寺山修司のおすすめランキング

プロフィール

1936年青森県生まれ。83年、敗血症により逝去。早稲田大学中退後、歌人、詩人、小説家、劇作家、劇団「天井桟敷」主宰者など、独創的な発想でマルチな才能を発揮。「書を捨てよ、町へ出よう」など著書多数。

「2021年 『花嫁化鳥』 で使われていた紹介文から引用しています。」

寺山修司のおすすめランキングのアイテム一覧

寺山修司のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ポケットに名言を (角川文庫)』や『書を捨てよ、町へ出よう (角川文庫)』や『寺山修司少女詩集 (角川文庫)』など寺山修司の全563作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ポケットに名言を (角川文庫)

3598
3.45
寺山修司 2005年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どこへ行くにもポケットに名言を 言葉を友人に 変質する時代と言葉の価値の中にも、きっと不変の力があるね もっと読む

書を捨てよ、町へ出よう (角川文庫)

2878
3.34
寺山修司 2004年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

聴き終わりました。 70年代初めの、猥雑な感じ。 若さは正義だな、もう戻れないけど。 もっと読む

寺山修司少女詩集 (角川文庫)

1964
3.93
寺山修司 2005年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

途中です。 こわい。不気味。 おもってたのと、、、違うんたけど。 思ってたのは、ふわふわのお砂糖のような可愛さやせつなく甘酸っぱい青春のヒトコマ。 男... もっと読む

家出のすすめ (角川文庫)

1430
3.53
寺山修司 2005年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「書を捨てよ、町へ出よう」(1971) の映画作品を観て度肝を抜かれたのもはや数年前。その書籍版も読んだはず…だったがその後彼の残した活字を追う作業は進ま... もっと読む

幸福論 (角川文庫)

893
3.35
寺山修司 2005年2月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

“性”を扱ってる章がとても好きだった。性行為における「イク」という言葉の意味の面白さ(距離、何処に行くのか?)風俗嬢が口にする「遊んでいかない?」というセ... もっと読む

両手いっぱいの言葉―413のアフォリズム (新潮文庫)

856
3.57
寺山修司 1997年9月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

じっくり読む本じゃない。 パラパラ見ていて気になったところで手を止めて、微笑んだり腹立ったりする本。 トイレで読むのに最適。 バカにしているんじゃなくて、... もっと読む

戯曲 毛皮のマリー・血は立ったまま眠っている (角川文庫)

740
4.02
寺山修司 2009年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

再読。やはり「毛皮のマリー」が良い。対になってる「星の王子さま」も。「血は立ったまま・・・」は安保の時代を知らないと理解しづらいかも。「さらば、映画よ」は... もっと読む

不思議図書館 (角川文庫)

654
3.42
寺山修司 2005年3月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読書好きのための本。世界には変な本がたくさんあるんですね。もっと本が読みたい!と思わせてくれます。 もっと読む

寺山修司名言集―身捨つるほどの祖国はありや

644
3.78
寺山修司 2003年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

寺山修司のアフォリズムが冴え渡る。どの言葉も強烈な印象を与えて、脳が喜ぶような文章だと思った。秀逸、何度も読み返したい一冊になった。 もっと読む

アンソロジー カレーライス!!

576
3.43
阿川佐和子 2013年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

カレーライスに纏わるエッセイを集めたアンソロジー。 寺山修司・小津安二郎などの大御所から、よしもとばなな・林真理子などの流行作家まで、バラエティに富んだ文... もっと読む

書を捨てよ、町へ出よう (角川文庫 緑 315-7)

568
3.17
寺山修司 1975年3月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この人の詩や短歌をもっと見ていきたい。 もっと読む

青少年のための自殺学入門 (河出文庫)

501
3.61
寺山修司 2006年9月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自殺に関するエッセイがたくさん読めて良い 特に遺書の書き方が面白かった! 思っていた自殺が実は他殺だったってことに気づかされて目からウロコでした もっと読む

さかさま恋愛講座 青女論 (角川文庫)

465
3.57
寺山修司 2005年2月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

女は面、男は点。 全身で感じるか、局部に限定されるか。 レーザービームのように考える人は、 男性的だ。 男には、ロマンがいる。 たかが30センチの摩擦... もっと読む

あゝ、荒野 (角川文庫)

463
3.78
寺山修司 2009年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

群像劇。 「モダンジャズの手法で書いた」と本人は言っているけれど。 ポールトーマスアンダーソンの映画みたいな。 それぞれが闇を抱えていて... もっと読む

寺山修司青春歌集 (角川文庫)

451
3.74
寺山修司 2005年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「列車にて遠く見ている向日葵は少年のふる帽子のごとし」 季節はもう冬だというのに,どうしようもなく夏を思い出す。 普段は歌集なんて読まないので... もっと読む

寺山修司 (ちくま日本文学 6)

378
3.80
寺山修司 2007年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初寺山修二。競馬のことはとんとわからないので、後半は流し読みになってしまったけど、本当にサブカルの奔りを煮詰めたような一冊だった。戯曲は他のも読んでみたい... もっと読む

金原瑞人YAセレクション みじかい眠りにつく前にI 真夜中に読みたい10の話 (ピュアフル文庫 ん 1-10)

361
3.53
有島武郎 2008年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

心がザワザワする物語ばかり。タイトルの「みじかい」は気になって眠れないということなのかも。YAの大御所、金原さん的には森絵都さん、あさのあつこさん、佐藤多... もっと読む

ポケットに名言を (角川文庫クラシックス て 1-3)

349
3.42
寺山修司 1977年8月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

名言集は嫌いだけどこれはよかった。好きだった。 「どこでもいいから遠くへ行きたい。遠くへ行けるのは、天才だけだ。」 もっと読む

寺山修司詩集 (ハルキ文庫)

329
3.70
寺山修司 2003年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

さよならだけが人生ならば、……と言うその口で、別の詩ではさよならだけが人生だとつづる。 沸き立つ希望も何もないけれど、ほんの少しだけ救いがあるような... もっと読む
全563アイテム中 1 - 20件を表示

寺山修司に関連する談話室の質問

ツイートする
×