孫大輔のおすすめランキング

プロフィール

家庭医、東京大学大学院医学系研究科医学教育国際研究センター講師。医学博士、看護学博士、医療者教育学修士。1976年、佐賀県に生まれる。2000年、東京大学医学部を卒業。腎臓内科、家庭医療を専門として病院勤務を続けた後、2012年より現職。大学では主に医療コミュニケーション教育に従事。現在、教育・研究とともに、非常勤で家庭医としての診療を続けている。2010年より市民と医療者の対話の場「みんくるカフェ」を主宰、一般社団法人みんくるプロデュース代表理事を務め、谷根千まちばの健康プロジェクト(まちけん)代表。
著書には『人材開発研究大全』(分担執筆、東京大学出版会)、『「ラーニングフルエイジング」とは何か――超高齢社会における学びの可能性』(分担執筆、ミネルヴァ書房)、また、毎日新聞で「くらしの明日:私の社会保障論」(2016年~2017年)を連載した。

「2018年 『対話する医療 人間全体を診て癒すために』 で使われていた紹介文から引用しています。」

孫大輔のおすすめランキングのアイテム一覧

孫大輔のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『対話する医療 ―人間全体を診て癒すために』や『対話する医療』や『メディカルタウンのヒューマンサポート』など孫大輔の全4作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

対話する医療 ―人間全体を診て癒すために

37
3.90
孫大輔 2018年2月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

家庭医であり、町に出て屋台を引いたりする中で健康を高める“まちけん(谷根千まちばの健康プロジェクト)”という活動を行っている、町に飛び出すお医者さん孫大輔... もっと読む

対話する医療

1
5.00
孫大輔 電子書籍 2018年2月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本を読み終え、一番腑に落ちたこと・・・「患者をケアするということにおいて私たちは通常の人間であってはならない」という言葉。 「医者だって、看護師だって... もっと読む
全4アイテム中 1 - 4件を表示
ツイートする
×