宇津木健太郎のおすすめランキング

プロフィール

宇津木健太郎(うつぎ・けんたろう)
埼玉県越谷市出身。本に囲まれた家に育ち、気付いたら小説を書き始めていた。
各賞への小説の応募や投稿を当たり魔的に繰り返し、ようやくエブリスタ×竹書房「第二回最恐小説大賞」長編部門にて本作『森が呼ぶ』が大賞受賞。
プロフィール欄で遊ぶことを目標の一つにしていたので遂に夢が叶ったと歓喜するも、何を書こうか迷っているうちに一時間が経過している。カフェイン中毒。

「2021年 『森が呼ぶ 』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宇津木健太郎のおすすめランキングのアイテム一覧

宇津木健太郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『猫と罰』や『森が呼ぶ』や『森が呼ぶ』など宇津木健太郎の全8作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

猫と罰

384
3.35
宇津木健太郎 2024年6月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ねこ、魔女、そして表紙のほのぼの感で勝手にイメージを作って読み始めた。ところが、私の想像とは全く違った。 9回めの生まれ変わりの猫のクロのこれまでは、悲... もっと読む

森が呼ぶ

68
3.50
宇津木健太郎 2021年7月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シャットアウト!の一冊。 故郷の犬啼村に帰郷した親友を訪ねた「私」が体験した、世にもおぞましい惨劇。 村、土着信仰、因習と心躍る要素がいっぱい。 お... もっと読む

森が呼ぶ

40
3.59
宇津木健太郎 電子書籍 2021年7月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2.3 もっと読む

猫と罰

26
1.50
宇津木健太郎 電子書籍 2024年6月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【日本ファンタジーノベル大賞2024】大賞受賞作品。猫には9つの命があるらしい。語り手は3つ目の命の時に文豪の飼い猫だった黒猫。小説にも登場するその猫が9... もっと読む
全8アイテム中 1 - 8件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×