寺沢拓敬のおすすめランキング

プロフィール

1982年、長野県生まれ。日本学術振興会特別研究員。2013年、東京大学大学院総合文化研究科博士課程終了。博士(学術)。専門は、社会言語学、応用言語学、英語教育史。著書に『「なんで英語やるの?」の戦後史』(研究社、2014年)。受賞として、日本版総合的社会調査優秀論文賞(2008年6月)、東京大学社会科学研究所SSJDA優秀論文賞(2013年2月)、日本教育社会学会国際活動奨励賞(2013年9月)。

寺沢拓敬のおすすめランキングのアイテム一覧

寺沢拓敬のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『「日本人と英語」の社会学 −−なぜ英語教育論は誤解だらけなのか』や『「なんで英語やるの?」の戦後史 ——《国民教育》としての英語、その伝統の成立過程』など寺沢拓敬の全2作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

「日本人と英語」の社会学 −−なぜ英語教育論は誤解だらけなのか

90
3.29
寺沢拓敬 2015年1月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本人の英語力は本当に低いのかなど、日本人の英語にまつわる命題を世論調査の結果に基づいて定量的(=統計的)に検証した本。 例えば、「英語ができる人は... もっと読む

「なんで英語やるの?」の戦後史 ——《国民教育》としての英語、その伝統の成立過程

64
4.60
寺沢拓敬 2014年2月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本の教育で英語が扱われるのが当然とされるに至る過程と、要因を細かく分析した本です。ある用語の指す内容が意識的・無意識的にずらされていった経緯を描く、歴史... もっと読む
全2アイテム中 1 - 2件を表示
ツイートする