孫崎享のおすすめランキング

プロフィール

1943年、旧満州国鞍山生まれ。66年、東京大学法学部を中退し、外務省に入省。情報調査局分析課長、国際情報局長、駐イラン大使などを歴任。2002年から防衛大学校教授、09年に退官。『日本外交 現場からの証言』(中公新書)で山本七平賞を受賞。著書はほかに『日米同盟の正体 迷走する安全保障』(講談社現代新書)、『戦後史の正体』(創元社)、『小説外務省 尖閣問題の正体』(現代書館)など。

「2019年 『日本国の正体 「異国の眼」で見た真実の歴史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

孫崎享のおすすめランキングのアイテム一覧

孫崎享のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『戦後史の正体 (「戦後再発見」双書1)』や『日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 (ちくま新書 905)』や『日本人が知らないウィキリークス (新書y)』など孫崎享の全67作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

戦後史の正体 (「戦後再発見」双書1)

2152
4.19
孫崎享 2012年7月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

衝撃の本。日本の義務教育で戦後史は駆け足で授業が終わるだけに、今まで自分が知らない事実がこれだけあった事に驚くと同時に、ぜひ高校で必読の書として欲しいと思... もっと読む

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 (ちくま新書 905)

698
3.86
孫崎享 2011年5月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こんなにも自分は歴史を知らないのか、と認識。そして今置かれてる日本の状況は本当に一筋縄ではいかない、と再認識。尖閣諸島問題、竹島問題、北方領土問題、いずれ... もっと読む

日本人が知らないウィキリークス (新書y)

487
3.48
小林恭子 2011年2月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

偏向されていないウィキリークスの情報を知りたく思い。 日本じゃ善悪二元論で論じられることが多いけれど、もうそんなものは越えたお話のようで。これからのメデ... もっと読む

日米同盟の正体~迷走する安全保障 (講談社現代新書)

402
3.88
孫崎享 2009年3月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

10年以上前に書かれたものだが、古さを感じさせない。外交における謀の重要性を知るにつけ、今の安倍外交(親米ポチ)には危機感を抱く。自身の関心テーマについて... もっと読む

不愉快な現実 中国の大国化、米国の戦略転換 (講談社現代新書)

299
3.74
孫崎享 2012年3月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「スーパー301条」という言葉を覚えているだろうか? 戦後アメリカ追随で進んできた日本だったが、アメリカから制裁を受ける事態を日本人はどのようにうけとめ... もっと読む

街場の憂国会議 日本はこれからどうなるのか (犀の教室)

281
3.93
内田樹 2014年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本(というか政府・自民党・安倍政権とその仲間。マスコミ。ネットによる)の右傾化を憂いての9名の論考 内田樹「株式会社化する国民国家」 小田嶋隆「気分... もっと読む

アメリカに潰された政治家たち

273
3.53
孫崎享 2012年9月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

原発反対の官邸デモと60年安保のデモの中身の違いから出発し、実は、アメリカが裏で暗躍したことを解き明かす。 そして、アメリカに潰された対米自主路線の... もっと読む

小説 外務省-尖閣問題の正体

189
3.46
孫崎享 2014年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 「小説」と銘打ってあるが、娯楽性はない。元外務官僚による内幕もの、暴露ものとして読むのがよい。といっても、実名オンパレードで出典も明記されているから、い... もっと読む

日本の「情報と外交」 (PHP新書)

183
3.49
孫崎享 2012年12月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

イラン・イラク戦争、オイルショック、ニクソン訪中、9.11、湾岸戦争、日米貿易摩擦等々の事例から、日本のインテリジェンスの弱さに警告を発している。 著者... もっと読む

日本人のための戦略的思考入門――日米同盟を超えて(祥伝社新書210)

181
3.90
孫崎享 2010年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

孫崎享氏が書いた外交における戦略的思考。 元外交官だけあって、その言説は説得力があった。 もっと読む

日米開戦の正体――なぜ真珠湾攻撃という道を歩んだのか

166
3.95
孫崎享 2015年5月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

数年前位から自分で始めた企画ですが、年度が改まって8月の終戦記念日を迎えるまでに、先の戦争について解説された本を読もうを思っています。 この本は、以... もっと読む

これから世界はどうなるか―米国衰退と日本 (ちくま新書)

148
3.45
孫崎享 2013年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

・有史以来、産業革命までは中国とインドが世界のGDPの約50%以上を常に占めていた。歴史的に見るとこの2カ国の台頭は普通のことである。 ・AIPAC(アメ... もっと読む

「対米従属」という宿痾

84
3.77
孫崎享 2013年6月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【由来】 ・ 【期待したもの】 ・ ※「それは何か」を意識する、つまり、とりあえずの速読用か、テーマに関連していて、何を掴みたいのか、などを明確にする習... もっと読む

情報と外交

83
3.45
孫崎享 2009年10月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

外務省入省後、結果的に情報畑を一貫して歩んだ著者の経験的情報収集・分析論的なものだが、真っ先に揚げている「今日の分析は今日の物。明日は豹変する」を、85年... もっと読む

カナダの教訓 超大国に屈しない外交 (PHP文庫)

72
3.50
孫崎享 2013年1月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

世界一仲が良い時期が長い隣国として有名なアメリカとカナダ。その背景にカナダの様々な立ち回り方があったことを知ることができました。 もっと読む

独立の思考

70
3.33
孫崎享 2013年5月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

カレル・ヴァン・ウォルフレンさんや孫崎享さんの著作には出来るだけ目を通すように心掛けてきたので、本書も出版とほぼ同時に購入。一気に読み切りました。 ... もっと読む

日本国の正体 「異国の眼」で見た真実の歴史

59
2.63
孫崎享 2019年9月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

マッカーサーは「日本人は12歳である」というようなことを言ったが、これが正確にはどういうことを言っているのかはよく分からない。その発言の前後の文脈(そうい... もっと読む

日本外交 現場からの証言―握手と微笑とイエスでいいか (中公新書)

56
3.75

感想・レビュー

【由来】 ・孫崎さん「戦後史の正体」P24 【期待したもの】 ・ ※「それは何か」を意識する、つまり、とりあえずの速読用か、テーマに関連していて、何を掴... もっと読む

崖っぷち国家 日本の決断

50
3.38
孫崎享 2015年2月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【由来】 ・ 【期待したもの】 ・ ※「それは何か」を意識する、つまり、とりあえずの速読用か、テーマに関連していて、何を掴みたいのか、などを明確にする習... もっと読む

いま語らねばならない戦前史の真相

48
3.67
孫崎享 2014年10月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

右翼の鈴木さんと左翼の孫崎さんの対談本。 概ね言いたいことには納得できるし、その通りだと思うんだけど、真珠湾攻撃のあたりとかの孫崎さんの意見にいささか疑... もっと読む
全67アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする