宮沢章夫のおすすめランキング

プロフィール

1956年静岡県生まれ。劇作家・演出家・作家・早稲田大学文学学術院教授。90年、演劇ユニット「遊園地再生事業団」を結成し、1993年戯曲『ヒネミ』(白水社)で岸田國士戯曲賞を受賞、2010年『時間のかかる読書』(河出文庫)で伊藤整文学賞(評論部門)を受賞。著書に『牛への道』『わからなくなってきました』(新潮文庫)、『ボブ・ディラン・グレーテスト・ヒット第三集』(新潮社)、『長くなるのでまたにする。 』(幻冬舎)、『東京大学「80年代地下文化論」講義 決定版』(河出書房新社)など多数。

「2017年 『笛を吹く人がいる 素晴らしきテクの世界』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮沢章夫のおすすめランキングのアイテム一覧

宮沢章夫のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『牛への道 (新潮文庫)』や『わからなくなってきました (新潮文庫)』や『よくわからないねじ (新潮文庫)』など宮沢章夫の全90作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

牛への道 (新潮文庫)

1102
3.67
宮沢章夫 1997年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本は、「グフッ」と声に出して笑ってしまい、バカじゃないかと思われる本です。古い旅館にでも泊まって独りで読むべき。著者の他の本も読みましたが、よっぽどバ... もっと読む

わからなくなってきました (新潮文庫)

558
3.63
宮沢章夫 1999年12月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

お風呂で読むのに最適な脱力エッセイ。 「なんてくだらないことを」 と、一瞬思わせといて深いところを突いてくるあたり、尊敬します。 そして何と言っても、思考... もっと読む

よくわからないねじ (新潮文庫)

452
3.61
宮沢章夫 2002年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

よくわからない・・・。 もっと読む

アップルの人 (新潮文庫)

431
3.37
宮沢章夫 2008年12月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

林檎の人は勿論、窓の人もわかるあるあるネタで楽しめます。エッセイなので、読みたい時に読めるだけが出来るので移動時間等に重宝します。 もっと読む

NHK ニッポン戦後サブカルチャー史

378
3.70
宮沢章夫 2014年10月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

岐阜聖徳学園大学図書館OPACへ→ http://carin.shotoku.ac.jp/scripts/mgwms32.dll?MGWLPN=CARIN... もっと読む

時間のかかる読書 (河出文庫 み 27-1)

377
3.55
宮沢章夫 2014年12月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最初に巻末のほうにある「機械」を読む 確かに1時間くらいで読み終わる んで、本文のほうにいく なるほど、ここまでして読むってことができるんですね めちゃ... もっと読む

ずるずる、ラーメン (おいしい文藝)

366
3.18
椎名誠 2014年6月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「メンクイ」です。 といっても「麺食い」のほう。 だけどラーメンは苦手……。中華そば系はだいじょうぶ。インスタントは袋もカップもあまり食べないけど大好... もっと読む

茫然とする技術 (ちくま文庫 み 20-1)

262
3.48
宮沢章夫 2003年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一番最初に買った宮沢さんの本。 高校の時の親友にすすめられて読み始めて以来のファン。 ありがちょう、山田。 もっと読む

東京大学「ノイズ文化論」講義

229
3.47
宮沢章夫 2007年7月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1980年から現在に至るまでの時代の流れを振り返った時に以下のように分類してみる。 バブル以前/新人類世代(1980〜1986年)〜 バブル(1986〜... もっと読む

青空の方法 (朝日文庫 み 22-1)

216
3.66
宮沢章夫 2004年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2004年刊行のニンマリ笑えるつぶやき系エッセイ。一つ一つの話は2頁強と短いので、スキマ時間に読みやすい本です。そんなことまで気にするなよ……と言いたくな... もっと読む

中学生からの大学講義 5 生き抜く力を身につける (ちくまプリマー新書 230 中学生からの大学講義 5)

208
3.72
大澤真幸 2015年5月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

そうそうたる大人による執筆。 コンセプトは、中学生向けに大学並みに深いことを伝える、というものだろう。 第5巻は、「自分の能力」がテーマ。この巻の前までの... もっと読む

考えない人 (新潮文庫 み 24-5)

206
3.50
宮沢章夫 2012年7月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本当に「脱力エッセイ」だった。 「考えてはいけない。考えているとろくなことが起こらない」ということで、いかに「考えない」か、考えない凄さとは何かについて... もっと読む

東京大学「80年代地下文化論」講義

197
3.57
宮沢章夫 2006年7月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

平成17年に 著者が 東京大学で行った「80年代 地下文化論(表象文化論)」の講義録。 「不合理のなかで文化は育つ」 昭和55年〜平成2年に出現したピ... もっと読む

サーチエンジン・システムクラッシュ (文春文庫 み 28-1)

184
2.93
宮沢章夫 2005年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読後感がもやもやして、すっきりしないが、そこがまた魅力か。2編とも巧みである。静岡弁もきどりなくいい。 もっと読む

演劇は道具だ (よりみちパン!セ 18)

184
3.12
宮沢章夫 2006年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 演劇は道具だ――なんのための道具かを言わないタイトルが、いいといえばいいし、あざといといえばあざとい。  でも、だからそこを考える。目的語の部分を。 ... もっと読む

考えない人

173
3.49
宮沢章夫 2010年2月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

世の中を「考えない」で見てみると、意外とみんな「考えているようで考えていない」ことや「感覚的に普通となっているがよく考えてみると変だぞ」ってことにあるれて... もっと読む

きょうはそういう感じじゃない

167
3.83
宮沢章夫 2023年6月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昨年惜しくも亡くなった劇作家・演出家・小説家の宮沢章夫の最後の著作。生前に残されたエッセイ、評論、インタビューをまとめたもの。宮沢章夫ならではの文体が随所... もっと読む

彼岸からの言葉 (新潮文庫 み 24-6)

165
3.44
宮沢章夫 2013年3月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

このような脱力系エッセイを読んでいる場合ではないと思いつつも、現実逃避というやつで私も彼岸へ行ってしまった。本書の執筆は平成2年からのもので、バブルが弾け... もっと読む

NHK ニッポン戦後サブカルチャー史 深掘り進化論

163
3.07
宮沢章夫 2017年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「サブカルチャー研究Ⅱ」 村木益実先生 参考図書 https://library.shobi-u.ac.jp/mylimedio/search/se... もっと読む

牛乳の作法 (ちくま文庫 み 20-2)

153
3.36
宮沢章夫 2005年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

尾崎放哉「何かを表現しようという意志の片鱗すら見られぬ」 もっと読む
全90アイテム中 1 - 20件を表示

宮沢章夫に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×