奈良原一高のおすすめランキング

プロフィール

1931年福岡生まれ。1959年早稲田大学大学院(芸術学専攻)修士課程修了。在学中の1956年に、初めての個展「人間の土地」が大きな反響を呼び、写真家としての活動を始める。1959年、東松照明、細江英公、川田喜久治らとセルフ・エイジェンシィ「VIVO」を結成(1961解散)。その後、パリ(1962-1964)、ニューヨーク(1970-1974)と拠点を移しながら活動。1974年帰国後も世界各地を取材し、多数の展覧会を開催。写真集も数多く出版し、国際的にも高い評価を受ける。
主な個展に、「Ikko Narahara」ヨーロッパ写真美術館、パリ(2002-2003)、「時空の鏡:シンクロニシティー」東京都写真美術館(2004)、「手のなかの空 奈良原一高 1954-2004」島根県立美術館(2010)、「王国」東京国立近代美術館(2014-2015)など多数。

「2019年 『王国 Domains』 で使われていた紹介文から引用しています。」

奈良原一高のおすすめランキングのアイテム一覧

奈良原一高のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『無国籍地 Stateless Land-1954』や『奈良原一高写真集 時空の鏡』や『太陽の肖像:文集』など奈良原一高の全39作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

消滅した時間

19
4.14

感想・レビュー

古典だけど良いものは良いまま。ロードムービーならぬ、ロードフォトなんだろうなという解釈。 もっと読む

王国 Domains

16
4.33
奈良原一高 2019年6月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

好きだなあ。 もっと読む

Tokyo,the’50s

14
3.86
奈良原一高 1996年1月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

写真って本当にその時代に生きてる人じゃないと撮れないんだな、と再確認。 高田馬場とか新宿とか、奈良原氏が行った場所に私が行くことは出来るけど、同じ写真は... もっと読む

奈良原一高のスペイン―約束の旅

13
3.00
奈良原一高 2019年11月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

《「夜空が白み始める頃、踊り明かした彼等は名残惜しそうに立ち去ってゆく。街角のひとつひとつに立ち止まっては、ひと踊り、そしてまたひと踊りと、今は果てた祭り... もっと読む

デュシャン大ガラスと滝口修造シガー・ボックス

10
4.33
奈良原一高 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「大ガラス」越しに室外の噴水が見えるカットが、とても印象的でした。 フィラデルフィア美術館の一室、「大ガラス」が展示されている部屋の空気を、繊細にダイレ... もっと読む

ポケット東京

9
3.00
奈良原一高 1997年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp
全39アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×