宇野利泰のおすすめランキング

宇野利泰のおすすめランキングのアイテム一覧

宇野利泰のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『華氏451度 (ハヤカワ文庫 SF フ 16-1)』や『10月はたそがれの国 (創元SF文庫) (創元推理文庫 612-2)』や『ラヴクラフト全集 (2) (創元推理文庫 (523‐2)) (創元推理文庫 523-2)』など宇野利泰の全379作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

華氏451度 (ハヤカワ文庫 SF フ 16-1)

1907
3.72

感想・レビュー

書籍を持つことが禁じられた世界。書籍の一切を焼き払う「焚書官」という仕事に就くモンバーグは、近所に越してきた不思議な少女クラリスと出会い、また書籍とともに... もっと読む

10月はたそがれの国 (創元SF文庫) (創元推理文庫 612-2)

1587
3.83

感想・レビュー

『歌おう、感電するほどの喜びを!』(早川書房)のあとがきで、萩尾望都先生が本書の名前を挙げておられたので、気になっていました。 レイ・ブラッドベリの... もっと読む

ラヴクラフト全集 (2) (創元推理文庫 (523‐2)) (創元推理文庫 523-2)

1219
3.62
H.P.ラヴクラフト 1976年8月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

クラスメイトが貸してくれた2冊目のラヴクラフトですが実はもう1冊ラブクラフトを読破しています。 全ての全集を読んだ訳ではありませんのでお詳しいファンの方に... もっと読む

寒い国から帰ってきたスパイ (ハヤカワ文庫 NV 174)

957
3.61

感想・レビュー

ジョン・ル・カレを読まずして旅立つことはできないのだよ諸君 ただ、ひとつだけ告白しておこう ずっとジョン・カレ・ルだと思っていたよ バーモントか! は... もっと読む

ポケットにライ麦を (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

760
3.69

感想・レビュー

これぞ「ザ・クリスティー!」といわんばかりの事件(笑) 毒殺された金持ちの亭主、事件の捜査が進むごとに浮かび上がるドロドロの人間関係。金目当て、遺産... もっと読む

華氏451度 (ハヤカワ文庫 NV 106)

573
3.60

感想・レビュー

大丈夫だよレイ・ブラッドベリ! そう言いたい 大丈夫だと思うな〜 活字文化は死なない ブラッドベリが危惧するのもわかるし 確かにこの作品が書かれてから... もっと読む

妖魔の森の家 (創元推理文庫―カー短編全集 2 (118‐2))

402
3.66

感想・レビュー

この前読んだ『密室大図鑑』で『妖魔の森の家』を見てもう一度読んでみたくて。トリックが無茶で笑いそうなのもあったが、HM卿以外にもなかなか愛嬌ある探偵達が揃... もっと読む

Yの悲劇 (ハヤカワ・ミステリ文庫 ク 3-42)

386
3.73

感想・レビュー

日本では読者が選ぶなんとかかんとかでしょっちゅうトップになるけど、 海外の評価はそこまでではない、らしい。 どんなもんなんかいな、と思いながら読んでた... もっと読む

ブラックサンデー (新潮文庫)

344
3.45
トマス・ハリス 1979年3月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

パレスチナのテロリストと社会に恨みを持つアメリカ人が、アメリカのスーパーボウルの会場で爆弾テロを計画する話。1975年にはショッキングな話だったかもしれな... もっと読む

Xの悲劇 (ハヤカワ・ミステリ文庫 ク 3-41)

311
3.43

感想・レビュー

ミステリ。ドルリイ・レーン。 非常に濃密な本格ミステリ。 探偵が犯人を知っても言わないのは、少しイライラ。しっかりとした理由があるのは凄いのですが。 ... もっと読む

不可能犯罪捜査課 (創元推理文庫―カー短編全集 1 (118‐1))

288
3.53
ディクスン・カー 1970年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

素敵だ。現代のミステリみたいに派手なトリックやあっと言わせる感じではないけど、なんというか人間にたとえると「佇まいが素敵な人」。 もっと読む

華氏451度 (ハヤカワ文庫SF)

228
3.51
レイ・ブラッドベリ 電子書籍 2008年10月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦争の気配が忍び寄るある時代、焚書官のモンターグは仕事を進めるうちに様々な人と会い、話し、本の守護者となる。 言わずと知れたSFの名著です。しかしそこに... もっと読む

ピーター卿の事件溥―シャーロック・ホームズのライヴァルたち (創元推理文庫)

198
3.36

感想・レビュー

セイヤーズ初体験である。 本作は当初 “シャーロック・ホームズのライヴァルたち”と銘打った東京創元社の企画物の1つで独自で編んだ短編集であったらしい。そ... もっと読む

ポケットにライ麦を (ハヤカワ・ミステリ文庫 1-17)

196
3.66

感想・レビュー

ミス・マープルもの。 投資信託会社社長が急死。そのポケットには何故かライ麦が詰め込まれていて・・。 マザーグースの唄に見立てた連続殺人の謎を、ミス・マープ... もっと読む

赤毛のレドメイン家 (創元推理文庫 111-1)

190
3.35

感想・レビュー

 休暇でマス釣りを楽しむ予定だったロンドン警視庁の名刑事マーク・ブレンドンは美しい女性と擦れ違い心を奪われる。そしてその日村で一人の男が失踪、現場からは血... もっと読む

はなれわざ (ハヤカワ・ミステリ文庫 フ 8-3)

180
3.52

感想・レビュー

世界ミステリ作家事典 本格派篇では、ブランドのほかの作品より若干落ちると紹介されているが、そんなことはない!確かに実現性という意味ではどうかと思う部分があ... もっと読む

寒い国から帰ってきたスパイ

154
3.73

感想・レビュー

ミステリー小説と同時に、スパイ小説も好きだった。 スパイ小説でよく読んでいたのは、ジョージ・スマイリーシリーズをはじめとする、このジョン・ル・カレの作品と... もっと読む

思考機械の事件簿 1 (創元推理文庫 176-1 シャーロック・ホームズのライヴァルたち)

149
3.68

感想・レビュー

 『思考機械(シンキング・マシーン)』は、本名を「オーガスタス・S・F・X・ヴァン・ドゥーゼン」といい、哲学博士(PH.D.)、法学博士(LL.D.)、王... もっと読む
全379アイテム中 1 - 20件を表示

宇野利泰に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×