富岡多恵子のおすすめランキング

富岡多恵子のおすすめランキングのアイテム一覧

富岡多恵子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『男流文学論 (ちくま文庫)』や『波うつ土地・芻狗 (講談社文芸文庫)』や『男流文学論』など富岡多恵子の全182作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

男流文学論 (ちくま文庫)

137
3.73

感想・レビュー

 俎上に載せられた作家と作品は、  吉行淳之介「砂の上の植物群」「驟雨」「夕暮まで」  島尾敏雄「死の棘」  谷崎潤一郎「卍」「痴人の愛」  小島... もっと読む

波うつ土地・芻狗 (講談社文芸文庫)

63
3.33
富岡多恵子 1988年7月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

個人的には「坂の上の闇」が最も面白かった。主人公福間一紀の心理分析や心境変化を極力排し狂気性を持った異行動の描写により読者へそら寒さを感じさせることに成功... もっと読む

男流文学論

26
3.25

感想・レビュー

フェミニストの上野千鶴子らが近代の文豪たちを切り捨てていく様は,読んでいて気持ち良い。それにしても文豪にダメ男が多いのはなぜなのでしょう。 もっと読む

富岡多恵子詩集 (現代詩文庫 第 1期15)

24
3.33

感想・レビュー

初めて読んだのはもう20年以上前のことだが、今でも心の奥底に澱のように残っていて、時折意識の表層に浮かび上がってくるときがある。 もっと読む

現代思想 2014年5月臨時増刊号 総特集◎折口信夫

24
4.80
安藤礼二 2014年4月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ただ、折口信夫の晩年の愛弟子・岡口のインタビューだけが読みたくて購入。弟子との恋愛関係など、色々興味深かったが、「柳田は折口のタイプだった」との衝撃的な発... もっと読む

群像短篇名作選 1970~1999 (講談社文芸文庫)

24
3.50
三浦哲郎 2018年4月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この文庫に載っている作品を読んで改めて読みたいと思った作家は 吉村昭 山田詠美 (笙野頼子) もっと読む

湖の南

23
3.77

感想・レビュー

大津事件を扱った小説?→事件を起こした津田三蔵を描いた小説?→幕末から明治にかけての激動を多くの登場人物のエピソードからあぶりだす小説?…読みながら淡々と... もっと読む

中勘助の恋

22
3.67

感想・レビュー

あの『銀の匙』の作者中勘助の恋愛事情? タイトルに惹かれ、ちょっとよこしまな気持ちで手にしたこの本。 思ったよりも、多角的に中さんに迫っていました。 ... もっと読む

釋迢空ノート

21
3.40
富岡多恵子 2000年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【配架場所】 図書館1F 911.16/O71/A4T もっと読む

表現の風景 (講談社文芸文庫)

18
4.00
富岡多恵子 1989年9月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

詩人であり、小説家、文芸評論家の富岡多恵子による、「コトバ」についての10の論考。"日本人の感性”について、鮮やかにえぐります。 もっと読む

写真の時代 (筑摩叢書)

17
4.00

感想・レビュー

人物写真というのは、いくら撮らせてもらう人間の承諾を得た場合でも、その人間の前にカメラを構えて立つ時、相手の暗闇もそこにあると言える。例えば私を撮る写真家... もっと読む

植物祭 (中公文庫 A 54)

16
3.00
富岡多恵子 1975年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

100305(a 100310) もっと読む

遠い空 (中公文庫)

14
4.50
富岡多恵子 1985年12月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

暗い作品だ。帯に「東北で起きた殺人事件を題材に新たな文学空間を創る「遠い空」自殺した女の虚実の人生を乾いた文体で綴る「弱肉」若者の残酷な愛の結末を描く「二... もっと読む
全182アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする