小和田哲男のおすすめランキング

プロフィール

静岡大学名誉教授、
公益財団法人日本城郭協会理事長

1944年静岡県生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。日本中世史研究の第一人者。NHK大河ドラマ『おんな城主直虎』の時代考証を担当。
主な著書に、『戦国武将』『軍師・参謀―戦国時代の演出者たち―』(ともに中公新書)、『「人望」の研究』(ちくま新書)、『石田三成』『豊臣秀次』(ともにPHP新書)、『歴史探索入門』(角川選書)、『名城と合戦の日本史』(新潮文庫)など多数。


「2017年 『徳川軍団に学ぶ組織論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小和田哲男のおすすめランキングのアイテム一覧

小和田哲男のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『戦国大名と読書』や『戦国武将の手紙を読む―浮かびあがる人間模様 (中公新書)』や『戦国の合戦 (学研新書)』など小和田哲男の全477作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

戦国大名と読書

108
3.28
小和田哲男 2014年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

螟ェ蜴滄妛譁弱d陌主悼螳嶺ケ吶↑縺ゥ繧剃セ九↓荳翫£縲∫ヲ?Ι縺ョ謨呵ご閠?→縺励※縺ョ蠖ケ蜑イ繧偵∪縺夊ソー縺ケ縺ヲ縲∽ク頑揄隰吩ソ。縲∵ュヲ逕ー菫。邇... もっと読む

戦国武将の手紙を読む―浮かびあがる人間模様 (中公新書)

94
3.79
小和田哲男 2010年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

古典の苦手な人にも嬉しい現代語訳付き。古文の読める人にも楽しい読み下し文・翻刻付き。武将の字が美味いか下手か気になる人にもお勧めな書状そのものの写真付き。... もっと読む

戦国の合戦 (学研新書)

86
3.52
小和田哲男 2008年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトルに違わず、戦国の合戦について様々なことが書かれている。出陣の三献の儀式はもちろん軍の編成、どれだけの人員を連れて参陣するように指定されていたか、信... もっと読む

戦国の城 (学研新書)

79
3.48
小和田哲男 2007年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小和田先生の城熱大陸。なんの予備知識もなく読み始めたら「城という字は」から始まって、そこからか!と若干狼狽えた。古代から戦国期への変遷、立地、基本構 造、... もっと読む

マンガ 日本の歴史がわかる本―幕末・維新~現代篇

77
3.25
小和田哲男 1998年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1,2巻と楽しく読んできたが、最終巻は現代に話が及ぶので、愉快とばかり行かない。昭和戦争とそれを引き起こす昭和前期の社会状況は全然笑えないものであり、私の... もっと読む

マンガ 日本の歴史がわかる本―古代~南北朝時代篇

75
3.37
小和田哲男 1998年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

楽しく読めました。源平合戦については文章の説明だけなので、マンガになっていたならなおよかったです! もっと読む

戦国武将の実力 - 111人の通信簿 (中公新書 2343)

74
3.21
小和田哲男 2015年10月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

111人の戦国武将を、先見性、統率力、教養、実行力、企画力の観点から採点。同点上位ベスト4は、北条早雲、織田信長、豊臣秀吉。ついで毛利元就、北条氏康と続き... もっと読む

マンガ 日本の歴史がわかる本―室町・戦国~江戸時代篇

73
3.44
小和田哲男 1998年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一気に読んだ。当時の中心にいる人物に焦点を当てて話を組み立てている。通史の流れを追う意味では効果的で、呑み込みがしやすい。それだけ読み物として楽しく、これ... もっと読む

石田三成―「知の参謀」の実像 (PHP新書)

73
3.31
小和田哲男 1996年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

三成ファンにはたまらない一冊。通説とは異なる三成の様々な断片を見せてくれる。やはりそうだったのかを連発。さらに彼のことが好きになった。 もっと読む

新書703黒田官兵衛 (平凡社新書)

62
3.47
小和田哲男 2013年11月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大河ドラマの時代考証などでお馴染みの小和田先生の著者なので、さっそく借りて読んでみた。歴史小説と大枠では同じだが、小和田先生に言わせると不明な点が多いとの... もっと読む

軍師・参謀―戦国時代の演出者たち (中公新書)

60
2.89
小和田哲男 1990年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なるほどねー。軍師ってのはそもそも参謀とはちょっと違っていて、占い師みたいなもんだったんだねー。 という大枠はわかるし面白いのだが、なんか著者の論証... もっと読む

戦国時代は裏から読むとおもしろい!―「敗者」から見たもうひとつの戦国合戦史 (青春文庫)

51
3.18
小和田哲男 2007年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

思ったよりも かたくて 難しいかも。。。 面白いんだけど 一気には読めない。 こういうのを 敗者側からの物語で読めると すごくワクワクするのに…。 そうい... もっと読む

戦国参謀 頭の使い方―日本の歴史を変えた軍師列伝 (知的生きかた文庫)

50
3.13
小和田哲男 1996年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

頭の使い方については何も書かれていないが、大大名の参謀、軍師など、21人がわかりやすく紹介されている。歴史に詳しい人が読んだら、資料の解釈などで異論がでる... もっと読む

ビジュアル 戦国1000人 ―応仁の乱から大坂城炎上まで乱世のドラマを読む

48
3.60
小和田哲男 2009年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

図書館で何度も借りている本。今回いちばん読んだのは、武田の家臣。 もっと読む

戦国の群像 (学研新書)

47
3.41
小和田哲男 2009年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

北条早雲は伊勢の素浪人ではなく、備中国高越山城主伊勢盛定の子 斉藤道三本人の事績と言われていた美濃の守護大名土岐氏の重臣長井氏への取り入りは、実は父親のこ... もっと読む

戦国の城 (学研新書)

47
3.14
小和田哲男 電子書籍 2007年6月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

・8/29 読了.なかなか面白い.案外意外で知らない事実が多くて、城跡を訪れるのが楽しみになってきた.こういうこと、普通興味持って調べない限りわからないこ... もっと読む

戦国合戦事典―応仁の乱から大坂夏の陣まで (PHP文庫)

45
3.25
小和田哲男 1996年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

手もとの文庫には、当時のNHK大河ドラマの「毛利元就」フェアの帯付きです。(笑) 書名にあるように応仁の乱から大坂夏の陣までの合戦模様が記されている。序... もっと読む

戦国軍師の合戦術 (新潮文庫)

44
2.83
小和田哲男 2007年9月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いざというときにしか闘いたくないタイプの割には軍師、とか、知略、とか深謀深慮、とかいう単語が好きで(単にあまりアタマがよくないのだろうか)、しかも歴史モノ... もっと読む

知識ゼロからの日本の城入門

44
3.54
小和田哲男 2009年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

入門、とは言え、必要なことがギュッと詰まった良書。 今日は腰を据えて読もうと思って、赤ペン片手にじっくり。 日本城郭検定の準1級受かったあたくしも、知... もっと読む

NHKさかのぼり日本史(7) 戦国 富を制する者が天下を制す

43
4.13
小和田哲男 2012年2月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦国大名で台頭したものは領地経営も優れていた。経済力によって富を蓄積したものが覇者となった。 もっと読む
全477アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする