家田荘子のおすすめランキング

プロフィール

愛知県に生まれる。作家。僧侶。高野山本山布教師。行者。日本大学芸術学部を卒業し、女優など10以上の職業に就いたあと、作家に転身。
1991年『私を抱いてそしてキスして――エイズ患者と過した一年の壮絶記録』(文藝春秋)で、第22回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。2007年、高野山大学で伝法灌頂を受け僧侶となり、同大学大学院修士課程を修了する。高野山高校特任講師。
著書には映画化された『極道の妻たち®』(青志社)、『少女犯罪』(ポプラ新書)、『四国八十八ヵ所つなぎ遍路』(ベストセラーズ)、『女性のための般若心経』(サンマーク出版)、『熟年婚活』(角川新書)、『孤独という名の生き方』『大人の女といわれる生き方』(以上、さくら舎)などがある。
現在も執筆と取材の他、山行、水行、歩き遍路を欠かさない。高野山奥之院または総本山金剛峯寺に駐在し(不定期)、法話をおこなっている。

「2020年 『別れる勇気 男と女のいい関係のカタチ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

家田荘子のおすすめランキングのアイテム一覧

家田荘子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『AV男優 (幻冬舎アウトロー文庫)』や『昼、介護職。夜、デリヘル嬢。』や『私を抱いてそしてキスして―エイズ患者と過した一年の壮絶記録 (文春文庫)』など家田荘子の全239作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

AV男優 (幻冬舎アウトロー文庫)

67
2.84

感想・レビュー

AVでは女優が圧倒的に優位である。買う人は女優しか観ないのが普通だ。男優はあくまで脇役である。しかし、男優なりの難しさがあり辛さがある。 もっと読む

昼、介護職。夜、デリヘル嬢。

61
3.67
家田荘子 2016年6月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「介護職の女性なら誰でもデリヘル嬢をしていると、言っているのではない。なぜこのようなタイトルの本を書いたかというと、介護の本当の現場を一人でも多くの人々に... もっと読む

歌舞伎町シノギの人々 (宝島SUGOI文庫)

45
3.33
家田荘子 2009年5月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

家田さん、すごいなぁ。よくこんな人の話が聞けたな、というインタビューの連続です。 もっと読む

不倫のルール―一生懸命な恋は女を美しくする

44
3.20

感想・レビュー

副題が「一生懸命な恋は女を美しくする」なんて不倫に対して前向きな内容かと思ったら、誰もが思いつきそうな「我慢しつつ愛させる女」になるための方法が記載されて... もっと読む

歌舞伎町シノギの人々

42
3.30

感想・レビュー

巻末にSpecial Thanksなどと、クスリ屋さんやパァなコギャルくんたちに取材の礼を述べてる著者はどうなんでしょう。そうしなきゃ彼女も食っていけず、... もっと読む

(072)少女犯罪 (ポプラ新書)

38
3.50
家田荘子 2015年11月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

途中まで読んで手放す。女子刑務所のお話。 もっと読む

極道の妻たち (文春文庫)

34
3.20

感想・レビュー

余りにも有名な映画作品の原作、家田荘子の体当たりのルポルタージュ。今ではもう前時代的な、男が主体の世界に生きる女の胆の座り方に(その善し悪しはさて置き)感... もっと読む

バブルと寝た女たち (講談社文庫)

34
2.85

感想・レビュー

80年代後半90年代前半の バブルが 絶頂期を迎え、崩壊した時の バブル景気に乗っかった女子の インタビュー。 カードで 買い物を しつくして ... もっと読む

イエローキャブ (講談社文庫)

33
2.92

感想・レビュー

まことが大好きなノンフィクションだけど これは読み応えまぁまぁ。 ちょっと情報も古いし。 けど考えさせられることはある。 もっと読む

アブノーマル・ラバーズ (角川文庫)

31
2.93

感想・レビュー

世の中の裏の裏の粘膜まで、見てみましょう。決して人事じゃない世界。人類皆変態。 もっと読む

新・極道の妻たち

30
3.27
家田荘子 2007年5月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

沢山お金を使っている人やルール違反をし捕まっている人がいる事を知った。 もっと読む

極道の妻たち

30
3.77
家田荘子 2007年7月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

見栄と人間らしさ、虚勢。 そこに惹かれる理由。 夏にガツンと、重くのしかかってくる。 外に閉じられたこの社会も、女だけには開かれている あなたはここ... もっと読む

別れのルール―苦しいばかりがサヨナラじゃない

24
2.70
家田荘子 2002年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

別れ方のルールというより、別れざるをえなかった場合にどのように処するべきなのか、という本。ノウハウというより著者自身の体験談が主な内容。■著者の恋愛にかけ... もっと読む

AV男優

24
2.85
家田荘子 1998年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

実に面白かった。AV男優をひとつのの「職業」として捉え掘り下げたインタビュー集。筆者ではないけどとても興味の湧く内容だった まず男優の一人一人が全く異な... もっと読む
全239アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする