宮子あずさのおすすめランキング

プロフィール

1963年、東京都に生まれる。1983年、明治大学文学部中退。1987年、東京厚生年金看護専門学校卒業。2000年に父、2012年に母を見送った。母は女性評論家の吉武輝子。1987年から2009年まで東京厚生年金病院に勤務し、内科、精神科、緩和ケアなどを経験。看護師長も7年つとめた。勤務のかたわら大学通信教育で学ぶ。2013年、東京女子医科大学大学院博士後期課程修了。博士(看護学)。現在は精神科病院で訪問看護に従事するかたわら、大学非常勤講師、執筆活動をおこなう。
著書には『看護師という生き方』(ちくまプリマー新書)、『訪問看護師が見つめた人間が老いて死ぬということ』(海竜社)などがある。

「2016年 『両親の送り方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮子あずさのおすすめランキングのアイテム一覧

宮子あずさのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『看護婦が見つめた人間が死ぬということ (講談社文庫)』や『看護師という生き方 (ちくまプリマー新書)』や『看護婦が見つめた人間が病むということ (講談社文庫)』など宮子あずさの全72作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

看護婦が見つめた人間が死ぬということ (講談社文庫)

198
3.51
宮子あずさ 1998年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

現役の看護師がその臨床体験から見た「人間が死ぬ」というのは一体どういうことであるかを実に生々しく記されております。病院というところは人間の四苦―生・老・病... もっと読む

看護師という生き方 (ちくまプリマー新書)

135
3.54
宮子あずさ 2013年9月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

看護師歴26年の著者が、これから看護師をめざす人におくる1冊。 やっぱり、特別な職業なのだと思う。「看護師っぽい人生を必ず身につける」ことになるのだそう... もっと読む

看護婦が見つめた人間が病むということ (講談社文庫)

111
3.89
宮子あずさ 2008年12月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ベテランの看護師が人間の真の姿を見つめたエッセイ集。『看護婦が見つめた人間が死ぬということ』の続編です。病を持った人間が自分と向き合うこと、そして看護師の... もっと読む

看護婦だからできること (集英社文庫)

68
3.50
宮子あずさ 1999年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

看護を学びだして5年目、看護師としてかけだして2年目の私ですけど、看護師になろうと思ったとき初めて読んだ本です。今でも大切に本棚に並んでいます。1.2.3... もっと読む

社会人大学院生のススメ―働きながら、子育てしながら博士・修士

54
3.60
稲垣諭 2012年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 いきなり学歴のぶっちゃけ話から始まるかなりの良書。社会人にはなったものの、何かものたりねぇ! 大学院なんてどないやろ? と思って手にとって読んで見たのだ... もっと読む

ナースな言葉 (集英社文庫)

43
3.40
宮子あずさ 2005年10月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ナースの業界用語とか いろんなことが 面白かった もっと読む

ナースコール (講談社文庫)

37
3.57
宮子あずさ 2010年12月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「死によって、大切なものから引き離されるのは、悲しい。でも、それ以上に悲しいのは 大切にしたいものを持てないことでしょう」 もっと読む

こんな私が看護婦してる (集英社文庫)

36
3.85
宮子あずさ 1996年7月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本を手に取ったのは、私が看護師になって二年目の時でした。幼少の頃、“看護婦さん”に憧れはあったものの高校生の頃は教師になりたいという希望を持って勉強し... もっと読む

気持ちのいい看護 (シリーズ ケアをひらく)

34
3.80
宮子あずさ 2000年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

摂南大学図書館OPACへ⇒ https://opac2.lib.setsunan.ac.jp/webopac/BB99365837 もっと読む

訪問看護師が見つめた人間が老いて死ぬということ

32
3.15
宮子あずさ 2015年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2階開架書架:WY115/MIY:3410164101 https://opac.lib.kagawa-u.ac.jp/webopac/BB5028122... もっと読む

人生に必要なことはぜんぶ看護に学んだ―宮子あずさのサイキア・トリップ

19
3.33
宮子あずさ 2007年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

三葛館看護 N049||MI 著者が雑誌「精神看護」に連載しているコラムの10年分を1冊にまとめたもの。9年間勤めた内科から異動になった精神科での体... もっと読む

ナース主義! (集英社文庫)

19
3.20
宮子あずさ 2007年9月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2014-27 この方は本当に看護師という仕事が好きなんだろうな。 もっと読む

看護婦が見つめた人間が死ぬということ

17
3.80

感想・レビュー

もう一歩深みが欲しい気がしたけど、逆にこれが現実の看護師さんの日常なのだろうか。 もっと読む

看護婦だからできること〈3〉

15
3.38
宮子あずさ 2004年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

内容の幅がいまいち もっと読む

両親の送り方 ―死にゆく親とどうつきあうか

15
3.83
宮子あずさ 2016年8月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

先日読んだ同じテーマで同じ作者さんの二十年後の著書。にじゅうねんごもまだまだ現役。私が知りたいことはあと二十年後かな。まにあうかな~www もっと読む

内科病棟24時―生命を愛する看護婦たちの物語 (講談社文庫)

14
3.00

感想・レビュー

作者の意図としては小説らしいのだけど。どう読んでもノンフィクション。 もっと読む
全72アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×