宮本輝のおすすめランキング

プロフィール

宮本 輝(みやもと てる)
1947年、兵庫県神戸市生まれ。1977年『泥の河』で、第13回太宰治賞を受賞してデビュー。1978年『螢川』で第78回芥川賞を受賞。『優駿』で吉川英治文学賞、1987年初代JRA賞馬事文化賞、2009年『骸骨ビルの庭』で第12回司馬遼太郎賞を受賞。2010年、紫綬褒章受章。
主な代表作として、2018年に完結した自伝的小説『流転の海』シリーズ作のほか、『蛍川』、『優駿』、『彗星物語』がある。

宮本輝のおすすめランキングのアイテム一覧

宮本輝のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『錦繍(きんしゅう) (新潮文庫)』や『螢川・泥の河 (新潮文庫)』や『新装版 青が散る (上) (文春文庫)』など宮本輝の全555作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

錦繍(きんしゅう) (新潮文庫)

4624
3.82
宮本輝 1985年5月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

秋になって紅葉し始めたら読もうと思ってました。 ある事件がきっかけで、よく話し合わないまま別れてしまった元夫婦が、偶然に再会したことで始まった手紙の... もっと読む

螢川・泥の河 (新潮文庫)

2626
3.70
宮本輝 1994年11月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

うまく言葉にできないのですが、宮本輝という人は「生きてきた」人なんだなと、すごく思いました。人間って、幼い頃は世界と未分化で、それこそ河とか虫とか田畑とか... もっと読む

新装版 青が散る (上) (文春文庫)

1554
3.86
宮本輝 2007年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

テニスに明け暮れるというイメージで読み始めた所、主人公が父親の仕事の経営から大学への入学をどうするべきだろうと悩み立ちすくんでいた。似たように赤いレインコ... もっと読む

流転の海 第1部 (新潮文庫)

1493
3.84
宮本輝 1990年4月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1982年に開始したこの「流転の海」シリーズが、2018年6月の第九部「野の春」をもって完結したということが話題となった。宮本氏も、この37年間に及ぶ大河... もっと読む

優駿(上) (新潮文庫)

1322
3.96
宮本輝 1989年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1987年吉川英治文学賞受賞 運命と共に生れ落ちた漆黒の馬オラシオンを巡る4人の視点での作品。 宮本輝作品で、この作品を推さずにおくことは中々難しい。... もっと読む

新装版 青が散る (下) (文春文庫)

1196
3.93
宮本輝 2007年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これは青いです。 こんな多感な大学時代をすごせただろうか? 大学ってとても特殊な環境であるし、体力と時間と好奇心の総量がMAXの時期だろう。 ここで何を体... もっと読む

優駿(下) (新潮文庫)

1104
4.00
宮本輝 1989年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

競馬ファンにとっては必読 もっと読む

ドナウの旅人(上) (新潮文庫)

1098
3.62
宮本輝 1988年6月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

母が突然ドイツに旅立った。 追いかけてみると17歳も年下の男と一緒。 娘としては衝撃の事実。 別れたドイツ人の青年とよりを戻し、母を追いかける。 お話の... もっと読む

新装版 星々の悲しみ (文春文庫)

1011
3.81
宮本輝 2008年8月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ずっと昔に読んで印象が良かったので再読。やはり独特の余韻があり、私の感性にフィットする感じがする。 作者の死生観と、それを情景に描き出す巧みさが光っている... もっと読む

幻の光 (新潮文庫)

993
3.51

感想・レビュー

「幻の光」を読んで。 生と死の狭間、幸せと不幸せの狭間。狭間でたゆたう女性としての性に哀しくも美しいものを感じました。しかもそれは逞しくて。 女性には... もっと読む

彗星物語 (文春文庫)

952
3.79
宮本輝 1998年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

僕は犬を飼っています。 名前はモクといいます。木曜日に拾ったからです。 そんなモクも中1の冬にうちに来て、もう10年が経ちました。 何度か病気し... もっと読む

私たちが好きだったこと (新潮文庫)

952
3.31
宮本輝 1998年11月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

毎日私たち個人は、色んな悩みや喜びに一喜一憂して、熱量を持って生きているのに、私たち個人をすぐそこに取り巻く大自然(宇宙)は、そんなちっぽけなドラマからは... もっと読む

ドナウの旅人(下) (新潮文庫)

922
3.61
宮本輝 1988年6月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ドナウ河に沿った旅もいよいよ終着。 道中様々な人と出会い別れる。 そして突然の死。 道雄は人生をやり直すことができるのか。 麻沙子はシギイと国境を越えた... もっと読む

青が散る (文春文庫)

920
3.75

感想・レビュー

自由で潔癖な若者たちの姿! 何度も読んだ本のひとつ 「もう二度と、私の講義を無断で休んだりせんと誓うか。誓えるならこの珈琲を飲みなさい。... もっと読む

流転の海 第2部 地の星 (新潮文庫)

919
3.86
宮本輝 1996年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 体の弱い妻と息子のために大阪での商売をやめ、神戸御影の家も売り払って、故郷愛媛の南宇和へ帰ってきた熊吾。ここでも存在感あるキャラを発揮する。暴れ牛ややく... もっと読む

五千回の生死 (新潮文庫)

901
3.56
宮本輝 1990年4月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

たまらんものがある もっと読む

流転の海 第3部 血脈の火 (新潮文庫)

818
3.84
宮本輝 1999年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

破茶目茶な男、熊吾 私も彼に洗脳されたか 面白く読んだ でも 他の登場人物の話が面白いのだこの先どう進展していくのか?この小説の主人公は誰なのか?どう纏... もっと読む

夢見通りの人々 (新潮文庫)

789
3.45
宮本輝 1989年4月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大阪の商店街、夢見通りで起こる10個の出来事。 まるで、昭和のホームドラマをテレビで観てるような感覚。 一応、主人公は詩人を目指す春太。良い人なん... もっと読む

道頓堀川 (新潮文庫)

769
3.63
宮本輝 1994年12月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

やっぱり、昔のいい本は、いい。こういう大阪ミナミの話好き。 もっと読む

避暑地の猫 (講談社文庫)

731
3.40

感想・レビュー

宮本輝、今さらですが初めて読みました。 何故今まで読まなかったのだろうと後悔しました。 大好きです◎ 軽井沢の別荘地、霧に包まれた朝、そこで起こ... もっと読む
全555アイテム中 1 - 20件を表示

宮本輝の関連サイト

宮本輝に関連する談話室の質問

ツイートする