宇田智子のおすすめランキング

プロフィール

1980年、神奈川県生まれ。2002年にジュンク堂書店に入社し、池袋本店で人文書を担当する。09年、那覇店開店にともない異動。11年7月に退職し、同年11月11日、那覇市の第一牧志公設市場の向かいに「市場の古本屋ウララ」を開店。著書に『那覇の市場で古本屋──ひょっこり始めた〈ウララ〉の日々』(ボーダーインク、第7回「(池田晶子記念)わたくし、つまりNobody賞」を受賞)、『本屋になりたい──この島の本を売る』(ちくまプリマー新書)がある。現在、古本屋店主として働きながら、さまざまな新聞、雑誌に執筆活動を行っている。

「2018年 『市場のことば、本の声』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宇田智子のおすすめランキングのアイテム一覧

宇田智子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『本屋になりたい: この島の本を売る (ちくまプリマー新書)』や『那覇の市場で古本屋―ひょっこり始めた〈ウララ〉の日々』や『市場のことば、本の声』など宇田智子の全27作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

本屋になりたい: この島の本を売る (ちくまプリマー新書)

669
3.87
宇田智子 2015年6月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

沖縄で古本屋を一人で営んでいる女性のそのお店にまつわる本。 沖縄の商店街の古本屋が閉店するのを聞き、新刊書店に勤めていた筆者が会社を辞め、その古本屋... もっと読む

那覇の市場で古本屋―ひょっこり始めた〈ウララ〉の日々

236
3.93
宇田智子 2013年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

確か、ジュンク堂での平積みで見つけた1冊。 いわゆる“沖縄本”で、沖縄地場の出版社が編んでいます。 著者の宇田智子さんは元は横浜の大型書店で働いて... もっと読む

市場のことば、本の声

148
3.78
宇田智子 2018年6月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

沖縄で古書店をいとなんでいる女性のエッセイ。 穏やかな文章で、 小さくて狭い本屋の仕事や、市場での近所づきあい、 日々の暮らしのことなどが語られる。... もっと読む

本屋になりたい ――この島の本を売る (ちくまプリマー新書)

38
4.13
宇田智子 電子書籍 2015年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大型の新刊書店を辞め、沖縄で小さな古本屋を営む著者による本(と本にまつわる沖縄特有の事情)についてのエッセイ。これが思った以上にいい本だった。僕自身は海外... もっと読む
全27アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×