子母沢寛のおすすめランキング

子母沢寛のおすすめランキングのアイテム一覧

子母沢寛のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『新選組始末記―新選組三部作 (中公文庫)』や『新選組三部作 新選組遺聞 (中公文庫)』や『新選組物語―新選組三部作 (中公文庫)』など子母沢寛の全307作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

新選組三部作 新選組遺聞 (中公文庫)

469
3.56
子母沢寛 1997年1月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本著は、まさに大正から昭和初期に子母澤寛が新選組に縁のある関係者から聞いた話(遺聞)を纏めたもの。読後、司馬遼太郎など新選組関連の歴史小説が、子母澤寛の新... もっと読む

新選組物語―新選組三部作 (中公文庫)

445
3.52
子母沢寛 1997年2月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

子母澤寛の新選組三部作、完結編。主に新選組隊士の死に際を描いたもの。特に近藤勇の最後を描いた「流山の朝」は土方歳三と比較をしながら自らの原点に還っていくス... もっと読む

勝海舟(一) (新潮文庫)

348
3.89
子母沢寛 1968年12月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第一巻の副題は「黒船渡来」とあるけど、ほぼ勝小吉編。シリーズの通底和音をこの人が作っているということなんだろう。色んな登場人物のエピソードが丁寧に積み重ね... もっと読む

勝海舟(二) (新潮文庫)

212
3.92
子母沢寛 1968年12月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

咸臨丸の勝海舟はちょっと格好よく書きすぎじゃないだろうか。アメリカに上陸した一行もきれい過ぎる感じ。でも、息遣いが聞こえるような人々のリアルさというか距離... もっと読む

新選組烈士伝 (角川文庫)

193
3.44
津本陽 2003年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

爽快感を得られる新選組のアンソロジー。司馬さんの「壬生狂言の夜」、船山馨の「薄野心中」 が良かった。2019.3.18 もっと読む

勝海舟(三) (新潮文庫)

191
3.89
子母沢寛 1968年12月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2018/4/11読了 もっと読む

勝海舟(四) (新潮文庫)

186
3.96
子母沢寛 1968年12月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第4巻読了。大政奉還から討幕へ。次巻はいよいよ江戸無血開城に向けての西郷との大一番。 歴史の表舞台は京ながら、本小説の舞台は勝のいる江戸が中心となってお... もっと読む

勝海舟(五) (新潮文庫)

175
3.96
子母沢寛 1969年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

太平洋戦争終戦間際の日本がなんとなく感じられるような幕末日本。繰り返し出てきた「赤誠」はあまり口に出されなくなってきた。なぜ西郷隆盛はこんなに勝と足並みを... もっと読む

勝海舟(六) (新潮文庫)

170
3.98
子母沢寛 1969年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第六巻(最終巻)読了。 明治新政府下、上野戦争、駿府への下野へと続く。 勝が、何故に倒幕に至ったのか、また明治新政府の在るべき姿等を語る場面があるのだ... もっと読む

味覚極楽 (中公文庫BIBLIO)

97
3.50
子母沢寛 2004年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

吉田戦車「逃避めし」に出てきて気になっていたので。 もっと読む

新装版 父子鷹(上) (講談社文庫)

89
3.96
子母沢寛 2006年7月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2013/07/11完讀 勝小吉是男谷家的么兒,來到勝家當養子。小吉平常喜歡劍術,常常去団野道場練習也對當官沒興趣,一直是小普請之身,但兄長彦四郎(... もっと読む

新装版 父子鷹(下) (講談社文庫)

65
4.07
子母沢寛 2006年7月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2013/07/13完讀 麟太郎陸續在男谷道場、島田道場入幕當弟子,小吉和お信(後來又生了お順)過著和平常一樣的生活,小吉每天去刀劍市,是本所當地人... もっと読む

新選組始末記―新選組三部作 (中公文庫)

51
3.71
子母澤寛 1977年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新選組を知る為に読んだ一番最初の本。 もっと読む

新選組遺聞―新選組三部作 (中公文庫 A 64-4)

35
4.00
子母沢寛 1977年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(「BOOK」データベースより) 『新選組始末記』につづく三部作の第二作。永倉新八・八木為三郎・近藤勇五郎など、新選組ゆかりの古老たちの生々しい見聞や日... もっと読む

新選組物語―新選組三部作 (中公文庫)

35
3.67
子母澤寛 1977年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

創作もあるみたいだが、後に続く作品から考えると紺作こそが新撰組の原点! 土方が普通に嫌な奴にしか見えませんし、吉村貫一郎なども立派さの欠片も見えませんがそ... もっと読む

おとこ鷹〈上〉 (新潮文庫)

35
4.60

感想・レビュー

2013/07/20 父子鷹的續集。小吉還是一樣繼續行俠仗義,但又覺得自己的行為很不光彩,希望不要被麟太郎看到,偷偷摸摸的樣子很有趣。麟太郎從島田那... もっと読む

おとこ鷹〈下〉 (新潮文庫)

30
4.57

感想・レビュー

2013/08/07完讀 這本書裡面最讓我覺得感動的部分是小吉和お信的互動與情感。不知道為什麼,就跟讀勝海舟第一卷一樣,對麟太郎實在沒什麼感覺… もっと読む

鴨川物語―哀惜新選組 (徳間文庫)

23
3.00

感想・レビュー

髪結いの兄弟始め、幕末の志士達を取り巻く京の人々・女達の話。ちょっとしたエピソードや維新後どうなったのかを含め詳しく書かれている。個人的には少し退屈… もっと読む
全307アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×