奥山景布子のおすすめランキング

プロフィール

一九六六年愛知県生まれ。名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。高校教諭、大学専任講師などを経て創作を始める。二〇〇七年に「平家蟹異聞」で第八七回オール讀物新人賞を受賞。〇九年、受賞作を含む『源平六花撰』で単行本デビュー。著書に『びいどろの火』『キサキの大仏』『恋衣 とはずがたり』『たらふくつるてん』『葵の残葉』などがある。

「2018年 『秀吉の能楽師』 で使われていた紹介文から引用しています。」

奥山景布子のおすすめランキングのアイテム一覧

奥山景布子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『時平の桜、菅公の梅』や『葵の残葉』や『源平六花撰』など奥山景布子の全36作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

時平の桜、菅公の梅

71
3.79
奥山景布子 2011年2月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

道真や時平を扱う本は初めて読みましたが、 歴史に超がつくぐらい疎いわたしでも 「多分、この時平という人物は、今までの書物では散々な書かれ方をされている... もっと読む

葵の残葉

56
3.42
奥山景布子 2017年12月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本屋が選ぶ時代小説 大賞を受賞! 幕末。徳川分家筋・高須に生まれた四兄弟は、倒幕・佐幕に分かれ対立する…。 もっと読む

源平六花撰

50
3.71
奥山景布子 2009年1月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 平家物語を題材に、平氏一門の勃興あるいは凋落に派生する人間模様を掬い取った、珠玉の歴史短編集。  源平好きには馴染みのエピソードやモチーフを扱いつつも... もっと読む

寄席品川清州亭 (集英社文庫)

44
3.54
奥山景布子 2017年12月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

時は黒船来航の頃、品川宿で落語好きが高じ寄席の開業を思い立った大工の棟梁・秀八。いざ席亭になると、あれやこれやとトラブル続出。笑いあり涙ありの人情時代小説... もっと読む

時平の桜、菅公の梅 (中公文庫)

41
3.54
奥山景布子 2014年3月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大阪四月の文楽「菅原伝授手習鑑」の簡単な予習をしていたのですがどうも話がつかめなくて困っていたところに、この本を推すコメントがSNSで飛び込んできて、思わ... もっと読む

キサキの大仏

39
2.88
奥山景布子 2012年11月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

聖武天皇の妻として、大仏開眼への夫の思いを手助けする安宿姫(光明皇后)、女であることを捨て将来の天皇として自分を律しようとするその娘安倍皇女(孝謙天皇)。... もっと読む

太閤の能楽師

39
3.55
奥山景布子 2014年6月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

独特な世界観で一気に読了。 秀吉の能狂いは有名だけど、 そこに裏を読み取った筋立てが 見事。 愛する能をこれ以上、 侵食されないために 新作能を勧めた、... もっと読む

恋衣―とはずがたり

38
3.39
奥山景布子 2009年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『とはずがたり』を読んだのはもう10年ほど前になるので、懐かしかった。内容はなかなか過激なうえ、二条の生き方に対しても好き嫌いが分かれるだろうから、誰にで... もっと読む

たらふくつるてん

38
3.12
奥山景布子 2015年9月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「江戸落語の始祖」といわれた鹿野武左衛門の謎と波瀾に満ちた半生を描く長篇小説。 もっとテンポ良く、ストーリー自体にもクスグリがあるかと思ったが、... もっと読む

稽古長屋 音わざ吹き寄せ

29
3.56
奥山景布子 2014年11月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

稽古屋の看板を掲げる、音四郎とお久の兄妹を廻る連作短編。 登場人物が、それぞれほろ苦い事情を抱えつつ生きていくさまが、情緒あふれる文体で描かれています。... もっと読む

源平六花撰 (文春文庫)

25
3.60
奥山景布子 2013年11月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

平家から源氏への時代、両家に縁ある6人の女性を主人公にした短編集。殆どの話が戦いに翻弄される女性視点なので、やはり物悲しい中、最初の「常緑樹」だけは穏やか... もっと読む

びいどろの火

22
3.75
奥山景布子 2011年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 時は江戸、享保から宝暦、舞台は尾張の城下町。  妾腹の武家の娘、呉服屋の跡取り息子、若い舞台役者。  様々な世界で生き、足掻く者たち。  時代小説... もっと読む

恋衣 とはずがたり (中公文庫)

20
4.71
奥山景布子 2017年3月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

古文の授業で名前だけ出てくる「とはずがたり」。 それもそのはず、時の帝や高僧阿闍梨たちとのスキャンダルを赤裸々に描いていれば、試験には使えないのも通り。... もっと読む

真田幸村と十勇士 (集英社みらい文庫)

19
3.50
奥山景布子 2015年11月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

真田幸村の主家の武田信玄が亡くなったあと、真田幸村と十人の仲間で冒険に出て、戦っていく話です。とても面白いので、ぜひ読んでください。 もっと読む

伝記シリーズ 戦国ヒーローズ!! 天下をめざした8人の武将-信玄・謙信から幸村・政宗まで (集英社みらい文庫)

18
4.50
奥山景布子 2014年8月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦国時代の8人のヒーローたちの生まれてから亡くなるまでの戦いやできごとなどのことが、こまかく、くわしく書かれているので、読んでいるとすごく楽しいです。 もっと読む

すててこ 寄席品川清洲亭 二 (集英社文庫)

15
3.50
奥山景布子 2018年8月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

寄席品川清洲亭シリーズ第二作。 相変わらずテンポ良く読める。やや内容は薄いが、それでも楽しい。 席亭の秀八は、少しずつ席亭として成長しつつもまだまだ勉... もっと読む

清少納言と紫式部 伝記シリーズ 千年前から人気作家! (伝記シリーズ) (集英社みらい文庫)

11
2.00
奥山景布子 2014年1月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

清少納言、紫式部のことを、本人の言葉として自伝的に述べた本。楽しいイラスト付きで、文章も彼女らの言葉として、現代の若者言葉風に書いてある。平安時代当時の状... もっと読む

秀吉の能楽師 (中公文庫)

10
3.00
奥山景布子 2018年4月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

太閤秀吉を能に没頭させよ、との密命を帯び、天下人に近づいた能楽師・暮松新九郎。能に見せた秀吉の狂気はやがて新九郎を翻弄してゆく。〈解説〉縄田一男 もっと読む
全36アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする