寺田寅彦のおすすめランキング

プロフィール

1878–1935
東京に生まれ、高知県にて育つ。
東京帝国大学物理学科卒業。同大学教授を務め、理化学研究所の研究員としても活躍する。
「どんぐり」に登場する夏子と1897年に結婚。
物理学の研究者でありながら、随筆や俳句に秀でた文学者でもあり、「枯れ菊の影」「ラジオ雑感」など多くの名筆を残している。

「2021年 『どんぐり』 で使われていた紹介文から引用しています。」

寺田寅彦のおすすめランキングのアイテム一覧

寺田寅彦のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『柿の種 (岩波文庫 緑 37-7)』や『寺田寅彦随筆集 1 (岩波文庫 緑 37-1)』や『科学と科学者のはなし: 寺田寅彦エッセイ集 (岩波少年文庫 510)』など寺田寅彦の全1330作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

柿の種 (岩波文庫 緑 37-7)

1065
3.79
寺田寅彦 1996年4月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2021年7月初旬の新聞記事によると、上皇ご夫妻はこのところ朝の習慣として、この短文を音読されているのだという。美智子さまの選書なのかな?と想像すると仲睦... もっと読む

寺田寅彦随筆集 1 (岩波文庫 緑 37-1)

761
3.75
寺田寅彦 1963年10月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ほんっとに、ほんっとに、いろんな人におすすめしたい作品です!!!!!111 特に、理系で文学好きの諸君のために。理系のメガネで文学世界をのぞいてみましょ... もっと読む

科学と科学者のはなし: 寺田寅彦エッセイ集 (岩波少年文庫 510)

626
3.89
寺田寅彦 2000年6月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

夏目漱石を師と仰いだ寺田寅彦のエッセイ集。 図書館で借りた。 少年少女向けの本なので字が大きく読みやすかった。 本業は物理学者であったから、科学に関するエ... もっと読む

こぽこぽ、珈琲 (おいしい文藝)

613
3.16
阿川佐和子 2017年10月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一杯の珈琲を巡って蘇る記憶、溢れてくる様々な想い。作家たちの青春時代や近況を窺い知ることができる。珈琲を淹れることは心を落ち着かせる儀式。芳醇な豆の香り。... もっと読む

寺田寅彦随筆集 2 (岩波文庫 緑 37-2)

309
3.66
寺田寅彦 1964年1月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

作者は夏目漱石の門下生のひとり(―というか、教え子なのですがほとんど友人のような扱い―)で、 漱石と共に文学を語る素養をもっているそのくせに 東大理学... もっと読む

天災と国防 (講談社学術文庫)

305
3.88
寺田寅彦 2011年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

‪寺田寅彦が大正〜昭和初期に書いた災害に関する随筆の再構成集。 古さを感じないのは、作者の視点と行動の原則が的確だから。そして人が変わっていない... もっと読む

猫なんて!

298
3.24
角田光代 2016年11月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

我が家に猫がやってくる 角田光代 庭にあらわれた猫 片岡義男 猫に名前をつけるのは 村上春樹 猫のいる風景 堀江敏幸 夜中の猫 吉本ばなな 猫だつて夢を見... もっと読む

寺田寅彦 科学者とあたま (STANDARD BOOKS)

293
4.23
寺田寅彦 2015年12月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

──あらゆる文明の利器は人間の便利を目的として作られたものらしい。しかし便利と幸福とは必ずしも同義ではない。 わたしもそう思います。世の中は便利な製品が... もっと読む

読書と人生 (角川ソフィア文庫)

264
3.30
寺田寅彦 2020年10月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 岩波文庫の随筆集を持っているので、角川ソフィア文庫から寅彦が刊行されたときにどうしようか迷ったのだが、購入して良かったと今は思う。    戦後間もない... もっと読む

寺田寅彦随筆集 4 (岩波文庫 緑 37-4)

240
3.76
寺田寅彦 1963年5月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白い。寺田寅彦は本当に面白い。 専門分野というものを国だとすると、ある国で稼いだ通貨はその国でしか使えない。でも寺田寅彦はこれを両替することができ... もっと読む

寺田寅彦随筆集 3 (岩波文庫 緑 37-3)

226
3.67
寺田寅彦 1963年4月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 随筆集の第3弾。昭和6年~昭和7年に書かれたものからの選集です。科学雑誌から文芸雑誌,新聞に至るまで,さまざまな媒体で随筆を発表していたことがうかがえま... もっと読む

天災と日本人 寺田寅彦随筆選 (角川ソフィア文庫 L 117-1)

224
3.89
寺田寅彦 2011年7月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東日本大震災直後(2011年7月)に編まれた、寺田寅彦随筆選である。編者の意図を超え、コロナ禍の現代に読むと、そのあまりにもいまの我々のために言ってるかの... もっと読む

寺田寅彦随筆集 5 (岩波文庫 緑 37-5)

205
3.83
寺田寅彦 1963年6月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 第5巻,やっと読み終えました。こういうタイプの本(短編が集まった文庫本)は,他の本と並行して読んでいるので,なかなか進みませんでした。内容が面白いのは面... もっと読む

コーヒー哲学序説

192
3.61
寺田寅彦 電子書籍 2012年9月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

コーヒーは哲学 タイトルに惹かれて、キンドルで読んでみたけれど 興味深かった。 とくに、コーヒーの価値が寺田さんの時代と 私が今行きているこの時代とで... もっと読む

科学歳時記 (角川ソフィア文庫)

167
3.82
寺田寅彦 2020年5月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久々に寺田寅彦に触れた気がする。 読んでいると、小学生の頃に感じていたような、季節の匂いや、人の家のよそよそしさ、祭の時の変な賑わいと一体感なんかが蘇っ... もっと読む

数学と語学

164
3.49
寺田寅彦 電子書籍 2012年9月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

寺田寅彦の随筆。 語学と数学に関連はあるのだろうかというお題だが、明確に答えを出しているわけではなく、どことなく思考を遊ばせている感じのある読み物である... もっと読む

寺田寅彦随筆集 セット (岩波文庫)

129
4.86
小宮豊隆 2003年9月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

虫の目と鳥の目を持つひとの随筆集です。 もっと読む

ちくま日本文学034 寺田寅彦 (ちくま文庫)

127
3.65
寺田寅彦 2009年4月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おもしろかったなあ。 物理学者ってこんな風に世界を見てるんだ(まあ全員が全員ではないだろうけれど)。 文系の自分としてはそれだけでも新鮮。 「電車の混雑... もっと読む

猫は神さまの贈り物<エッセイ編>

124
3.38
谷崎潤一郎 2014年4月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトルに惹かれて、読んでみました。 猫好きとして今もよく知られている作家さんもいますが、ちょっと古めの変わったラインナップが興味深かった。 各界の個... もっと読む

銀座アルプス (角川ソフィア文庫)

117
3.75
寺田寅彦 2020年5月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

物理学者にして、随筆家であり、俳人。加えて音楽や絵画にも造詣が深く、もうこれは知の巨人としか言いようがない。 エッセイの楽しみのひとつは、著者の空想や妄... もっと読む
全1330アイテム中 1 - 20件を表示

寺田寅彦に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×