奥田英朗のおすすめランキング

プロフィール

おくだ・ひでお
1959年岐阜県生まれ。プランナー、コピーライターなどを経て1997年『ウランバーナの森』でデビュー。2002年『邪魔』で大藪春彦賞受賞。2004年『空中ブランコ』で直木賞、2007年『家日和』で柴田錬三郎賞、2009年『オリンピックの身代金』で吉川英治文学賞を受賞。著書に『最悪』、『イン・ザ・プール』、『マドンナ』、『ガール』、『サウスバウンド』、『無理』、『噂の女』、『我が家のヒミツ』、『ナオミとカナコ』、『向田理髪店』など。映像化作品も多数あり、コミカルな短篇から社会派長編までさまざまな作風で人気を博している。近著に『罪の轍』。

「2019年 『ヴァラエティ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

奥田英朗のおすすめランキングのアイテム一覧

奥田英朗のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『イン・ザ・プール (文春文庫)』や『空中ブランコ (文春文庫)』や『町長選挙 (文春文庫)』など奥田英朗の全258作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

イン・ザ・プール (文春文庫)

19359
3.75
奥田英朗 2006年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表題作を含む5つの短編集。 精神科医である主人公・伊良部の元へ心の悩みを抱えた患者たちがやってくるが、そのやり取りが可笑しくて、久々に文章を見て声を出して... もっと読む

空中ブランコ (文春文庫)

14410
3.83
奥田英朗 2008年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

イン・ザ・プールに続く空中ブランコ、読了。 伊良部総合病院を訪れる患者は、相変わらず、伊良部先生に振り回されっぱなし。 「いらっしゃーい」と素っ頓... もっと読む

町長選挙 (文春文庫)

9432
3.66
奥田英朗 2009年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今回は、明らかにあの人をモデルにと推測できる人物が患者として伊良部先生を訪ねる 読売新聞社 元会長の渡辺恒雄らしき田辺満雄、ライブドアのホリエモンらしき... もっと読む

ガール (講談社文庫)

6691
3.70
奥田英朗 2009年1月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

主人公は30代の女性OL。 結婚、出産、マンション購入、出世などなど、社会で女性が生きる上でふいと考えずにはいられない事柄が詰まった4つの短編集。 ... もっと読む

空中ブランコ

6370
3.77
奥田英朗 2004年4月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どうしよう 前巻では、あまりのくだらなさにもう途中でやめようかと思ったくらいだが、だんだん伊良部一郎の不思議な魅力に取り憑かれてしまったようだ 伊良部... もっと読む

最悪 (講談社文庫)

5671
3.54
奥田英朗 2002年9月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「仲間内でどうかなどとは、社会においては何の関係もないのです。同じ価値観を持つ者同士なんですから、分かり合えるに決まっている。 問題は、価値観の違う者同士... もっと読む

家日和 (集英社文庫)

5263
3.73
奥田英朗 2010年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

家庭発信、6つのドラマ それぞれの家庭には、それぞれ夫婦や家族の有り様がある まるでちょっとよそのお宅を覗き見しているようなワクワク感があった 阿部寛や... もっと読む

イン・ザ・プール

4914
3.71
奥田英朗 2002年5月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「精神科医 伊良部一郎」シリーズというから、てっきり柚木裕子さんの「検事 佐方貞人」シリーズを連想して、手にとった私がバカだった 深刻な医療ものかと思い... もっと読む

マドンナ (講談社文庫)

4356
3.47
奥田英朗 2005年12月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白かった。 ガールが面白かったからこれも期待していたけれど 予想通り好みでした。 こういう自分の知らない世界、見ぬ世界、 でも興味ある世界に小説を読むと... もっと読む

ララピポ (幻冬舎文庫)

4235
3.18
奥田英朗 2008年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

しょーもない人々(あえて底辺と呼ぶまい)が、それぞれ必死ででも半ば諦めながら生きています。冒頭から苦笑の嵐で、本書は電車の中でOLが読むのははばかられる一... もっと読む

サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)

4017
3.70
奥田英朗 2007年8月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2018.8.11 上巻たまらんー! 下巻が楽しみ過ぎる 別れは淋しい事ではない、出会えた結果のゴールだ 過去より未来の方が遥かに大きいとおセンチしてる暇... もっと読む

邪魔(上) (講談社文庫)

3727
3.52
奥田英朗 2004年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あらすじ この小さな幸せは、誰にも壊させない。 2002年版「このミステリーがすごい!」第2位 第4回大藪春彦賞受賞 及川恭子、34歳。サラリーマンの... もっと読む

サウスバウンド 下 (角川文庫 お 56-2)

3563
3.75
奥田英朗 2007年8月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2018.8.11 面白かったー!一郎さん最高! 欠点を一発で打ち消す魅力にホレボレしました。 負けや孤独を恐れず、自分の気持ちに正直に戦い続けると人とし... もっと読む

町長選挙

3338
3.47
奥田英朗 2006年4月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

現代病を独特の完成と治療法で治していく、とんでも精神科医伊良部シリーズ第3段。 表題作以外は、モデルがいますよね? それぞれの苦悩が、もしかしてリアル?... もっと読む

邪魔(下) (講談社文庫)

3282
3.53
奥田英朗 2004年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あらすじ もうどこにも、逃れる場所はない。2002年版「このミステリーがすごい!」第2位、第4回大藪春彦賞受賞。九野薫、36歳。本庁勤務を経て、現在警部補... もっと読む

真夜中のマーチ (集英社文庫)

3279
3.44
奥田英朗 2006年11月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

追いかけっこ小説。登場人物がみんなちょっと悪くてちょっと優しい。ミタゾウのその後が気になる。 もっと読む

サウス・バウンド

3132
3.79
奥田英朗 2005年6月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

元過激派の父と元活動家の母を持つ小六の男子二郎の目から見た日常が描かれている 第一部は東京中野での生活、第二次性徴期を迎える少年と友達との生き生きとした... もっと読む

我が家の問題

2426
3.75
奥田英朗 2011年7月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

両親が離婚を考えているんじゃないかと悩む高校生、夫が実は会社では仕事出来ない使えないやつとバカにされているのではないかと心配する妻、等々、大いに悩んで右往... もっと読む

我が家の問題 (集英社文庫)

2416
3.80
奥田英朗 2014年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

友人が「お勧めだから、あげるよ」と、くれた小説です。 テーマは、家族の危機。 どこの家庭にも必ず訪れるであろう「家族の危機」という深刻なものに対し... もっと読む

ガール

2396
3.60
奥田英朗 2006年1月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

以前、読書仲間から『マドンナ』を薦められて、 いつか手に取ってみようと気になっていた奥田さん。 先日に図書館で出会って、さらっと。 全てで5編、... もっと読む
全258アイテム中 1 - 20件を表示

奥田英朗に関連する談話室の質問

ツイートする
×