安達忠夫のおすすめランキング

安達忠夫のおすすめランキングのアイテム一覧

安達忠夫のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『脳と音読 (講談社現代新書)』や『ミヒャエル・エンデ (講談社現代新書)』や『素読のすすめ (ちくま学芸文庫)』など安達忠夫の全14作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

脳と音読 (講談社現代新書)

138
3.35
川島隆太 2004年5月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

宮沢賢治の作品の朗読を聞いたのです。状況は一変しました。目を閉じて聴いている私の脳裏には、冬の東北の寒々としたしかし澄み切った荒野、そこにいる動物たち、彼... もっと読む

ミヒャエル・エンデ (講談社現代新書)

68
3.38

感想・レビュー

エンデについての著者の個人的な思いが溢れる本。なんとなくこのあとモモを読み返した。 もっと読む

素読のすすめ (ちくま学芸文庫)

45
3.50
安達忠夫 2017年11月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

漢詩の素読などは敷居が高いが、なんでもいいから朗読してみるということならやってみようという気になる。色々試して、経験を重ねてみよう。 もっと読む

感性をきたえる素読のすすめ―くりかえし声を出して古典を読むことの楽しさと価値

29
4.00

感想・レビュー

面白い。素読の重要性を説きます。 江戸時代には寺子屋があり 大戦前後の授業でも先生の素読による教育がありました。 しかし、今はそのような素... もっと読む

素読(そどく)のすすめ (講談社現代新書)

20
3.33

感想・レビュー

素読の大切さがわかりました。 もっと読む

アンデルセン (Century Books―人と思想)

7
3.00

感想・レビュー

2012年63冊目。 童話以外にも短編・長編小説や戯曲も作られてる方だとは知らなかった。 作品以上に、その作品を生み出すプロセスや着想の得方が気に... もっと読む

人と思想 190 アンデルセン

3
安達忠夫 2016年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アンデルセンはデンマーク語では「アナセン」。数の多い庶民的な苗字。 なぜか年長の支援家たちに好かれたようだが、コンプレックス、彼らからのプレッシャー、少な... もっと読む
全14アイテム中 1 - 14件を表示
ツイートする
×