫)』など太田蘭三の全316作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

死に花 (角川文庫)

99
3.22

感想・レビュー

年老いていくことの哀しさと怖さが、ユーモアを交えながら軽快に語られている。 自らの葬式を演出していた源田が届いた棺桶に入ってみる場面は、何か妙な感じがした... もっと読む

顔のない刑事 (角川文庫)

47
2.80
太田蘭三 2009年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1979年という書かれた時代を感じさせる古典的なハードボイルド警察小説です。 最近の警察ものと比較すると設定の無理矢理さが目につくものの、パイオニアと考え... もっと読む

脱獄山脈 (光文社文庫)

34
3.22
太田蘭三 2012年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトルのまま、脱獄して山に逃げ込む話。 話のスケールはでかいんだけど、気がついたらみんないい人になっちゃって、こんなにうまく行くのかな、と。 でもい... もっと読む

白の処刑 (講談社文庫)

33
3.64
太田蘭三 2004年1月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小説のテーマは、死刑執行された被告人が生き返ったら? という話です。実際にあったそうです。まあ、詳しくは本で。でも、それ以上、太田蘭三の暖かさとか愛に満ち... もっと読む

尾瀬の墓標 顔のない刑事・単独行 (角川文庫)

29
2.75
太田蘭三 2009年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こんな捜査方法があっていいのか!? こんな刑事がいていいのか!? と思ってしまうが、自分はこの手の話は好きですね。 もっと読む

死に花

26
3.21

感想・レビュー

老人ホームの仲間達が道路工事に見せかけ銀行金庫から大金を盗み出す。それだけでも奇妙なのに、仲間の土地から埋蔵金の発掘するつもりが温泉♨️を掘り当て、そこに... もっと読む

脱獄山脈―長編山岳推理 (祥伝社文庫 お 1-29)

25
3.33
太田蘭三 2003年7月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

内容紹介 親不知海岸で若い女性の死体が発見された。被害者は一刀夕子。たった一人の兄、一刀猛は元警官で、殺人罪で服役中。事件を知った一刀は、妹の復讐... もっと読む

斧折れ―警視庁北多摩署特捜本部 (光文社文庫)

23
3.14
太田蘭三 2009年7月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

国立から立川にかけてを舞台にした推理小説がある、と聞いて読んでみた一冊。知っている地名、なんなら隣の丁目とかが出てきて親近感を持ちながら読み進められた物語... もっと読む

断罪山脈 顔のない刑事・潜入行 (角川文庫)

21
3.00
太田蘭三 2010年9月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

????????浅い。まぁ娯楽作品にああだこうだもないか?いきなり沖縄からのスタート(私が沖縄人)は予期せぬ事でびっくりしたのだけが唯一の感動。 もっと読む

闇の検事 (講談社文庫)

20
3.50
太田蘭三 2005年1月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦時下の東京、恋人を殺された主人公は、恋人殺しの犯人として警察に捕まった。無期懲役で刑務所に服役中、大空襲に襲われた。人々が混乱の中で脱獄をし、名前を変え... もっと読む

顔のない刑事 (ノン・ポシェット)

19
2.50
太田蘭三 1985年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

顔のない刑事シリーズ第1弾 もっと読む

高嶺の花殺人事件 (講談社文庫)

18
3.20
太田蘭三 2007年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あっと驚く展開はなかったけど、テンポも良くて読みやすかった。 もっと読む

箱根路、殺し連れ 警視庁北多摩署特捜本部 (講談社文庫)

17
2.67
太田蘭三 2009年8月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2時間サスペンスドラマて感じですね。 推理してる感もあんまりないし。 何でそうする必要があるの?て行動もかなりあった。犯人にしろ、警察にしろ。 駐車場オー... もっと読む

夕焼け小焼けで殺されて (光文社文庫)

16
2.60
太田蘭三 2007年12月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

刑事の蟹沢・相馬のコンビが面白く、そこにノビ専門の泥棒・八島大二郎が加わり、実際にはあり得ない連携捜査が。三つの殺人事件の犯人探しが主体ではあるが三人それ... もっと読む

緊急配備―顔のない刑事・隠密捜査 (祥伝社文庫)

15
2.88
太田蘭三 2004年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

顔のない刑事シリーズ第17作目。 もっと読む
全316アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×