富士正晴のおすすめランキング

プロフィール

1913-1987。小説家・詩人。毎日出版文化賞(第22回・昭和43年)、「桂春団治」(大阪芸術賞・昭和46年)。代表作に「贋・久坂葉子伝」「小詩集」「帝国軍隊における学習・序」「たんぽぽの歌」「大河内伝次郎」「富士正晴詩集1932~1978」などがある。水墨、彩画を趣味とする一方で、伊東静雄、竹内勝太郎、久坂葉子の研究をし、その紹介者としての功績もある。晩年は竹林に囲まれた自宅から殆ど外出せず、「竹林の仙人」と呼ばれた。

「2019年 『男色大鑑』 で使われていた紹介文から引用しています。」

富士正晴のおすすめランキングのアイテム一覧

富士正晴のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『現代語訳 江戸怪異草子 (河出文庫)』や『豪姫 (新潮文庫)』や『(053)街 (百年文庫)』など富士正晴の全118作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

現代語訳 江戸怪異草子 (河出文庫)

41
3.55
浅井了意 2008年8月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

○2010/08/31  レポートで「伽婢子」を取り上げることにしたので見つけた本。すべてを訳しているものじゃなかったけど、数を絞った分読みやすく丁寧に訳... もっと読む

豪姫 (新潮文庫)

36
3.00

感想・レビュー

昔映画になったようです。 テーマがよくわからなかった。 もっと読む

(053)街 (百年文庫)

31
3.67
谷譲次 2010年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

宮教大OPAC https://www.lib.miyakyo-u.ac.jp/opac/volume/544480 もっと読む

男色大鑑 (角川ソフィア文庫)

31
3.00
富士正晴 2019年11月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『男色大鑑』(なんしょくおおかがみ)は1687年発行の浮世草紙。全8巻、各巻5章、計40章のまあ現代風にいえば短編集。全8巻のうち前半の4巻は武士もの、後... もっと読む

桂 春団治 (講談社文芸文庫)

25
3.20
富士正晴 2001年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

桂春団治の詳細な評伝。 もっと読む

中国の隠者―乱世と知識人 (岩波新書 青版)

18
3.00
富士正晴 1973年10月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ここのところずっと、 というか厳密には人生の大部分 「隠者」に興味があった。 なぜ興味があるのか自分でも分からず その理由も含めて興味深かった。 ... もっと読む

贋・久坂葉子伝 (ちくま文庫)

7
3.00

感想・レビュー

木ノ花咲哉=著者が語り手の久坂葉子死後の章と久坂葉子が語り手の章(死に至る迄の『幾度目かの最期』を元に構成)が交互に混じる。そのまま事実、私小説と受け止め... もっと読む

富士正晴集 (戦後文学エッセイ選)

6
5.00

感想・レビュー

[ 内容 ] [ 目次 ] 植民地根性について 久坂葉子のこと 道元を読む 呆然感想 春団治と年上の女 私の戦後 八方やぶれ 私... もっと読む

富士正晴作品集〈2〉詩 道元を読む 游魂 競輪 あひるのドナサン 他10篇

4
5.00
富士正晴 1988年8月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ここのところ「隠者」というものに 興味がありその類いを読んでいる。 話は違うが漫画『きのう何食べた?』に 主人公の史朗にTV出演を依頼に来た プロ... もっと読む
全118アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×