宮本輝のおすすめランキング

プロフィール

1947年兵庫生まれ。追手門学院大学文学部卒。「泥の河」で第13回太宰治賞を受賞し、デビュー。「蛍川」で第78回芥川龍之介賞、「優俊」で吉川英治文学賞を、歴代最年少で受賞する。以後「花の降る午後」「草原の椅子」など、数々の作品を執筆する傍ら、芥川賞の選考委員も務める。2000年には紫綬勲章を受章。

「2018年 『螢川』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮本輝のおすすめランキングのアイテム一覧

宮本輝のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『錦繍(きんしゅう) (新潮文庫)』や『螢川・泥の河 (新潮文庫)』や『流転の海 第1部 (新潮文庫)』など宮本輝の全631作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

錦繍(きんしゅう) (新潮文庫)

7015
3.84
宮本輝 1985年5月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

宮本輝の代表作。 全編書簡体の作品。 過去から現在、未来へとお互いに筆を走らせ、気持ちの揺らぎや変化を綴っている。 もっと読む

螢川・泥の河 (新潮文庫)

3622
3.73
宮本輝 1994年11月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『泥の河』では高度経済成長期間近の大阪の雰囲気を感じることができる。 小学生や中校生といった多感な時期特有の葛藤を2作品では見事に表現されていると感じた。... もっと読む

流転の海 第1部 (新潮文庫)

2230
3.87
宮本輝 1990年4月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんとも言えない。簡単な成長物語としてのビルドゥングスロマンではなし、時代小説のようなものでもなし、ましてやエンターテイメントでもなし。人間が剥き出しに描... もっと読む

新装版 青が散る (上) (文春文庫) (文春文庫 み 3-22)

2049
3.86
宮本輝 2007年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

燎平、金子、安斎、貝谷……。個性的な大学生たちの、ゆるゆるとしながらも熱く、懸命に生きる、どこかノスタルジックな青春の日々。 青春っていいなと漠然と思いま... もっと読む

優駿(上) (新潮文庫)

1795
3.98
宮本輝 1989年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「共感」に過剰な価値を置かれる雰囲気がある昨今。 「そうそう、私も!」「誰にでもそういうところはあるよね」 異質なもの、未知の世界にも自分の心を揺... もっと読む

新装版 青が散る (下) (文春文庫) (文春文庫 み 3-23)

1583
3.95
宮本輝 2007年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み終わって、もうこの登場人物たちとは会えないのかと思うと寂しくなる、そう思わせる読後感を与える物語こそ、最高の作品だと思う。 大学4年間はあっという間だ... もっと読む

優駿(下) (新潮文庫)

1507
4.03
宮本輝 1989年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

改めて宮本輝さんの筆の巧みさにうっとり。日本語が美しく、心地よい。 「頑張れば努力は報われる」、「夢はかなう」など、尤もらしい定説など一蹴してくれる... もっと読む

ドナウの旅人(上) (新潮文庫)

1438
3.63
宮本輝 1988年6月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私も10年前、ニュルンベルクから、レーゲンスブルク、パッサウ、そしてウィーンへとドナウ川に沿って旅をしたことがあり、この物語の主人公達が旅するのと全く同じ... もっと読む

新装版 星々の悲しみ (文春文庫) (文春文庫 み 3-24)

1376
3.79
宮本輝 2008年8月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2015年の文春文庫青春フェアの限定カバーがとてもかっこよくて、普段なら読まないと思われる作家だが購入してしまった。 かくたみほさんという方の写真が表紙... もっと読む

流転の海 第2部 地の星 (新潮文庫)

1361
3.91
宮本輝 1996年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

男と女みんなスケベ。スケベに始まりスケベで終わる。スケベが人生を狂わせる、そんなスケベ劇場に心震えます。人類が誕生してから何一つ変わってないんでしょうね。... もっと読む

幻の光 (新潮文庫)

1304
3.54

感想・レビュー

短編4作品。当時30代の宮本輝さん、凄いな。 移ろいゆく儚さ全開なのに、仄かな温かい光が感じられる。表題の「幻の光」が言い得て妙。 宮本さん作品に... もっと読む

彗星物語 (文春文庫 み 3-13)

1225
3.82
宮本輝 1998年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

盛り込みすぎの感。 もっと読む

流転の海 第3部 血脈の火 (新潮文庫)

1222
3.90
宮本輝 1999年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

やはりスケベ。スケベが歴史を作る。そんな世界観がサイコー 所々に松坂熊吾のいいセリフがあるんですよ。 これ、今のビジネスにも使える良い台詞。そしてやっぱ... もっと読む

私たちが好きだったこと (新潮文庫)

1219
3.33
宮本輝 1998年11月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

学生の時以来、2回目。 ハッピーエンドではないのに、読了後に清々しい気分にさせてくれる。自分で信じた道を、無理せず歩いて行こうと思えた。 もっと読む

ドナウの旅人(下) (新潮文庫)

1191
3.63
宮本輝 1988年6月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

遂にドイツから始まったドナウの旅が終わった・・・という感じで、上巻から始まり、すごくはまりました! 今では自由に往き来できるヨーロッパの国々も、この... もっと読む

五千回の生死 (新潮文庫)

1148
3.59
宮本輝 1990年4月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

月並みな表現だが「生きる」と「死ぬ」がすぐ隣り合わせに存在しているという抗えない現実。 成熟社会は合理性・簡便性・情報の透明化を優先しているが、人間... もっと読む

夢見通りの人々 (新潮文庫)

1115
3.52
宮本輝 1989年4月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ある商店街に部屋を借りた青年が、そこで繰り広げられる人々の裏事情に出会う。お店の数だけ、ひとの数だけドラマがあるのだな。 もっと読む

流転の海 第4部 天の夜曲 (新潮文庫)

1092
3.87
宮本輝 2005年3月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自尊心より大切なものを見つける。 自分で実際に見聞きしたものだけを信じる。 心根の腐るような言動はしない。 何が起きても、大したことはない。 主人公から我... もっと読む

草花たちの静かな誓い (集英社文庫)

1070
3.69
宮本輝 2020年1月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ナツイチ2020、の一冊。 小説を読むことの楽しさ喜びを味わえた作品だった。 叔母の莫大な遺産を相続することになった主人公が、実は叔母には行方不明になっ... もっと読む

道頓堀川 (新潮文庫)

1062
3.65
宮本輝 1994年12月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦後間もない頃の昭和、大阪という土地柄を色濃く感じました。 道頓堀川の濁りのように、一人一人の人生にも何かしらの濁りがある。道頓堀川界隈に暮らす人たちの人... もっと読む
全631アイテム中 1 - 20件を表示

宮本輝のおすすめ記事

宮本輝に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×