寺地はるなのおすすめランキング

プロフィール

寺地 はるな(てらち はるな)
1977年佐賀県生まれ。大阪府在住。2014年『ビオレタ』で第四回ポプラ社小説新人賞を受賞。
著書に『ミナトホテルの裏庭には』『月のぶどう』『今日のハチミツ、あしたの私』『みちづれはいても、ひとり』『架空の犬と嘘をつく猫』『大人は泣かないと思っていた』『正しい愛と理想の息子』がある。

寺地はるなのおすすめランキングのアイテム一覧

寺地はるなのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『大人は泣かないと思っていた』や『ビオレタ』や『夜が暗いとはかぎらない』など寺地はるなの全52作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

大人は泣かないと思っていた

948
3.97
寺地はるな 2018年7月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ブクログのレビューで知って、タイトルが心にひっかかっていた本。 僕は子どもの頃泣き虫で、それこそ毎日泣いていて、大人になるまでに泣くのをやめられるのか心... もっと読む

ビオレタ

791
3.52
寺地はるな 2015年6月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『いつも心に棺桶を。』社訓としてこのセリフを毎朝唱えることから始まる有限会社ビオレタ。ちょっとだけ違和感を感じる物語の始まり。『結婚、しとこうか? 』など... もっと読む

夜が暗いとはかぎらない

704
3.82
寺地はるな 2019年4月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人生のどの場面でも主役ばかりという人はいません。長い人生、ならせばなだらかな大地のようなものだとも思います。ある場面で主役を務めれば、違う場面では主役... もっと読む

今日のハチミツ、あしたの私 (ハルキ文庫)

646
3.88
寺地はるな 2019年3月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

胃が痛くなる仕事、『察してちゃん』で仕事が続かない恋人の安西、愛情を自分に向けてくれない親。そのどれをも投げ出さない、投げ出せない主人公、碧の真面目さや不... もっと読む

水を縫う

603
4.31
寺地はるな 2020年5月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

寺地はるなさんらしい、とてもいい話だった。 男だからとか女だからとか、母親だからとか、もういい年だからとか、そういう事を理由にあれこれ言ってくる周りの声... もっと読む

ミナトホテルの裏庭には

548
3.66
寺地はるな 2016年2月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ミナトホテルの裏庭には・・・ きれいな花が咲いている でも咲くのは花だけではありません 「我儘を言... もっと読む

わたしの良い子 (単行本)

460
4.26
寺地はるな 2019年9月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

寺地はるなさんの小説には、読んでいて快哉を叫びたくなるセリフが必ずある。 この本では主人公の椿が静原に言い放った 「わたしは、静原くんがうらやましいよ。さ... もっと読む

今日のハチミツ、あしたの私

386
3.76
寺地はるな 2017年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

碧は相手を気遣って相手の気に入らないことはしないようにしているけれど、今の関係を失いたくないばかりに安西と本音でぶつかったことがない。 安西は自分が特別... もっと読む

リアルプリンセス

336
3.45
寺地はるな 2017年1月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表紙の絵に惹かれた。 日本の昔話やグリム童話に出てくるプリンセスの話を、現代日本に舞台を置き換えてオマージュした女性作家によるアンソロジー集。 ○寺地は... もっと読む

架空の犬と嘘をつく猫 (単行本)

319
3.64
寺地はるな 2017年12月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

みな自分に正直に、 自分のために生きろというけれど 子どもを持つ親が自分のためだけに正直に生きたら どうなってしまうのか・・・ そんな両親に育てら... もっと読む

みちづれはいても、ひとり

261
3.42
寺地はるな 2017年10月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「みちづれはいても、ひとり」、どことなく演歌の世界を感じさせるような、それでいて一見では意味を読み取れない、座りの悪い不思議な書名です。 母親からの虐待... もっと読む

ビオレタ (ポプラ文庫)

257
3.60
寺地はるな 2017年4月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

寺地はるなさんを最近知って、立て続けに読んでます。 あー、、、ってなるフレーズが散りばめられているのがいいなと思う作家さんです。 「とりあえず田中さんは... もっと読む

ミナトホテルの裏庭には (ポプラ文庫)

242
3.51
寺地はるな 2018年2月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

《その程度のことでそんなに落ち込むのはおかしいとか、いつまでも引きずるのはおかしいとか、そうやって他人のつらさの度合いを他人が決めることこそおかしい。なん... もっと読む

月のぶどう

221
3.61
寺地はるな 2017年1月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「月のぶどう」は、天瀬ワイナリーを経営していた母の急逝により、双子の姉・光実に説得され、ともに稼業をつぐことになった弟の歩の物語です。 「この状況で『自... もっと読む

月のぶどう (ポプラ文庫)

193
3.50
寺地はるな 2018年10月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『夜が暗いとはかぎらない』で寺地はるなさんにすっかりハマって、著作を少しずつ全部読もうとしている最中です。 『ぶどうのなみだ』という映画が何年か前に公開さ... もっと読む

希望のゆくえ

172
3.62
寺地はるな 2020年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

寺地はるなさんの作品を読むのは、アンソロジーの短編を除いて2作目、装丁のトーンがそのまま生きている感じの物語だった。 ある日突然失踪した弟の希望(の... もっと読む

正しい愛と理想の息子

164
3.62
寺地はるな 2018年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

やはり、この作者が描く人物は優しい。今回の主人公は、詐欺を働く男。 でも、なぜか憎めない。おそらく被害者側に立つと、許せないような男なのだが、なぜ... もっと読む

水を縫う (集英社文芸単行本)

107
3.77
寺地はるな 電子書籍 2020年5月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

刺繍が大好きな高1男子の清澄キヨスミ、間もなく挙式する学習塾事務勤めの姉 水青ミオ、市役所勤めのバツイチ母 さつ子サツコ、74になる祖母 文枝フミエ、そ... もっと読む

リアルプリンセス (ポプラ文庫)

104
3.18
寺地はるな 2019年4月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

装丁の可愛らしさで手に取った一冊(キラキラのシルバーの帯が、水色の表紙にピッタリ!) 童話をモチーフに現代を舞台した短編集。本当に童話のようなメルヘン色... もっと読む

([ん]1-14)明日町こんぺいとう商店街 心においしい七つの物語 (ポプラ文庫)

93
3.31
寺地はるな 2020年3月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シリーズ第四弾、久しぶり!待ってました!相変わらずの下町ならではの、ちょっとお節介気味だけど何だか和める空気が大好きです。 「サクマ手芸店」「ツルマキ履... もっと読む
全52アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×