宇野邦一のおすすめランキング

プロフィール

1948年生まれ。立教大学名誉教授。主な著書に、『意味の果てへの旅』『予定不調和』『D:死とイマージュ』『アルトー:思考と身体』『詩と権力のあいだ』『ドゥルーズ:流動の哲学』『ジャン・ジュネ:身振りと内在平面』『破局と渦の考察』『映像身体論』『ドゥルーズ:群れと結晶』『吉本隆明:煉獄の作法』『土方巽:衰弱体の思想』『政治的省察:政治の根底にあるもの』などがあり、訳書に、ドゥルーズ=ガタリ『カフカ:マイナー文学のために』『アンチ・オイディプス』『千のプラトー』(共訳)、ドゥルーズ『フランシス・ベーコン:感覚の論理学』『シネマ2』(共訳)『フーコー』『襞:ライプニッツとバロック』『ドゥルーズ:書簡とその他のテクスト』(共訳)、ベケット『モロイ』『マウロン死す』『名づけられないもの』、ジュネ『判決』『薔薇の奇跡』、アルトー『タラウマラ』などがある。

「2021年 『プルーストとシーニュ〈新訳〉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宇野邦一のおすすめランキングのアイテム一覧

宇野邦一のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『アンチ・オイディプス(上)資本主義と分裂症 (河出文庫)』や『千のプラトー 上 ---資本主義と分裂症 (河出文庫)』や『アンチ・オイディプス(下)資本主義と分裂症 (河出文庫)』など宇野邦一の全103作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

アンチ・オイディプス(上)資本主義と分裂症 (河出文庫)

554
3.44

感想・レビュー

【アンチオイディプス用語集】 1.【構成】 『アンチオイディプス』(1972)は四章構成。第1章は「欲望機械」。第2章は「精神分析と家族主義 すなわち神... もっと読む

千のプラトー 上 ---資本主義と分裂症 (河出文庫)

366
3.62

感想・レビュー

序章の「リゾーム」は全体の概観を示す。まずこの小片が書かれて発表され、本書に繋がった。ここだけで「アンチ・オイディプス」とは比較にならないほどの射程と奥行... もっと読む

アンチ・オイディプス(下)資本主義と分裂症 (河出文庫)

361
3.43

感想・レビュー

ベルクソンを引き継ぐ分子生物学的な発想から、欲望を欠乏ではなく、分裂的で自動的に動く意味での"機械"と捉え、そこから器官、身体、さらに拡張する形で原初的な... もっと読む

千のプラトー―資本主義と分裂症

282
3.34
ジルドゥルーズ 1994年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

気になった章からランダムに読んでいる。 半分くらいわからないけれど半分はわかる。何より、いろんな例が出てきて読んでいて楽しい。 今のところわかるのは、... もっと読む

千のプラトー 中 ---資本主義と分裂症 (河出文庫)

254
3.68
ジル・ドゥルーズ 2010年10月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

高所順応という能力は、より深いレベルではその人間のDNAをも変えるという最新の研究があるらしい。従来不変と信じられてきた遺伝子の聖域にまで及ぶ深い変容。そ... もっと読む

千のプラトー 下---資本主義と分裂症 (河出文庫)

234
3.61
ジル・ドゥルーズ 2010年11月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

かつて、高価で分厚くやたら重いハードカバーのドゥルーズを、こづかいはたいて買っていた身としては、河出文庫で次々と廉価・軽量に発売されていく状況を見て悔しい... もっと読む

神の裁きと訣別するため (河出文庫 (ア5-1))

204
3.77

感想・レビュー

詩人である以前に演劇人だった人なので、この作品も散文として読むよりは、これがラジオドラマとして作られたことを念頭に置いて読むと印象がまた違う。ゴッホは狂人... もっと読む

フーコー (河出文庫)

203
3.44

感想・レビュー

[ 内容 ] ドゥルーズが盟友への敬愛をこめてまとめたフーコー論の決定版。 「知」「権力」「主体化」を指標に、フーコーの軌跡と核心を精緻に読み解きなが... もっと読む

ドゥルーズ 流動の哲学 (講談社選書メチエ)

141
3.27
宇野邦一 2001年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昔読んでいたドゥルーズに、複雑系科学やシステム理論、後期ウィトゲンシュタイン、社会構成主義を経由して、もう一度たどり着く。で、再入門に向け入門書を読んでみ... もっと読む

襞―ライプニッツとバロック

99
3.58

感想・レビュー

ドゥルーズの本はこれしか読んでないので独特な語り口に困惑。ドゥルーズが何故スピノザ研究から自らの哲学を始め、晩年ライプニッツ研究に至ったのか、時間をおいて... もっと読む

モロイ

89
3.60

感想・レビュー

正直なところ、めちゃくちゃ体力が持っていかれる読書体験だった。読み終えるまでに1ヶ月ぐらいはかかったと思う。 感想としては、これをよく書いたな、ということ... もっと読む

消尽したもの

73
3.50
ジルドゥルーズ 1994年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

晩年のドゥルーズによるベケット論に、幾つかのTV用作品を収録したもの。消尽したもの―それは単に使い果たされた状態を指すのではない。そこには存在しない、言葉... もっと読む

【現代思想の現在】ドゥルーズ---群れと結晶 (河出ブックス)

68
3.42
宇野邦一 2012年2月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ドゥルーズの哲学を丁寧に語ってくれる。決して簡単に説明されているわけではないので、哲学の基礎的な理解は必要だと思われるが、僕のような専門的な訓練を受けてい... もっと読む

薔薇の奇跡 (光文社古典新訳文庫)

68
3.50
ジャンジュネ 2016年11月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

堀口大學訳がとうの昔に絶版なのでもう忘れかけていたんですが古典新訳文庫が新訳だしてくれたので読むことに。ジュネの翻訳は日本語で読んでるだけでも難しそうなの... もっと読む

名づけられないもの

65
4.00

感想・レビュー

この小説では、何も起こらない。読者が「何かが起こった」と認識するには、意味の連続ということが必要なのだけれど、この小説ではそれが偉大な(意図的な)忘却とい... もっと読む

ドゥルーズ 流動の哲学 [増補改訂] (講談社学術文庫)

61
4.00
宇野邦一 2020年2月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

非常にすっきりと理解できる。それが本当に理解したことにならなくても、当座の指針となった。 もっと読む

映像身体論

57
3.73
宇野邦一 2008年3月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いつか映画は、はじめて人間的となった天使を写真撮影するだろ。 もっと読む
全103アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×