宮城谷昌光のおすすめランキング

プロフィール

1945(昭和20)年、愛知県蒲郡市生れ。早稲田大学文学部卒業。出版社勤務のかたわら立原正秋に師事し、創作を始める。91(平成3)年『天空の舟』で新田次郎文学賞、『夏姫春秋』で直木賞を受賞。94年、『重耳』で芸術選奨文部大臣賞、2000年、第三回司馬遼太郎賞、01年『子産』で吉川英治文学賞、04年菊池寛賞を受賞。同年『宮城谷昌光全集』全21巻(文藝春秋)が完結した。他の著書に『奇貨居くべし』『三国志』『呉越春秋 湖底の城』など多数。また『風は山河より』など日本の歴史に題材をとった作品もある。

宮城谷昌光のおすすめランキングのアイテム一覧

宮城谷昌光のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『太公望〈上〉 (文春文庫)』や『楽毅〈1〉 (新潮文庫)』や『孟嘗君(1) (講談社文庫)』など宮城谷昌光の全524作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

太公望〈上〉 (文春文庫)

906
3.97
宮城谷昌光 2001年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

太公望ってかなり昔の人物であるため、残っている情報は少ないと思うんだけど、その残された事実を上手く活用して、よくもまぁ、ここまで豊潤な物語をくみ上げている... もっと読む

楽毅〈1〉 (新潮文庫)

852
4.01
宮城谷昌光 2002年3月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中国の楽毅という武将のお話。男らしく賢く生きるエッセンスみたいなものを感じる作品。楽毅の言葉がカッコイイ。 もっと読む

孟嘗君(1) (講談社文庫)

839
4.07
宮城谷昌光 1998年9月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

古代中国を書かせたら右に出るものはいないと思われる、宮城谷昌光氏の作品群の中でも最もエンターテイメント的に成功していると思われる今作!! 表題の、孟... もっと読む

晏子〈第1巻〉 (新潮文庫)

693
4.02
宮城谷昌光 1997年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前520年頃。晏嬰(あんえい)とその父晏弱(あんじゃく)の物語。斉の名宰相と呼ばれた晏嬰。史記の著者である司馬遷も彼を尊敬していたそうです。 晏嬰は,父... もっと読む

重耳(上) (講談社文庫)

683
3.94
宮城谷昌光 1996年9月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中国歴史小説です。 重耳(ちょうじ)は春秋時代の覇者である晋の英雄で、 死んだ後は文公と呼ばれた実在の人物です。 後半は、重耳の19年間に及ぶ苦難... もっと読む

太公望〈下〉 (文春文庫)

662
3.95
宮城谷昌光 2001年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

氏の小説には、白川静氏の本を併読すると、より味わい深いものとなる。羌族について、漢字の面白さについて、中国の古代文化とそれに通ずる現代について、色々と考え... もっと読む

太公望〈中〉 (文春文庫)

653
3.90
宮城谷昌光 2001年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上中下の中でこの中が一番面白い。 話が急激に進む展開ではないけれど、読んでいて一番学びや納得できる箇所が多かった。思わず云々と唸って読んでしまった。 もっと読む

楽毅〈2〉 (新潮文庫)

592
3.96
宮城谷昌光 2002年3月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

愚昧な中山王に愛想をつかしつつ、それでも殉じるべきかいなかを自身に問いながら、趙の猛攻と対峙する楽毅。なかなかにツライ。続いて三巻へ。 もっと読む

孟嘗君(2) (講談社文庫)

585
4.04
宮城谷昌光 1998年9月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第二巻にて風洪は剣を捨て、白圭なる商人に変化せり。嘗て世話になりし斉巨が暗殺され、子の斉召による仇討ちに加担す。また、兵法にて著名なる孫臏は臏刑に処せられ... もっと読む

楽毅〈3〉 (新潮文庫)

585
3.94
宮城谷昌光 2002年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

わずかに残った領土を守りながら趙に対して戦い続ける楽毅。最後は王尚の決断により中山国は滅亡。楽毅は下野。趙国内も王家の兄弟争いにより不穏。楽毅の行く末は…... もっと読む

楽毅〈4〉 (新潮文庫)

570
4.02
宮城谷昌光 2002年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

流浪の身であった楽毅を燕の昭王が三顧之礼で迎え入れ、歴史に残る斉との戦いへ。全四巻通しての感想は、資料の少ない中、楽毅がちゃんと息をしていて、宮城谷さんは... もっと読む

管仲〈上〉 (文春文庫)

553
3.79
宮城谷昌光 2006年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【状態】 貸出中(予約0) 【内容紹介】 「管鮑の交わり」で知られる春秋時代の宰相・管仲と鮑叔。二人は若き日に周の都で出会い、互いの異なる性格を... もっと読む

孟嘗君(3) (講談社文庫)

548
4.06
宮城谷昌光 1998年9月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

盛り上がってきました。 もっと読む

三国志〈第1巻〉 (文春文庫)

538
3.72
宮城谷昌光 2008年10月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これは新しい三国志だ。本当に三国志を知ろうとすれば、後漢王朝が何であったのかを知悉する必要がある。曹操の祖父、曹騰もそんな時代の人であり、混乱、衰退する王... もっと読む

孟嘗君(4) (講談社文庫)

536
4.04
宮城谷昌光 1998年10月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

はなしがこみいってきた。 もっと読む

夏姫春秋(上) (講談社文庫)

535
3.49
宮城谷昌光 1995年9月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あらすじを書くと夏姫は傾国の美女という印象だが、むしろ人形のように強い意志を持たず、運命に流されて行く女性として描かれる。 題は夏姫春秋だが、主人公は... もっと読む

孟嘗君(5) (講談社文庫)

535
4.05
宮城谷昌光 1998年10月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

孟嘗君は食客に恵まれ、人に恵まれた。斉、魏、秦の宰相として大きな力をふるったのは人生の中年を過ぎた頃、と大器晩成の宰相として本当に人から評価されるようにな... もっと読む

重耳(下) (講談社文庫)

495
3.88
宮城谷昌光 1996年9月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

申生に現実的な大局観が、重耳に頭脳が、夷吾に仁の心があれば、それぞれ名君になると思えるほど、重耳は凡庸に見える。しかし『のぼうさま』と同じく、凡庸に見える... もっと読む

沈黙の王 (文春文庫)

494
3.69
宮城谷昌光 1995年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「沈黙の王」「地中の火」はそれぞれ文字の発明・弓矢を発明した部族の物語。はるか古代を舞台にしており、伝奇的なせいかどこか 中島敦を思わせる雰囲気がある。... もっと読む

晏子〈第2巻〉 (新潮文庫)

483
3.99
宮城谷昌光 1997年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

将軍としての晏弱による莱攻略が主。それから、晏嬰が世間に鮮烈な形で登場する。そして、物語からの晏弱の退場。引き続き三巻へ。 もっと読む
全524アイテム中 1 - 20件を表示

宮城谷昌光に関連する談話室の質問

ツイートする