安岡章太郎のおすすめランキング

プロフィール

安岡章太郎(1920年5月30日~2013年1月26日)小説家。高知県生まれ。1941年慶應義塾大学文学部予科入学、44年に陸軍に応召、満州へ送られるも胸部疾患で現役免除。戦後復学するが、脊椎カリエスを患い、48年英文科を卒業。51年、文壇デビュー作「ガラスの靴」が芥川賞候補となり、吉行淳之介、阿川弘之らとともに「第三の新人」と呼ばれる。53年、「悪い仲間」「陰気な愉しみ」により芥川賞受賞。60年、『海辺の光景』で野間文芸賞、67年、『幕が下りてから』で毎日出版文化賞、74年、『走れトマホーク』で読売文学賞、82年、『流離譚』で日本文学大賞、89年、『僕の昭和史』で二度目の野間文芸賞、91年、「伯父の墓地」で川端康成文学賞、96年、『果てもない道中記』で読売文学賞(随筆・紀行賞)、2000年、『鏡川』で大佛次郎賞等、数々の文学賞を受賞。2001年、文化功労者。

「2018年 『僕の昭和史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

安岡章太郎のおすすめランキングのアイテム一覧

安岡章太郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『海辺の光景 (新潮文庫)』や『〆切本2』や『質屋の女房 (新潮文庫)』など安岡章太郎の全296作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

海辺の光景 (新潮文庫)

342
3.47
安岡章太郎 2000年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

7篇からなる短編集ながら「海辺の光景」が半分。 精神に異常をきたして入院していた母の危篤の知らせを受け、信太郎は父とともに病院にかけつけます。 病... もっと読む

〆切本2

257
3.46
森鷗外 2017年10月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「何があっても、〆切は絶対にやって来る」 そんな真理を、教科書でお馴染みの文豪やその家族、平成の今をときめく売れっ子作家、一世を風靡した漫画家たち、はたま... もっと読む

質屋の女房 (新潮文庫)

203
3.52
安岡章太郎 1966年7月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

追悼・安岡章太郎、ということで、今年亡くなられた「第三の新人」安岡章太郎の短編集を。1953年芥川賞受賞作もおさめられています。もうどれも、ほんとうにおも... もっと読む

ガラスの靴・悪い仲間 (講談社文芸文庫)

176
3.35
安岡章太郎 1989年8月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自分は小説を読むのが好きですが、選り好みが激しいです。 たとえば、戦後の作家ですと、「第一次戦後派」「第二次戦後派」と呼ばれる作家たちは結構つまみ食いし... もっと読む

もうすぐ絶滅するという煙草について

80
3.30
芥川龍之介 2018年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

古今東西42人の作家によるタバコ論。喫煙家でも嫌煙家でもないが禁煙が広まることは歓迎。だがしかし愛煙家の理屈を超えた思考は理解しておくとよい。 もっと読む

酔っぱらい読本 (講談社文芸文庫)

59
4.08
丸谷才一 2012年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

夢屋書店伊勢崎、¥1365. もっと読む

アメリカ感情旅行 (岩波新書)

51
3.71
安岡章太郎 1962年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

とても面白かった。 昭和時代の日本人の常識のようなものが海外生活と照らし合しながら比較しているのが面白かった。 現在日本では当たり前となっているこ... もっと読む

第三の新人名作選 (講談社文芸文庫)

51
4.15
安岡章太郎 2011年8月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 吉行淳之介の「驟雨」とかの文章は全然頭に入ってこなくて、読み終わっても何が書いてあったかまったくわからない。昔、そういう失敗をしたので、二度目なので、ゆ... もっと読む

僕の昭和史 (新潮文庫)

27
3.33
安岡章太郎 2005年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

安岡章太郎さんは大好きな作家だ。これは安岡さん自身の昭和史で、すごい時代をにすごい生き方をしてきているんだけど、文章からはその辛さよりもユーモアを感じるこ... もっと読む

犬をえらばば (講談社文芸文庫)

24
4.00
安岡章太郎 2013年4月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

石坂洋次郎、坂口安吾、吉行淳之介、遠藤周作、江藤淳、近藤啓太郎らとの交流を「愛犬」を通して綴る、ユーモアと知性溢れるエッセイ。 「安岡、おまえはよっぽど... もっと読む

夕陽の河岸 (新潮文庫)

23
3.50
安岡章太郎 1994年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

★3.5のおまけで。 上手い作家の上手い文章、珠玉とはまさにこういうことなんでしょう。エッセイ的な感じではあるものの、そこを超えて「景色」を読者に喚起す... もっと読む

カーライルの家

21
3.00
安岡章太郎 2006年12月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 50年前に書かれた、『アメリカ感情旅行』が物凄く面白かったので、どんなものか、と他のも読んでみました。短編が2つですが、どちらも私には難しかったです。紀... もっと読む

走れトマホーク (講談社文芸文庫)

21
3.67
安岡章太郎 1988年6月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 簡潔で、かつ、正確に多くのことを物語る文章はやはり素晴らしく、シンプルなのに、まず真似は出来ないだろうなぁ、と感嘆してしまう。  特に心情の表現が素... もっと読む

流離譚 上 (講談社文芸文庫)

21
4.20
安岡章太郎 2000年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者の一族で東北に住む「安岡氏」との出会い。氏が東北弁を話すにも関わらず、安岡という自らの姓を名乗る際のみ土佐弁が残っているという感動的な場面。そして氏の... もっと読む

鏡川 (新潮文庫)

20
3.40
安岡章太郎 2004年4月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

作家・安岡の母方の親族の系譜。明治以降の時代と、人物の人間味(悩み、栄達・・・)など考えさせられ、しみじみとした感慨を感じます。家族・一族が希薄になった寂... もっと読む

1964年の東京オリンピック : 「世紀の祭典」はいかに書かれ、語られたか

20
3.00
三島由紀夫 2014年1月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東京オリンピック当時の文化人の新聞記事などを編集したもの。三島由紀夫の記事が最も多く五輪礼賛、熱い。 批判的な論を展開する人の気持ちも、またわかる。 もっと読む

幕が下りてから (講談社文芸文庫)

19
3.38
安岡章太郎 1990年12月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「海辺の光景」と同じテーマが、主人公を替えて書かれている。やはり出てくる父母と、友人の妻。周りのだらしない人物の書き方がこの人らしくて素晴らしい。自分の嫌... もっと読む

第三の新人―私の履歴書 (日経ビジネス人文庫)

19
3.33
安岡章太郎 2007年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

安岡 章太郎,,遠藤 周作,阿川 弘之の三人分を読む.遠藤周作のが圧倒的に面白い.灘中学での落ちこぼれぶりは、電車の中で読んでいて吹き出してしまった.慶応... もっと読む
全296アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする