妹尾河童のおすすめランキング

プロフィール

妹尾河童
1930年神戸生まれ。グラフィック・デザイナーを経て、1954年、独学で舞台美術家としてデビュー。以来、演劇、オペラ、ミュージカルと幅広く活躍し、「紀伊國屋演劇賞」「サントリー音楽賞」など多数受賞する。また、エッセイストとしても、『河童が覗いたヨーロッパ』『河童が覗いたインド』などの大人気シリーズで知られている。著書多数。『少年H』は、著者初の自伝的小説で、毎日出版文化賞特別賞受賞作である。

「2013年 『少年H(下巻) (新装版)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

妹尾河童のおすすめランキングのアイテム一覧

妹尾河童のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『少年H(上) (講談社文庫)』や『少年H(下) (講談社文庫)』や『河童が覗いたインド (新潮文庫)』など妹尾河童の全62作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

少年H(上) (講談社文庫)

1769
3.64
妹尾河童 1999年6月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今年映画化ということで、なんと12年ぶりに再読。 小学校の図書館で、上巻表紙の青空と下巻表紙の夕焼けがとてもキレイで目立っていた思い出が。 当時を振り... もっと読む

少年H(下) (講談社文庫)

1478
3.62
妹尾河童 1999年6月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『少年H』下巻。 これを読んで「戦争とは何だったのか」がやっと分かった気がします。学校でも勉強したし、ヒロシマにもナガサキにも行きました。戦争を描い... もっと読む

河童が覗いたインド (新潮文庫)

1478
3.95
妹尾河童 1991年3月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ホテルの部屋を上から見た見取り図(立体)が、調度品含め細かに描かれています。観光地もまた(今ではドローン映像で身近になりつつありますが)バードビューのよう... もっと読む

河童が覗いたヨーロッパ (新潮文庫)

1107
3.82
妹尾河童 1983年7月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

少年おじさん河童さんの覗いたシリーズの一番初め。インドなどよりは絵も字も大雑把な感じ。それでも充分面白いけど。 ホテルのビデで果物を冷やす河童さん、最高で... もっと読む

少年H (上巻)

475
3.63

感想・レビュー

以前映画を観たけれど読んだことがなかった「少年H」をやっと読み始めました。妹尾少年の目で見る戦時中、戦後の情景が良いことも悪いことも活き活きと描かれている... もっと読む

河童が覗いたトイレまんだら (文春文庫)

446
3.72
妹尾河童 1996年12月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

数々の有名人宅のトイレを覗いてインタビューして、味のある俯瞰図にしちゃうという企画。トイレという極めてプライベートな空間を飾るインテリアや小物雑貨など、普... もっと読む

少年H〈上巻〉 (新潮文庫)

432
3.58
妹尾河童 2000年11月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

レビューは下巻にて。 もっと読む

河童が覗いたニッポン (新潮文庫)

419
3.59

感想・レビュー

河童が覗いた〜シリーズで一番好き。刑務所を覗くなんて不謹慎極まりない。 もっと読む

少年H (下巻)

416
3.57

感想・レビュー

再読。 一気に戦争色が濃くなった下巻。 本作に関して色々事実と違う事や、批判があったらしい。 そうなのかもしれない。 でも、当時の現実の少年の感じ方は、現... もっと読む

少年H〈下巻〉 (新潮文庫)

380
3.67
妹尾河童 2000年11月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ベストセラーはやはりよんでみるべきだという実感。 ちょっと左側の意見というのもあるが、率直に著者がそう感じたということで、扇動しているわけではないだろう。... もっと読む

河童のスケッチブック (文春文庫)

305
3.65

感想・レビュー

もともと河童さんほどの好奇心はないのに最近は日々の生活に追われて好奇心の幅や探求が狭まってたな。反省。 もっと読む

河童が覗いた「仕事場」 (文春文庫)

288
3.59

感想・レビュー

20180930読了 1997年発行。河童さんが各界の人々を取材してその仕事場を描いている。その数48名。写真じゃなくてわざわざ寸法を測り比率などを計算... もっと読む

河童の手のうち幕の内 (講談社文庫)

199
3.54
妹尾河童 2006年2月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

河童さんが河童になった由縁など、本書では河童さんについて知れる本となっていた。個人的におもしろかったのは蝋人形をつくる話。一点透視図法で作る俯瞰図もわかり... もっと読む

河童が覗いたニッポン (講談社文庫)

186
3.66

感想・レビュー

出雲大社や昔の刑務所の精巧な絵とともに、河童さんの好奇心あふれるコメントがおもしろい。でもできれば、もっとたくさんのところに行ってほしかったかなーと思う。... もっと読む

河童が覗いたインド (講談社文庫)

160
4.02

感想・レビュー

「河童が覗いた」シリーズ第3作。中でも名作の呼び声高いインド編です。インドの全貌を通り過ぎただけの旅人が分かるはずはない、あくまで自分の覗いたのはインドの... もっと読む

河童が覗いたヨーロッパ

155
3.67

感想・レビュー

これはすごい。手書き本。かなり読み応え(見応え?)がありました。絵はもちろん素敵だけど、文字も好き。国際列車の車掌さんたち、お城、窓の違いなど盛りだくさん... もっと読む

河童が覗いたヨーロッパ (講談社文庫)

152
3.68

感想・レビュー

<版> 先に読んだ文庫版『河童が覗いたニッポン』で「字が小さくてとても読みづらい」と激しく思った.この『・・ヨーロッパ』の方がもっと前に書かれた本なの... もっと読む

河童が語る舞台裏おもて (文春文庫)

129
3.64

感想・レビュー

「インド」、「H」に続いて何を手に取るかということで選んだ本書。予想は的中、今のこのタイミングでこれを目にして大正解。非常に意味があった。 H少年... もっと読む

河童が覗いたニッポン

125
3.76

感想・レビュー

↓利用状況はこちらから↓ http://mlib.nit.ac.jp/webopac/NP09730231 もっと読む

河童の手のうち幕の内 (新潮文庫)

109
3.14

感想・レビュー

藤原義江の話と俯瞰図の描き方が面白かった。読んだことのある話もあり。 もっと読む
全62アイテム中 1 - 20件を表示

妹尾河童に関連する談話室の質問

ツイートする
×