小松淳子のおすすめランキング

小松淳子のおすすめランキングのアイテム一覧

小松淳子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『プルーストとイカ―読書は脳をどのように変えるのか?』や『脳の中の身体地図―ボディ・マップのおかげで、たいていのことがうまくいくわけ』や『なぜ直感のほうが上手くいくのか? - 「無意識の知性」が決めている』など小松淳子の全16作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

プルーストとイカ―読書は脳をどのように変えるのか?

998
3.62

感想・レビュー

「読むことを覚えた時、あなたは生まれ変わる  ・・そしてもう二度と、それほど孤独には感じない。」          一見シュールなタイトルと表紙だが... もっと読む

脳の中の身体地図―ボディ・マップのおかげで、たいていのことがうまくいくわけ

422
3.91

感想・レビュー

 とってもおもしろかった。特に「ペリパーソナルスペース」について。 <脳の中の身体地図> P10  脳は特殊なマッピング手法によって、この空間や四肢を... もっと読む

なぜ直感のほうが上手くいくのか? - 「無意識の知性」が決めている

250
3.68

感想・レビュー

人は判断するときに何を材料にするのか・・・。 直感という、あいまいな用語を、科学的に解説しています。 目からウロコかもね。 直感には根拠があるん... もっと読む

野性の知能:裸の脳から、身体・環境とのつながりへ

167
3.77

感想・レビュー

ルイーズ・バレット『野性の知能』読み終。人間の認知システムは感覚器官からの入力→脳による処理→出力としての行動という計算モデル的アルゴリズムではなく、環境... もっと読む

スーパーセンスーーヒトは生まれつき超科学的な心を持っている

139
3.32
ブルースM.フード 2011年2月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

殺人鬼のカーディガンを着るのを人はなぜ嫌がるのか。 人が「なんとなく」感じる嫌悪感や愛好感は一体どこからやってくるのか。 誰もが持っているスー... もっと読む

喜びはどれほど深い?: 心の根源にあるもの

118
3.70
ポール・ブルーム 2012年1月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人間の喜ぶの深さにせまった話。 なぜ、こんなことで喜ぶんだ人間は?の事例集。 特に結論らしい結論はないが興味深い。 もっと読む

間違いだらけの子育て―子育ての常識を変える10の最新ルール

117
3.92
ポー・ブロンソン 2011年5月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

しかし読みにくい‼ すくすく子育てとか、その他でも聞いたことある、非認知能力の大事さを言い始めた本なのかな。IQを小さい頃から鍛えてもあまり意味がないと... もっと読む

美味しさの脳科学:においが味わいを決めている

102
3.29

感想・レビュー

美味しさを感じるプロセスでは、舌で感じる味よりも“香り”が重要なことを、脳神経科学の第一人者が解説した一冊。しかも最重要なのは、鼻孔から入る香りではなく、... もっと読む

オシムが語る

97
3.54

感想・レビュー

9年ぶりに再読。集団的自衛権やISのことを考えながら読んだ。この本はサッカーだけにとどまらず、戦争、民族、宗教、国家、差別、友情、家族、政治、利害、感情、... もっと読む

死と神秘と夢のボーダーランド: 死ぬとき、脳はなにを感じるか

74
3.53

感想・レビュー

はじめにタイトルからスピリチュアル本? 思った方もいるかもしれないがそうではない 臨死体験などをしたひとの脳がそのときどんな活動をするのかという科... もっと読む

マリア・カラス 伝説の肖像

1
5.00

感想・レビュー

どの瞬間も彼女は美しかった。感情に満ちていたからだ。 もっと読む
全16アイテム中 1 - 16件を表示
ツイートする
×