安部龍太郎のおすすめランキング

プロフィール

安部 龍太郎(あべ りゅうたろう)
1955年、福岡県八女市(旧・黒木町)生まれの小説家。国立久留米工業高等専門学校機械工学科卒。本名は良法。
図書館司書を経て1990年『血の日本史』でデビュー。2004年『天馬、翔ける』で第11回中山義秀文学賞、2013年『等伯』で第148回直木賞、2016年『等伯』で第5回歴史時代作家クラブ賞実績功労賞をそれぞれ受賞。

安部龍太郎のおすすめランキングのアイテム一覧

安部龍太郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『等伯 〈上〉』や『等伯 〈下〉』や『等伯 上 (文春文庫)』など安部龍太郎の全246作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

等伯 〈上〉

877
3.93
安部龍太郎 2012年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

安土桃山時代の絵師・長谷川等伯を描いた小説。 直木賞を受賞したばかり。 読みやすく、ドラマチックで、面白いですよ! 長谷川信春(後の等伯)は、絵... もっと読む

等伯 〈下〉

702
4.12
安部龍太郎 2012年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第148回(2012年上半期)直木賞受賞作(「何者」と同時受賞)、後半。 画家の長谷川等伯の生涯を描いた力作です。 当時既に大きな流派となっていた... もっと読む

等伯 上 (文春文庫)

357
3.91
安部龍太郎 2015年9月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

澤田瞳子著『若冲』を読み終えた勢いで(?)、その絵についてその生涯についてとんと不案内ながら、同じく絵師の長谷川等伯が主人公の本書を読む。 絵師が主人公... もっと読む

等伯 下 (文春文庫)

301
4.16
安部龍太郎 2015年9月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

信長の時代が終わり、京都に居を構え、落ち着きを得たかと思われた等伯に、権勢を誇る狩野派がその前に立ちはだかる。 さらに、秀吉の忠臣石田三成が冷酷非情な権... もっと読む

下天を謀る〈上〉 (新潮文庫)

186
3.71
安部龍太郎 2013年4月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

真偽は別として物語としては面白かった。 もっと読む

信長燃ゆ〈上〉 (新潮文庫)

179
3.79
安部龍太郎 2004年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

織田信長は本能寺の変で亡くなりましたが、この本は、その時に仕えていた小姓で生き延びることができた唯一の小姓の立場で書かれた本です。 二分冊の上巻では... もっと読む

下天を謀る〈下〉 (新潮文庫)

156
3.76
安部龍太郎 2013年4月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本作の藤堂高虎…巨体を揺す振って槍を振るう荒武者であり、独特な構想力で城の縄張りを立案し、建設時の技術的難しさを克服するアイディアを出し、配下の甲賀・伊賀... もっと読む

血の日本史 (新潮文庫)

142
3.67
安部龍太郎 1993年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

歴史の勉強になりました。 各章、読んだ後にwikipediaで復習しながら。 官能表現がなければ子供にも勧められるのですが…。 もっと読む

信長はなぜ葬られたのか 世界史の中の本能寺の変 (幻冬舎新書)

142
3.36
安部龍太郎 2018年7月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「本能寺の変は朝廷と室町幕府の復権を果たそうとする勢力が光秀を動かして起こしたもので、その黒幕は時の大政大臣近衛前久だと思う」と言うのが安倍龍太郎氏の主張... もっと読む

信長燃ゆ〈下〉 (新潮文庫)

139
3.91
安部龍太郎 2004年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

安部龍太郎氏の小説をはじめて読みました、信長燃ゆ、下巻です。武田家が滅亡するところを、武田の視点から書かれていて興味深くよめました。 この本を読むこ... もっと読む

冬を待つ城

132
3.89
安部龍太郎 2014年10月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦国時代最後の武将と言っていいでしょう。九戸政実の乱を描いたものです。 実際のところは、どうなのかはわかりませんが、秦氏とユダヤ王族の関係に由来する南部の... もっと読む

レオン氏郷(うじさと)

119
3.49
安部龍太郎 2012年8月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

キリシタン大名の蒲生氏郷の小説。高山右近と並んでキリシタン大名として有名なのだとか。しかし右近が二代目クリスチャンなのに対し、氏郷は一代目。右近が洗礼名を... もっと読む

風の如く 水の如く (集英社文庫)

107
3.65
安部龍太郎 2013年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

黒田如水の密書をめぐり、本多正純が各大名へ訊問する形で話が進んでゆく。 しかし、関ヶ原の前あるいは後と場面が錯綜し、読者もまま惑わされてしまう。 関ヶ... もっと読む

生きて候(上) (集英社文庫)

96
3.67
安部龍太郎 2006年1月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本多正信の子息、故あって倉橋家の養子となった武辺者、政重。親友戸田蔵人のために仇討ちを果たし、徳川家を出奔。前田利家の依頼で弘安の役の状況を視察しに朝鮮に... もっと読む

神の島 沖ノ島

93
3.62
藤原新也 2013年5月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

沖ノ島の写真集。写真家 藤原新也の写真に歴史作家 安部龍太郎が文章を載せている。沖ノ島は宗像大社の一部であって神聖な場所であることは知っていたが、実際にど... もっと読む

家康 (一)自立篇

93
3.96
安部龍太郎 2016年12月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今川の人質から脱する桶狭間前の頃から、三方ヶ原の戦いまでの「自立編」。家康ファンではないけど、阿部龍太郎にかかると、家康がいいやつに思えてくる。正直、国営... もっと読む

関ケ原連判状〈上巻〉 (新潮文庫)

91
3.80
安部龍太郎 1999年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

古今伝授のお話が読みたくて手に取った。戦国時代は難しい。 2018/1/8 もっと読む

運命の剣 のきばしら (PHP文庫)

87
3.55
中村隆資 1999年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

7人の手によるリレー小説。「のきばしら」と名付けられた名刀が打たれた鎌倉末期から太平洋戦争終戦までの時代と、剣を握った人々が描かれています。 とても... もっと読む

風の如く 水の如く (集英社文庫)

83
3.73
安部龍太郎 1999年3月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

黒田如水が、関が原の戦いの前夜に、家康・三成ともう一つの勢力を作りつつも、家康の智謀に負けてしまったという関が原外伝というべき著書である。 推理小説... もっと読む

関ヶ原連判状 上巻 (集英社文庫)

83
3.38
安部龍太郎 2011年3月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

足利の亡霊…本来であれば将軍職ことに着くこともできたはずなのかもしれない細川幽斎。ただ本当の説なのかは知るはずもない。武人と呼べずに文人の足掻きとはどうも... もっと読む
全246アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする