小手鞠るいのおすすめランキング

プロフィール

著者紹介 刊行趣旨 主な内容
小手鞠るい/小説家、詩人、児童文学作家。
岡山県生れ。同志社大学法学部卒業。1981年「詩とメルヘン」賞、1993年「海燕」新人文学賞、2005年『欲しいのは、あなただけ』で島清恋愛文学賞、2009年絵本『ルウとリンデン 旅とおるすばん』(絵/北見葉胡)でボローニャ国際児童図書賞を受賞。2012年『心の森』が第五十八回全国青少年読書感想文コンクール小学校高学年課題図書に、『きょうから飛べるよ』(岩崎書店)が平成27年長野県課題図書に、『やくそくだよ、ミュウ』(岩崎書店)が第48回岩手県課題図書に『きつね音楽室のゆうれい』が二八年度埼玉県課題図書に、2019年、『ある晴れた夏の朝』(偕成社)が六十五回全国青少年読書感想文コンクール中学生の課題図書のほか、「ホワイトレイブンス」に選ばれる。同作で小学館児童出版文化賞受賞。その他小説に、『エンキョリレンアイ』『お菓子の本の旅』『美しい心臓』『アップルソング』『きみの声を聞かせて』『炎の来歴』など多数。

「2020年 『ねこの町の小学校  たのしいえんそく』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小手鞠るいのおすすめランキングのアイテム一覧

小手鞠るいのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『エンキョリレンアイ (新潮文庫)』や『エンキョリレンアイ』や『本をめぐる物語 一冊の扉 (角川文庫)』など小手鞠るいの全302作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

エンキョリレンアイ (新潮文庫)

887
3.38
小手鞠るい 2010年2月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本屋のアルバイト中に出会ったあの人は、 翌日にはアメリカに行ってしまう人だった。 そんな人に、恋をした。それは、運命の恋だった。 詩人だという作... もっと読む

エンキョリレンアイ

873
3.31
小手鞠るい 2006年3月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

海晴の言葉はとてもポジティブで、いつも花音の心を軽くする言葉をくれる。 離れている人に救われることってあるんだって思った。 途中から、一方的に... もっと読む

本をめぐる物語 一冊の扉 (角川文庫)

807
3.30
中田永一 2014年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本をめぐる物語…書き手であったり、読み手であったり、編集校閲であったり、様々な立場からの本をめぐる物語。前回読んだ「栞は夢を見る」よりも、こちらの作家陣の... もっと読む

欲しいのは、あなただけ (新潮文庫)

401
3.01
小手鞠るい 2007年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み始めて、しまった…と思った。ヒリヒリするような恋愛の追体験をしているような。けれど、やめられない。他人から見ると、どうしてそんな関係を続けるの? と言... もっと読む

空と海のであう場所 (ポプラ文庫)

389
3.51
小手鞠るい 2015年1月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

施設で出会った一組の男女が大人にであって再会し、別れ、 再びつながりの糸をたどる物語り。 心の扉を相手に向けて開けたと思えても、 じつはその中に... もっと読む

ある晴れた夏の朝

389
4.19
小手鞠るい 2018年7月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本人の母、アメリカ人の父をもつメイは、ハイスクールの1年生を終えた夏休み、先輩にさそわれて公開討論会に参加する テーマは「原爆」──1945年8月... もっと読む

サンカクカンケイ (新潮文庫)

385
3.35
小手鞠るい 2010年5月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

強引で傲慢に、役者になる夢につきすすむ龍也と、どんなときでも、温かな笑顔で見守ってくれる幼なじみの俊輔。初恋を追いかけて、故郷・岡山から京都に向かった大学... もっと読む

望月青果店

338
3.16
小手鞠るい 2011年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

岡山出身の小手鞠さんの本を読みたくて図書館で借りてきた。タイトルで選んだが、ちょうどこの本は岡山を舞台に書かれた本だったようで良かった。懐かしい岡山弁と懐... もっと読む

サンカクカンケイ

324
3.30
小手鞠るい 2007年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『エンキョリレンアイ』よりはよかった。共感できる状況ではある。でも、愛されていると感じられない恋愛、寂しさを育てるような恋愛、利用されている恋愛には、早め... もっと読む

甘い記憶―6 Sweet Memories

314
3.10

感想・レビュー

井上荒野、江國香織、川上弘美、小手鞠るい、野中柊、吉川トリコによるチョコレートに纏わる恋愛短編集。 元々は森永製菓が実施した「森永チョコレート カレ... もっと読む

恋のかたち、愛のいろ

311
3.29
唯川恵 2008年2月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おいしそうな表紙だ。原田マハさんの「ブルースマンに花束を」に出てくる56歳のミュージシャンがすごくかっこよかった。惚れるわ。 ・ごめん/唯川恵 浮... もっと読む

レンアイケッコン (新潮文庫)

303
3.65
小手鞠るい 2010年6月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

カタカナ恋愛三部作のラスト作品。 この作者さんは、どれを読んでも脳内映像変換が容易く出来る文章。文字を目で追っているのに、絵本のような美しい色彩が想像で... もっと読む

恋のかけら

302
3.12

感想・レビュー

女性作家が描く恋愛もののアンソロジー。山崎マキコさんの「ちょっと変わった守護天使」が良かったです。 ・ラテを飲みながら/唯川恵 真面目一辺倒の主人... もっと読む

恋のかたち、愛のいろ (徳間文庫)

264
3.43
唯川恵 2010年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どれもとても素敵でした。私は特に最後の角田光代さんのお話が印象に残っています。携帯電話は宇宙を経由して祈りのようなもので繋がっていると考えると、携帯での縁... もっと読む

猫の形をした幸福

262
3.43

感想・レビュー

著者もきっと猫好きな人に違いない。 猫にかぎらずペットの存在感って大きいんだろうなぁ。 セキセイインコとか魚などの小さい生き物しか飼ったことがないので... もっと読む

空と海のであう場所

243
3.50

感想・レビュー

愛するということは、空っぽの器になること。 奪うことより、与えることのほうがずっと楽しい。 色々と考えさせられる。 また読みたいと思える作品。 言葉の一つ... もっと読む

早春恋小路上ル (幻冬舎文庫)

236
3.38
小手鞠るい 2010年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

乙女の春は、六畳と四畳半の修学院荘別館で始まった。京都を舞台に、恋に仕事に、泣き、笑う!オトナになる切なさを描いた青春小説。(BOOKデータベース) もっと読む

([こ]1-4)カクテル・カルテット (ポプラ文庫)

234
3.19
小手鞠るい 2010年10月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

4人の男女視点で描かれる、カクテルに絡んだ恋愛の24編からなる連作短編 ファーストキスの思い出、過去の恋愛や結婚、現在のパートナーとの出会い、そして現在... もっと読む

レンアイケッコン

232
3.50
小手鞠るい 2008年3月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

三部作、と言っても、主人公は各作品で異なるので 1作、2作、3作…と続けて読まなくても楽しめるシリーズ。 もちろん、初めから読むと、繋がりが分かるのデ... もっと読む

アップルソング

232
3.98
小手鞠るい 2014年5月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

終戦直前、空襲の焼け跡から助け出された赤ん坊、茉莉江。 少女となった彼女はアメリカに渡った。 過酷な運命を背負いながらも様々な人々に出会い助けられなが... もっと読む
全302アイテム中 1 - 20件を表示

小手鞠るいに関連する談話室の質問

ツイートする
×