安堂信也のおすすめランキング

安堂信也のおすすめランキングのアイテム一覧

安堂信也のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ゴドーを待ちながら (白水Uブックス)』や『ゴドーを待ちながら (ベスト・オブ・ベケット)』や『ユダヤ人 (岩波新書)』など安堂信也の全89作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ゴドーを待ちながら (白水Uブックス)

637
3.77

感想・レビュー

町田康の『ホサナ』って、メシアが来ないという点で、ベケットの『ゴドーを待ちながら』とおんなじところを目指しているんじゃないかと思い読み始めた。すごく似てい... もっと読む

ゴドーを待ちながら (ベスト・オブ・ベケット)

352
3.59

感想・レビュー

登場人物は主人公二人と通りすがりの二人、それから各幕の最後に登場する少年一人だけ。 主人公二人はひたすらゴドーを待ちますが、ゴドーが何者か、どうしてゴド... もっと読む

ユダヤ人 (岩波新書)

288
3.40
J‐P.サルトル 1956年1月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ジャン=ポール・サルトルの「ユダヤ人」問題論。欧米社会に根強いユダヤ人差別問題を真正面から捉えた論文である。 「ユダヤ人」という存在について、社会におけ... もっと読む

ゴドーを待ちながら (ベスト・オブ・ベケット)

270
3.83

感想・レビュー

この戯曲の舞台は田舎道。一本の木。二人の老いた男がゴドーを待っている。 何も起こらない1日が終わり、とうとうゴドーはやって来ない。 次の日も同じことを繰り... もっと読む

わらの女 【新版】 (創元推理文庫)

233
3.73

感想・レビュー

まずはストーリーの疾走感が素晴らしい。緩急をつけながらもツボを押さえたサスペンスの展開が読者を引き込みます。自分は中盤以降の展開に目が離せなくなり、一気に... もっと読む

モロイ

163
3.74

感想・レビュー

高校のとき読んだ。ベケットってことだけは覚えてた。 久々に読んでみた。 なんで当時はまらなかったのか謎。 ベケットの文章は中毒性が強い。 ... もっと読む

わらの女 (創元推理文庫 M ア 5-1)

85
3.57

感想・レビュー

億万長者の妻求む、という新聞の出会い欄の言葉につられて、富豪の老人と結婚し、あれよという間に陰謀に巻き込まれて破滅する女の物語。 捕まってからの絶望感が... もっと読む

サミュエル・ベケット短編小説集(新装復刊)

48
4.00

感想・レビュー

これを読むと「ゴドー待ち」はまだ大衆的なんだなという気がしてくる。不条理と脈絡の無さはまた別の物だということが私の中で浮き彫りになった。不条理から意味を引... もっと読む

勝負の終わり/クラップの最後のテープ (ベスト・オブ・ベケット)

47
3.64

感想・レビュー

[ 内容 ] ポストモダンな孤独とブラックユーモア。 ひきこもり男が暴君として振る舞う「勝負の終わり」、誕生日ごとに録音装置に入生を語る「クラップの最... もっと読む

演劇とその分身 (アントナン・アルトー著作集)

44
3.64

感想・レビュー

全5巻あの。全部買って読むほどのものじゃない思うお! もっと読む

授業・犀 (ベスト・オブ・イヨネスコ)

39
4.00

感想・レビュー

久々に読んでいて「なんじゃこりゃあ!?」と叫び出したくなる作品ばかりだった。 スミス夫妻がマーチン夫妻を招いて食事する会のはずが…?「禿の女歌手」 段々怪... もっと読む

しあわせな日々/芝居 (ベスト・オブ・ベケット)

39
3.71

感想・レビュー

腰から下が埋まり切ったウィニー、壺から顔だけ出している男女―後期ベケットの戯曲は登場人物が「動けない」「動かない」状況を逆手に取った、逆説的な言葉への確信... もっと読む

目には目を (創元推理文庫 140-5)

34
4.08

感想・レビュー

 カトリーヌ・アルレー(Catherine Arley)の推理小説第三作。原題はLe Talion 安堂信也訳。  青年実業家ジャンとその妻アガット、友人... もっと読む

初恋/メルシエとカミエ

30
3.89

感想・レビュー

こんなベケット知らない。一人称のセンチメンタルがかつてなく直接的な初恋も良いけど、『ゴドーを待ちながら』の習作でもあるメルシエとカミエがすっごい好きだ。時... もっと読む

犯罪は王侯の楽しみ (創元推理文庫)

24
3.43

感想・レビュー

あまり有名な本では無いようだけど、 友人から貰った本で、 6年間ほったらかしだった。 読んで見たら結構面白くて、 あっという間に読めました... もっと読む

21のアルレー (創元推理文庫 (140‐22))

22
4.00

感想・レビュー

表紙がハーレクイン・ロマンス調だけど、中身はスリルとサスペンス、SFなんでもありの短編小説です。どの作品もおもしろいです。 もっと読む

しあわせな日々・芝居 (ベスト・オブ・ベケット)

21
3.90

感想・レビュー

20世紀フランスを代表する劇作家、戯曲家サミュエル・ベケットの本。すごい良かった。でも現在の僕には、この本の良さを示す言葉を残念ながらまだ知らない。だから... もっと読む

幸福を奇数に賭けて (新潮文庫)

21
3.78

感想・レビュー

サガンの10作め。 (1978年に出版されている。) 我が家の本棚から行方不明です。 もっと読む

声・怖るべき親たち (ベスト・オブ・コクトー)

18
4.00

感想・レビュー

よくわかんない。台本風でなにがなんだか。解説もよくわからない。 もっと読む
全89アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×