小嶋陽太郎のおすすめランキング

プロフィール

1991年長野県生まれ。信州大学人文学部中退。2014年『気障でけっこうです』で第16回ボイルドエッグズ新人賞を受賞しデビュー。他の著書に『今夜、きみは火星にもどる』『おとめの流儀。』『こちら文学少女になります』『ぼくのとなりにきみ』『ぼくらはその日まで』『悲しい話は終わりにしよう』『放課後ひとり同盟』『友情だねって感動してよ』がある。

「2019年 『行きたくない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小嶋陽太郎のおすすめランキングのアイテム一覧

小嶋陽太郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『行きたくない (角川文庫)』や『気障でけっこうです』や『こちら文学少女になります』など小嶋陽太郎の全49作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

行きたくない (角川文庫)

748
3.35
加藤シゲアキ 2019年6月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読んでみたかった加藤シゲアキ先生初読み 『ポケット』は不可思議な女子に振り回される男子 勝手に恋愛してくれよ と叫びたくなるわ お気に入りの阿川せん... もっと読む

気障でけっこうです

205
3.38
小嶋陽太郎 2014年10月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

終始、いい感じに力が抜けてて楽しめた。 会話が楽しい。 もっと読む

こちら文学少女になります

160
3.76
小嶋陽太郎 2016年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

118業界のことは知らんけど、登場するみんなが楽しく苦しんでる姿が生き生きしてていいね。文章もストーリーも破綻なくスッキリ読めました。次作もあるのかな もっと読む

おとめの流儀。

138
3.93
小嶋陽太郎 2015年11月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

軸はスポーツ(なぎなた)の話なのだけれど、家庭の事情なども絡んで来るのでなかなか読み応えがありました。 小嶋さんの作品は2作目なのですが、流れる様な独特の... もっと読む

放課後ひとり同盟

127
3.66
小嶋陽太郎 2018年4月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

全5話の短編集なのだけれど、それぞれの話が少しずつ繋がっている。 小嶋陽太郎さんの小説を読むといつも思うのですが、文章がまわりくどく感じる反面リズミカルで... もっと読む

ぼくのとなりにきみ

124
3.63
小嶋陽太郎 2017年2月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これは、もう素晴らしい作品です!!!!!!!!!!! とにかく、面白い。 変わり者の3人が、暗号解読に挑む中、ようような事件が起こる。 また、サクが近田さ... もっと読む

悲しい話は終わりにしよう

110
3.68
小嶋陽太郎 2017年11月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み始めて最初に思ったのが、文章に特徴があって読んでいると音楽を聴いているような不思議な感覚がくせになり一気に引き込まれました。景色や人物の描写も素晴らし... もっと読む

友情だねって感動してよ

102
3.54
小嶋陽太郎 2018年9月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『放課後ひとり同盟』に続いて、またも短編集。 物語自体は個々に独立しているが、神楽坂にある神社と公園という舞台設定をい共有している構成も前作と同じ。 ... もっと読む

火星の話

101
3.59
小嶋陽太郎 2015年4月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

過不足がない。 エピソードも登場人物もみんな必要で、「ここはもっとこうしたらいいのに」というのが私には思いつかなかった。 見どころは2つだ。 ま... もっと読む

気障でけっこうです (角川文庫)

70
2.95
小嶋陽太郎 2016年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私の好きな小説家として小嶋陽太郎を挙げておきながら、デビュー作を読んでいないというのはさすがにまずいかと手に取った本作。 やはり小説家として書いている最... もっと読む

ぼくらはその日まで

64
3.93
小嶋陽太郎 2017年8月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

若者の甘酸っぱい青春小説。同年代に。 もっと読む

([こ]6-1)おとめの流儀。 (ポプラ文庫)

54
3.50
小嶋陽太郎 2017年12月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

0021 剣道は何となくわかるがなぎなたって全く知らなかったので新鮮。試合の映像とか見たくなりました。 さとこが自分のことをかわいいって言ってるのがかわい... もっと読む

そしてぼくらは仲間になった

52
4.71
小嶋陽太郎 2018年11月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「ズッコケ三人組」シリーズ40周年記念企画。 男の子、女の子、ロボット…いろんな形の三人組の友情を描いたアンソロジー。 「夏のはぐれもの」小嶋陽太... もっと読む

今夜、きみは火星にもどる (角川文庫)

43
3.13
小嶋陽太郎 2017年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自分を火星人だと言い張る佐伯さんと、彼女は火星人だと信じる国吉くん、火星人なんかじゃないと言い張る高見さん、佐伯って誰と言い放つ水野くん、そして担任の山口... もっと読む

行きたくない (角川文庫)

18
3.75
加藤シゲアキ 電子書籍 2019年6月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

加藤シゲアキに興味があって読了。 元々若い作家さんにはなかなか共感できないことはわかっていたけど、本当に共感できなかった。 何が言いたいのか、私に... もっと読む

放課後ひとり同盟 (集英社文庫)

13
3.00
小嶋陽太郎 2021年3月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

登場人物がリンクしている、こういう短編集が好き 最後の話が一番いいかな ちょっと軽い もっと読む

別冊文藝春秋 電子版5号 (文春e-book)

8
4.00
吉田修一 電子書籍 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【巻頭は三上延×七月隆文「僕たちの小説作法」】連載をスタートさせた七月隆文氏は、『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズの三上延氏と初の対談。さらに、『俳優 ... もっと読む
全49アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×