宮下奈都のおすすめランキング

プロフィール

宮下 奈都(みやした なつ)
1967年福井県生まれ。上智大学卒業。2004年、「静かな雨」で文學界新人賞に入選し、デビュー。日常に起こる感情の揺れを繊細で瑞々しい筆致で描きだす作品で知られる。『スコーレNO.4』が書店員から熱烈な支持を集め、注目を浴びる。
代表作に、2016年本屋大賞、ブランチブックアワード2015大賞、「キノベス!2016」などを受賞した『羊と鋼の森』があり、2018年6月に映画公開される。ほか、福井からトムラウシに移り住んでいた頃の日々や、本屋大賞受賞のエピソードなどを集めたエッセイ集、『神さまたちの遊ぶ庭』がある。

宮下奈都の関連サイト

宮下奈都のおすすめランキングのアイテム一覧

宮下奈都のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『羊と鋼の森』や『羊と鋼の森 (文春文庫)』や『太陽のパスタ、豆のスープ (集英社文庫)』など宮下奈都の全120作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

羊と鋼の森

6732
3.93
宮下奈都 2015年9月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

冒頭──────  森の匂いがした。秋の、夜に近い時間の森。風が木々を揺らし、ざわざわと葉の鳴る音がする。夜になりかける時間の、森の匂い。  問題は、... もっと読む

羊と鋼の森 (文春文庫)

2919
4.01
宮下奈都 2018年2月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

森の匂い。夜になりかける時間の、森の匂い。それは黒いピアノの蓋の開いた森から流れでます。 ぽつん、ぽつん、と単発だったピアノの音が、走って、からまって。... もっと読む

太陽のパスタ、豆のスープ (集英社文庫)

2811
3.44
宮下奈都 2013年1月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自分は一度挫折した人間が そこから這い上がる過程を描いた話に滅法弱い(笑) つまり再生の話だ。 長年生きていれば 挫折や失望、裏切りな... もっと読む

スコーレNo.4 (光文社文庫)

1883
3.89
宮下奈都 2009年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

父親の営む古道具屋に生まれ育った中学一年生の少女・麻子は 一年違いの妹と、小学生になったばかりの妹がいる三姉妹の長女なのだけれど 一歳違いの妹とはつい... もっと読む

誰かが足りない

1690
3.29
宮下奈都 2011年10月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どこか懐かしい雰囲気のテーブルと椅子を 温かい光が照らす、素敵な表紙写真。 そんなイメージそのままの 素晴らしくおいしい料理と、感じのいいもてな... もっと読む

太陽のパスタ、豆のスープ

1192
3.68
宮下奈都 2010年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2歳の娘が台所で鍋に耳をかたむけている。 「おとうちゃん、なんかぷつぷつ言いようよぉ」 研いだ米が水を吸う音を聞いているのだ。 この音に最初に気... もっと読む

Re-born はじまりの一歩 (実業之日本社文庫)

1130
3.19
伊坂幸太郎 2010年12月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

図書館で。アンソロジーってあまり合わないなぁ。 読んでいてどれがどのお話だったか結構こんがらがってしまいました。残り全部バケーションは長編で読んだなぁ。... もっと読む

Re-born はじまりの一歩

1000
3.27
伊坂幸太郎 2008年3月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

身近にありそうだけど実際には起きないだろうなという題材の短編集。 もっと読む

神さまたちの遊ぶ庭

903
4.14
宮下奈都 2015年1月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

福井在住の宮下さん一家が一年だけ暮らす事になった北海道の小さな集落トムラウシ。自然に囲まれ、スーパーなどなく、テレビも映らず、全員が顔見知りという陸の孤島... もっと読む

静かな雨

845
3.50
宮下奈都 2016年12月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

デビューのきっかけとなった、宮下さんの原点ともいえる作品。 どこか痛いものを抱えて生きる人同士の優しいかかわりを描く、宮下世界がもう構築されている。 ... もっと読む

よろこびの歌 (実業之日本社文庫)

754
3.85
宮下奈都 2012年10月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「終わらない歌」を先に読んでしまい、その前作のこちらをやっと読めました。 この本の一章めにあたる短編の「よろこびの歌」は読んでいたのですが。 あの... もっと読む

本をめぐる物語 一冊の扉 (角川文庫)

709
3.30
中田永一 2014年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本をめぐる物語…書き手であったり、読み手であったり、編集校閲であったり、様々な立場からの本をめぐる物語。前回読んだ「栞は夢を見る」よりも、こちらの作家陣の... もっと読む

つむじダブル

689
3.40
小路幸也 2012年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

宮下奈都さんと小路幸也さんが合作した本が出ると知って 「きゃー、aikoと秦基博がコラボするみたいな、その豪華さ♪」と わくわくしながら待ち構えていた... もっと読む

メロディ・フェア (文芸)

653
3.41
宮下奈都 2011年1月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大学を出て故郷に戻り、化粧品会社のカウンターで働き始める結乃。デパートではなく、郊外のショッピングモールに配属となる。希望とは異なる勤務先に残念な気持ちを... もっと読む

よろこびの歌

619
3.81
宮下奈都 2009年10月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いやはや、なんと胸を打つ物語か。 自分も20年以上音楽をやってきたので どうしようもなく心揺さぶられてしまった( >_<) いびつで  い... もっと読む

田舎の紳士服店のモデルの妻

618
3.32
宮下奈都 2010年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

過去2作しか読んだことないけれど、この作家さんとは微妙に会わないのかもと思っていた。 だが、この本を読んでひっくり返った!あまりにも共感する部分が多すぎ... もっと読む

([ん]1-6)3時のおやつ (ポプラ文庫)

616
3.46
壁井ユカコ 2014年10月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

それにしても『三時のおやつ』とは なんと甘美な響きなんだろう。 生まれた時からコンビニがある今の若い人にはピンとこないだろうけど、 僕が子供だっ... もっと読む

誰かが足りない (双葉文庫)

585
3.37
宮下奈都 2014年10月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何かをなくした人々が一歩を踏み出す…そんなお話。6話の短編集。 6話共「ハライ」というレストランに10月31日の6時に予約を入れるが、実際ハライに関する... もっと読む

たった、それだけ (双葉文庫)

571
3.75
宮下奈都 2017年1月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「逃げ切って」。贈賄の罪が発覚する前に、望月正幸を浮気相手の女性社員が逃す。告発するのは自分だというのに…。正幸が失踪して、残された妻、ひとり娘、姉にたち... もっと読む

スコーレNo.4

563
3.74
宮下奈都 2007年1月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

メロディ・フェアでも思ったけれど、 主人公が職場(今回なら靴屋)での在り方を見つけていく部分が優しくて暖かくてすき。 逆に最後の章の恋愛部分はただ流さ... もっと読む
全120アイテム中 1 - 20件を表示

宮下奈都に関連する談話室の質問

ツイートする