小塩節のおすすめランキング

プロフィール

1931年長崎県佐世保生まれ。東京大学文学部独文科卒。国際基督教大学、中央大学文学部教授(ドイツ文学)、フェリス女学院院長、理事長を経て、現在、東京杉並・ひこばえ学園理事長、中央大学名誉教授。その間に(大学在職のまま)駐ドイツ日本国大使館公使、ケルン日本文化会館館長、国際交流基金理事・同日本語国際センター所長等を兼務。ドイツ連邦共和国功労一等十字章、同文化功労大勲章叙勲、日本放送協会放送文化賞、ワイマル・ゲーテ賞等を受賞、ケルン大学名誉文学博士。著書に『旅人の夜の歌-ゲーテとワイマル』(岩波書店)、『ドイツのことばと文化事典』(講談社学術文庫)、『バルラハ―神と人を求めた芸術家』(日本基督教団出版局)、『トーマス・マンとドイツの時代』(中公新書)、『木々を渡る風』(新潮社1999年日本エッセイストクラブ賞受賞)、『「神」の発見―銀文字聖書ものがたり』(教文館)、『随想森鷗外』『ぶどうの木かげで』『樅と欅の木の下で』(青娥書房)、『ブレンナー峠を越えて』(音楽之友社)ほか多数。訳書にトーマス・マン『ヨセフとその兄弟』(望月市恵と共訳、全三巻筑摩書房)、ほか多数。

「2021年 『ゲーテからの贈り物』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小塩節のおすすめランキングのアイテム一覧

小塩節のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『にんじんのたね』や『ドイツ語とドイツ人気質 (講談社学術文庫)』や『ドイツの都市と生活文化 (講談社学術文庫)』など小塩節の全214作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

にんじんのたね

143
3.76

感想・レビュー

『にんじんのたね (THE CARROT SEED)』を一粒、男の子が土に撒きました。「芽は出ないと思うけど」とお母さん、「芽なんか出ないと思うよ」とお父... もっと読む

ドイツ語とドイツ人気質 (講談社学術文庫)

141
3.71
小塩節 1988年4月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1988年に発行されたものなので、現在では当て嵌まらなくなってしまっている内容も多少あるように感じられるものの、Es tut mir leid. と En... もっと読む

ノアの箱舟

67
3.64

感想・レビュー

アーサー ガイサート (著), 小塩 節 (翻訳), 小塩 トシ子 (翻訳) もっと読む

ファウスト―ヨーロッパ的人間の原型 (講談社学術文庫)

31
3.36

感想・レビュー

2021年21冊目 温故知新。ドイツの無条件降伏後のトーマス・マンの講演「ドイツとドイツ人」での悪魔についての指摘にあるように、その国についてや、国民性... もっと読む

トーマス・マンとドイツの時代 (中公新書)

28
4.00

感想・レビュー

学生時代 ドイツへのロマンティシズムがなぜか強かったなあ。 もっと読む

洪水のあとで―ノアたちのその後

28
2.89

感想・レビュー

アララト山についたあと、船を下ろしてノア一家と動物たちで協力して生活する、人が増えたら他の土地に移るものも出て地上はまた生き物で溢れる もっと読む

子どもに語る聖書

25
3.00
小塩節 1998年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

母にもらった3。 干支と釈迦とは別の時かもしれない。でも誕生日にもらった。 もらった当時も「なんであえて聖書なんだ?(クリスチャンでもあるまいに)」と... もっと読む

木々を渡る風 (新潮文庫)

21
2.80

感想・レビュー

大学院の受験にドイツ語が必修だったからか、辞書持ち込みがOKだったからか、NHKのラジオテキストを聞いて覚えて暗記して~、そんな「とき」がありました。その... もっと読む

ヨセフとその兄弟 1

19
4.67

感想・レビュー

 旧約聖書に記載されているヨセフ物語を「あまりにも短くもっと細部まで描きたくなる」と語ったゲーテの遺志を汲んで、二十世紀のドイツの文豪トーマス・マンが十六... もっと読む

ドイツを探る―ロマンとアウトバーンの国 (光文社文庫)

15
3.63

感想・レビュー

語り口調がすごく丁寧なエッセイ。ドイツ人気質がどんなものかわかった気になれる本。 もっと読む

Die Liebe―ゲーテ詩集

15
3.29
小塩節 1999年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【自分のもの】 私は知っている、自分のものだといえるのは、 自由自裁に自分の心から 流れ出て来る思想と 自分に好意を持つ運命が 底の底まで味... もっと読む

ヨセフとその兄弟 3 (3) 養う人ヨセフ

14
5.00

感想・レビュー

 最終巻となる本書第三巻には第四部「養う人ヨセフ」が収められている。  牢につながれたヨセフだったが、国は未曾有の大飢饉に見舞われていた。ヨセフは夢判断... もっと読む
全214アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×