宮本輝のおすすめランキング

プロフィール

1947年兵庫生まれ。追手門学院大学文学部卒。「泥の河」で第13回太宰治賞を受賞し、デビュー。「蛍川」で第78回芥川龍之介賞、「優俊」で吉川英治文学賞を、歴代最年少で受賞する。以後「花の降る午後」「草原の椅子」など、数々の作品を執筆する傍ら、芥川賞の選考委員も務める。2000年には紫綬勲章を受章。

「2018年 『螢川』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮本輝のおすすめランキングのアイテム一覧

宮本輝のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『錦繍(きんしゅう) (新潮文庫)』や『螢川・泥の河 (新潮文庫)』や『流転の海 第1部 (新潮文庫)』など宮本輝の全592作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

錦繍(きんしゅう) (新潮文庫)

5861
3.83
宮本輝 1985年5月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

良作の一冊。 この作品の魅力とは?聞かれたら一言では言い表せない。 往復書簡のみという形式。 流れるような美しい文章。 別れた男女が再会を機に振り返るあ... もっと読む

螢川・泥の河 (新潮文庫)

3163
3.72
宮本輝 1994年11月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「泥の河」と「螢川」の二篇。前者は太宰治賞、後者は芥川賞を受賞しています。両作品ともに性の目覚めにある少年が主人公。その目に映る大人の弱さ、泥臭さ、悲しさ... もっと読む

流転の海 第1部 (新潮文庫)

1934
3.85
宮本輝 1990年4月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1982年に開始したこの「流転の海」シリーズが、2018年6月の第九部「野の春」をもって完結したということが話題となった。宮本氏も、この37年間に及ぶ大河... もっと読む

新装版 青が散る (上) (文春文庫)

1830
3.87
宮本輝 2007年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「青春をテーマにした」と言ってしまうとかなり薄っぺらい感じがするが、こうとしか言いようがないだろう。大学時代を懐かしく思わせる、非常に良い小説だった。 ... もっと読む

優駿(上) (新潮文庫)

1593
3.98
宮本輝 1989年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「共感」に過剰な価値を置かれる雰囲気がある昨今。 「そうそう、私も!」「誰にでもそういうところはあるよね」 異質なもの、未知の世界にも自分の心を揺... もっと読む

新装版 青が散る (下) (文春文庫)

1403
3.95
宮本輝 2007年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一人一人の「若者」をここまで緻密に美しく表現できる宮本輝は凄いとしか言いようがない。 大人になって大学生活を懐かしむ時期にもう一度読んだら、その時は違っ... もっと読む

優駿(下) (新潮文庫)

1328
4.03
宮本輝 1989年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

改めて宮本輝さんの筆の巧みさにうっとり。日本語が美しく、心地よい。 「頑張れば努力は報われる」、「夢はかなう」など、尤もらしい定説など一蹴してくれる... もっと読む

ドナウの旅人(上) (新潮文庫)

1304
3.63
宮本輝 1988年6月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私も10年前、ニュルンベルクから、レーゲンスブルク、パッサウ、そしてウィーンへとドナウ川に沿って旅をしたことがあり、この物語の主人公達が旅するのと全く同じ... もっと読む

流転の海 第2部 地の星 (新潮文庫)

1173
3.88
宮本輝 1996年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「何がどうなろうと、たいしたことはありゃあせん」 大好きな女房をぶん殴るのだけはやめれば良いのに、とは思っていたが、はたまた。 退屈なページがない不思... もっと読む

新装版 星々の悲しみ (文春文庫)

1168
3.79
宮本輝 2008年8月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2015年の文春文庫青春フェアの限定カバーがとてもかっこよくて、普段なら読まないと思われる作家だが購入してしまった。 かくたみほさんという方の写真が表紙... もっと読む

幻の光 (新潮文庫)

1151
3.52

感想・レビュー

「幻の光」を読んで。 生と死の狭間、幸せと不幸せの狭間。狭間でたゆたう女性としての性に哀しくも美しいものを感じました。しかもそれは逞しくて。 女性には... もっと読む

彗星物語 (文春文庫)

1098
3.82
宮本輝 1998年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

僕は犬を飼っています。 名前はモクといいます。木曜日に拾ったからです。 そんなモクも中1の冬にうちに来て、もう10年が経ちました。 何度か病気し... もっと読む

私たちが好きだったこと (新潮文庫)

1095
3.33
宮本輝 1998年11月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

毎日私たち個人は、色んな悩みや喜びに一喜一憂して、熱量を持って生きているのに、私たち個人をすぐそこに取り巻く大自然(宇宙)は、そんなちっぽけなドラマからは... もっと読む

ドナウの旅人(下) (新潮文庫)

1083
3.62
宮本輝 1988年6月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

遂にドイツから始まったドナウの旅が終わった・・・という感じで、上巻から始まり、すごくはまりました! 今では自由に往き来できるヨーロッパの国々も、この... もっと読む

流転の海 第3部 血脈の火 (新潮文庫)

1041
3.87
宮本輝 1999年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前2部に比べると穏やかな内容。とはいえ、熊吾もその周りの人々もみな必死に生きている。 伸仁の成長、客商売のこれから、母の行方、熊吾の病気。さあ次の部へいき... もっと読む

五千回の生死 (新潮文庫)

1029
3.58
宮本輝 1990年4月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一発目のトマトの話でもうやられる もっと読む

青が散る (文春文庫)

992
3.75

感想・レビュー

自由で潔癖な若者たちの姿! 何度も読んだ本のひとつ 「もう二度と、私の講義を無断で休んだりせんと誓うか。誓えるならこの珈琲を飲みなさい。... もっと読む

道頓堀川 (新潮文庫)

926
3.64
宮本輝 1994年12月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

過去を悔いる中年とジュブナイルに揺すぶられた。 力任せに妻の腹を蹴り付けた時の描写が自分の読書体験の中でも印象的。 もっと読む

流転の海 第4部 天の夜曲 (新潮文庫)

924
3.85
宮本輝 2005年3月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

冒頭よりまさかの富山への転居。 「運」が下降線をたどっていく感じを、歯を食いしばって好転させようともがく日々。相変わらずのテンポは心地よいが、スカッ、と... もっと読む

夢見通りの人々 (新潮文庫)

917
3.49
宮本輝 1989年4月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人間はロボットじゃなくて、血が通っていて、いろいろ不具合があって、それぞれこだわりがあって、、、。みんな「きれい」じゃないよ。ということがよく分かる。 現... もっと読む
全592アイテム中 1 - 20件を表示

宮本輝のおすすめ記事

宮本輝に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×