小島信夫のおすすめランキング

プロフィール

小島信夫(1915.2.28~2006.10.26) 小説家。岐阜県生まれ。1941年、東京帝大文学部英文科卒。岐阜中学、第一高等学校時代から創作を始め、東大時代には同人誌「崖」を刊行。大学卒業の年に徴兵検査を受け、翌年入隊。中国で暗号兵として過ごす。46年、復員。岐阜師範学校に勤務。48年、上京。同人誌「同時代」を刊行。佐原女子高校、小石川高校を経て、54年、明治大学に勤務。55年、「アメリカン・スクール」で芥川賞受賞。57年、米国へ留学。63年、学生結婚した妻を喪い、この経験を、65年、『抱擁家族』へと昇華。翌年、同作で谷崎潤一郎賞受賞。68年から「別れる理由」を「群像」に連載。73年、『私の作家評伝』で芸術選奨文部大臣賞受賞。82年、.『別れる理由』で野間文芸賞受賞。89年、日本芸術院会員となる。94年、文化功労者に選出される。98年、『うるわしき日々』で読売文学賞受賞。99年、郷里に小島信夫文学賞が設立される。主な著書に『小銃』『墓碑銘』『美濃』『月光』『暮坂』『各務原・名古屋・国立』『残光』など。

「2016年 『抱擁家族』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小島信夫のおすすめランキングのアイテム一覧

小島信夫のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『アメリカン・スクール (新潮文庫)』や『抱擁家族 (講談社文芸文庫)』や『小説修業 (中公文庫)』など小島信夫の全170作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

アメリカン・スクール (新潮文庫)

444
3.69
小島信夫 1967年6月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昨年5月の不忍ブックストリート『一箱古本市』で、100円で購入した一冊。昭和50年6月発行の十刷。 王道的なレビューとすれば、「戦後」「アメリカ」「風刺」... もっと読む

抱擁家族 (講談社文芸文庫)

432
3.59
小島信夫 1988年1月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

妻の浮気から少しずつ家庭が崩壊していく、不気味な小説。はじめは妻のわがままさが目につくが、徐々に、夫の俊介が狂っていることに気付く。何を考えているのか分か... もっと読む

小説修業 (中公文庫)

123
3.83
小島信夫 2008年5月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ことあるごとに読み返している。 まるで書簡体小説のように。二人の小説家は違っている。違っているけれども、両者のあいだには、一言では言い尽くしがたい本質的... もっと読む

残光 (新潮文庫)

106
4.20
小島信夫 2009年10月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

出だしに施設に入った小島さんの奥さんのことについて触れられる箇所がある。その後、小説は自由自在な小島さんの語りによって展開されていくのだけれど、何となくま... もっと読む

うるわしき日々 (講談社文芸文庫)

95
3.62
小島信夫 2001年2月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

傍から見たら、ちっともうるわしくない。うるわしいどころか悲惨ですらある。でも、これがうるわしき日々であるのがなんとなくわかってしまう。借りた本だけど、買っ... もっと読む

ラヴ・レター

82
3.44
小島信夫 2014年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

すいません、ノー・コメントで もっと読む

美濃 (講談社文芸文庫)

73
4.09
小島信夫 2009年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初期の本と比べるとかなり複雑で断念 もっと読む

残光

70
3.66
小島信夫 2006年5月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最後の最後にぐっとくる もっと読む

イマジネーションの戦争 (コレクション 戦争×文学)

68
3.88
星野智幸 2011年9月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

芥川龍之介から伊藤計劃まで、現実の戦争ではなく、「ここにない戦争」を描いた小説を集めたアンソロジー。 もっと読む

月光・暮坂 小島信夫後期作品集 (講談社文芸文庫)

58
3.60
小島信夫 2006年10月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あとがきを読むに、この本は小島信夫の私小説的なものの、残響のような短篇集らしい。私が読んでいる小島作品は、新潮文庫の短編集『アメリカン・スクール』と『私の... もっと読む

第三の新人名作選 (講談社文芸文庫)

52
4.15
安岡章太郎 2011年8月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 吉行淳之介の「驟雨」とかの文章は全然頭に入ってこなくて、読み終わっても何が書いてあったかまったくわからない。昔、そういう失敗をしたので、二度目なので、ゆ... もっと読む

小説の楽しみ (水声文庫)

45
3.57
小島信夫 2007年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文学の面白さを3回に渡って語り下ろしたもの。文学エッセイ?チェーホフ、シェークスピア、ベケット、カフカ、ドストエフスキー、クンデラ、セルバンテス、プルース... もっと読む

小説修業

43
3.42
小島信夫 2001年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2008/8/30購入 もっと読む

対談・文学と人生 (講談社文芸文庫)

36
3.50
小島信夫 2006年2月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文学は本当に奥が深い。 もっと読む

(059)客 (百年文庫)

34
3.45
吉田健一 2011年1月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「馬」の読書会のために読んだ。このシリーズはテーマが同じでも3つの味が楽しめるしさっと読み終われるしよいですね。 吉田健一「海坊主」:この人の文章は... もっと読む

墓碑銘 (講談社文芸文庫)

32
3.80
小島信夫 2007年9月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自分に中立的な歴史的知識欠けているからか、戦争文学は苦手だ。 ただこの墓碑銘は戦争を題材にしながらも、自己同一性を問うのが主題となっている。 「戦... もっと読む

死者たちの語り (コレクション 戦争×文学 13)

30
3.00
小川未明ほか 2011年11月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

和図書 918.6/Ko79/13 資料ID 2011103321 もっと読む

寓話

26
4.08
小島信夫 1987年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何なのだこれは?このような小説は読んだことがない。何が何だか一読ではさっぱり分からない。否、何回読んでも分からない?「分かる」って何?どういうこと? 小説... もっと読む
全170アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする