小川国夫のおすすめランキング

プロフィール

1927年, 静岡県生まれ. 2008年4月8日, 帰天. 旧姓静岡高校時代にカトリックの洗礼を受ける. 1950年, 東京大学国文学科入学. 53年, パリ大学に留学. この頃, 単車ヴェスパを駆って地中海沿岸を旅する. 56年に帰国し, 留学と放浪の体験から生まれた『アポロンの島』(57年)によって, 文壇に登場する. 小説作品には, 『試みの岸』『或る聖書』『彼の故郷』『悠蔵が残したこと』『悲しみの港』『ハシッシ・ギャング』ほかがある. 91-95年, 『小川国夫全集』全一四巻刊行. また没後, 『弱い神』『襲いかかる聖書』(2010年), 『俺たちが十九の時──小川国夫初期作品集』『ヨレハ記 旧約聖書物語』(12年)などが刊行されている.

「2014年 『イシュア記 新約聖書物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小川国夫のおすすめランキングのアイテム一覧

小川国夫のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『〆切本2』や『アポロンの島 (講談社文芸文庫)』や『蕾 (百年文庫)』など小川国夫の全182作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

〆切本2

281
3.44
森鷗外 2017年10月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「何があっても、〆切は絶対にやって来る」 そんな真理を、教科書でお馴染みの文豪やその家族、平成の今をときめく売れっ子作家、一世を風靡した漫画家たち、はたま... もっと読む

アポロンの島 (講談社文芸文庫)

92
3.69
小川国夫 1998年1月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小説を読む速度について考える。短くて明晰で乾いた表現をある程度の間隔を置いて、積み上げる、というよりは、地面に並べていく、という印象のあるこの人の文章を読... もっと読む

蕾 (百年文庫)

38
3.78
小川国夫 2011年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小川国夫『心臓』 龍胆寺 雄『蟹』 プルースト『乙女の告白』 もっと読む

死者たちの語り (コレクション 戦争×文学 13)

30
3.00
小川未明ほか 2011年11月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

和図書 918.6/Ko79/13 資料ID 2011103321 もっと読む

ああ、犬よ! 作家と犬をめぐる28話

30
3.33
2018年6月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どの犬も驚くほど似ている。我が家も然り。 何故故に 人類の友 春に散る花 別れの時がハイライトされるんだろうと思うと、涙が溢れる。 もっと読む

あじさしの洲・骨王 (講談社文芸文庫)

28
3.00
小川国夫 2004年6月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「ハシッシ・ギャング」のみ。 もっと読む

止島

23
3.13
小川国夫 2008年5月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

のりしろの多い物語というか、書かれていない物語に圧倒される。淡々と書かれた文章の背後から立ち上がってくる物語に、頭の中が一杯になってしまった。良いものを読... もっと読む

虹よ消えるな

21
3.14
小川国夫 2008年5月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最晩年の随筆と掌編2. 私が藤枝をうろついてたころ,この爺さんも,そのへんをうろついてたと思うと少し楽しい.若い頃に南仏やイタリアをVespaで走り回った... もっと読む

試みの岸 (講談社文芸文庫 おI 3)

20
3.20
小川国夫 2008年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

三部からなる連作中篇。人生の苦悶に行き当たったとき、ある者は自らを殺め、ある者は他者を殺め、またある者は人間存在を逸脱して馬に転身し……馬 に、転 身 し... もっと読む

吉本隆明「五つの対話」

20
3.38
吉本隆明 1990年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私の中での萌え老人二巨頭・吉本×養老対談が読める貴重な1冊 もっと読む

マグレブ、誘惑として

15
3.75
小川国夫 1994年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

モロッコ、チュニジア、アルジェリア……アフリカ諸国をマグレブと呼ぶ。 土色の土地と独特の熱気を持ち、妖艶な目をもつ女たちが住むモロッコを舞台にしながらエ... もっと読む

イエス・キリストの生涯を読む

14
3.00
小川国夫 2009年1月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文学者としての視点も交えながら、とてもわかりやすい聖書の中のイエス。 もっと読む

襲いかかる聖書

14
1.00
小川国夫 2010年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これ表紙も小川先生が描いてるのか・・・ 純然たるキリスト教信者らしいな・・・ どこまでが現実でどこからが神との対話なのか もっと読む

サアカスの馬・童謡 (少年少女日本文学館20)

12
3.57
安岡章太郎 1987年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

後にスゴイ大学に進学し、大作家と呼ばれる人々はなぜもこんなに学校をさぼったり、はみ出したりの子ども時代を過ごすのか?いや、そうじゃないと彼らは皆、官僚など... もっと読む
全182アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする