小林朋道のおすすめランキング

プロフィール

1958 年岡山県生まれ。
岡山大学理学部生物学科卒業。京都大学で理学博士取得。
岡山県で高等学校に勤務後、2001 年鳥取環境大学講師、2005年教授。
2015 年より公立鳥取環境大学に名称変更。
専門は動物行動学、進化心理学。
著書に『先生、巨大コウモリが廊下を飛んでいます!』をはじめとする、「先生!シリーズ」(今作第15 巻)、番外編『先生、脳のなかで自然が叫んでいます!』(築地書館)など多数。
これまで、ヒトも含めた哺乳類、鳥類、両生類などの行動を、動物の生存や繁殖にどのように役立つかという視点から調べてきた。
現在は、ヒトと自然の精神的なつながりについての研究や、水辺や森の絶滅危惧動物の保全活動に取り組んでいる。
中国山地の山あいで、幼いころから野生生物たちとふれあいながら育ち、気がつくとそのまま大人になっていた。
1 日のうち少しでも野生生物との“交流”をもたないと体調が悪くなる。
自分では虚弱体質の理論派だと思っているが、学生たちからは体力だのみの現場派だと言われている。

「2021年 『先生、頭突き中のヤギが尻尾で笑っています!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小林朋道のおすすめランキングのアイテム一覧

小林朋道のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『先生、巨大コウモリが廊下を飛んでいます!―鳥取環境大学の森の人間動物行動学』や『先生、シマリスがヘビの頭をかじっています! 「鳥取環境大学」の森の人間動物行動学』や『先生、子リスたちがイタチを攻撃しています! 鳥取環境大学の森の人間動物行動学』など小林朋道の全39作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

先生、巨大コウモリが廊下を飛んでいます!―鳥取環境大学の森の人間動物行動学

582
3.90
小林朋道 2007年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1200人ほどしか学生がいない大学での動物をめぐるエッセイだ。コウモリ、ヘビ、ハムスター、イモリ、アナグマ、シカ、ヒミズ、アリ、ヤギ、タヌキ、ドバトたちと... もっと読む

先生、シマリスがヘビの頭をかじっています! 「鳥取環境大学」の森の人間動物行動学

507
3.84
小林朋道 2008年10月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おもしろかった~ 動物好きには、たまりません! 作者は動物行動学を研究されている大学の先生。 難を一つだけ言えば、写真が白黒だったこと。 ここは頑張っ... もっと読む

先生、子リスたちがイタチを攻撃しています! 鳥取環境大学の森の人間動物行動学

347
4.02
小林朋道 2009年7月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読んでて、私も小さい頃ヤモリ探したなぁと思い出しました。でもイモリだったのかなー。近くに田んぼや川もあったし。 この著者の本を読むと昔の記憶が呼び起こさ... もっと読む

先生、カエルが脱皮してその皮を食べています! 鳥取環境大学の森の人間動物行動学

294
4.00
小林朋道 2010年4月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

再読しだして止まらなくなったシリーズ。 ・ヒキガエルの脱皮 ・ヤギコの脱走と講義 ・スナガニ ・子ガラスをレスキュー ・再生池づくりの田んぼ ... もっと読む

先生、キジがヤギに縄張り宣言しています! 「鳥取環境大学」の森の人間動物行動学

253
3.96
小林朋道 2011年3月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

とても面白かった。なんと、なんとなんと、超ハッピーエンドではないが、ある意味ひとつのハッピーエンドではある。オスカーの決断、非常に理解できます。ティナーシ... もっと読む

先生、モモンガの風呂に入ってください!―「鳥取環境大学」の森の人間動物行動学

238
3.86
小林朋道 2012年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シリーズ6冊目。 鳥取県智頭町の芦津の森を舞台にしたフィールドワークの様子を中心に、コバヤシ先生の動物談義が繰り広げられます。 学生や地元の方々と... もっと読む

なぜヤギは、車好きなのか? 鳥取環境大学のヤギの動物行動学

197
4.04
小林朋道 2012年5月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ヤギをペットでもなく家畜でもなく、できるだけ野生の姿で認識しようとしているところが、本書の個性。ヤギとヒトとの独特な距離感がなんともいえぬ味わいを。鳥取に... もっと読む

先生、大型野獣がキャンパスに侵入しました!: 鳥取環境大学の森の人間動物行動学

193
3.91
小林朋道 2013年5月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

このシリーズ、随分前に読んでたんですが、なんも書いてなかったんで再読。 ・ヒバリの巣 ・セグロアシナガバチ ・シマリスのヘビ臭利用、ヒグマ対策 ・... もっと読む

先生、イソギンチャクが腹痛を起こしています!: 鳥取環境大学の森の人間動物行動学 (先生!シリーズ)

160
3.71
小林朋道 2016年5月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白かった。先生!シリーズ第10巻、外れないわぁ。 SNSが研究のスタイルに及ぼす影響!そうなんですよねぇ。 タイトルのとおり、イソギンチャクで始まり。ケ... もっと読む

先生、ワラジムシが取っ組みあいのケンカをしています!: 鳥取環境大学の森の人間動物行動学

159
3.75
小林朋道 2014年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白かった!このシリーズはほんとにハズレがないです。ちょっとエモーショナルというかパセティックな話もあり。 ・森のダニは水の中でも1ヶ月以上生きる。トビ... もっと読む

ヒトはなぜ拍手をするのか―動物行動学から見た人間 (新潮選書)

153
3.41

感想・レビュー

動物行動学の視点から、日常生活で見られる人間の行動や感情の原理を説明している。 一つ一つが独立しているので、読みやすい。 特に興味深かったのは、笑いの... もっと読む

ヒトの脳にはクセがある: 動物行動学的人間論 (新潮選書)

125
3.21
小林朋道 2015年1月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ヒトの脳の働きやクセをエッセー風に綴った書。 哲学的な内容にもなっている。 著者は、ヒトは世界の全てを正しく認知ないし理解することは出来ないが、断... もっと読む

先生、洞窟でコウモリとアナグマが同居しています!: 鳥取環境大学の森の人間動物行動学

122
3.93
小林朋道 2015年6月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小林先生の動物愛に溢れた本。 個人的には先生が経験された「雄のドンコ」の子育て風景が印象に残っており、ドンコへの好感度があがった。 ムギツクの托卵やシ... もっと読む

先生、犬にサンショウウオの捜索を頼むのですか! (鳥取環境大学の森の人間動物行動学)

122
3.82
小林朋道 2017年5月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

間違いなく面白い。ゲジや実験観察のために飼育されている生き物たちの話で始まり、ホンドヤドカリ、キクガシラコウモリ、ヤギとイヌ、カスミサンショウウオ、コウモ... もっと読む

利己的遺伝子から見た人間 愉快な進化論の授業 (PHPサイエンス・ワールド新書)

115
3.79
小林朋道 2012年3月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

<目次> はじめに プロローグ なぜ、いま、利己的遺伝子説なのか 第一部 利己的遺伝子説とは何か?  1 遺伝子とは何か  2 生命誕生の時点の遺伝子の状... もっと読む

先生、オサムシが研究室を掃除しています! (鳥取環境大学の森の人間動物行動学)

103
3.68
小林朋道 2018年5月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

再読しだして止まらなくなったシリーズ。 これがねぇ、見回りの間の空き時間に読むのにめちゃちょうどええねんな。軽いようで、非常に深い。ブレインがストーミー... もっと読む

ヒト、動物に会う: コバヤシ教授の動物行動学 (新潮新書)

79
3.71
小林朋道 2014年2月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「鳥取環境大学の森の人間動物行動学」シリーズ(築地書館)でおなじみのコバヤシ先生が新潮新書デビューです。 親しみやすい文章はいつも通りですが、本書では子... もっと読む

先生、大蛇が図書館をうろついています! ―[鳥取環境大学]の森の人間動物行動学

77
3.55
小林朋道 2020年4月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ヘビは特に好きでも嫌いでもないが、配電室入り口がヘビ部屋にというのは業者さんが気に思う・・・ ヘビ好きの二人のゼミ学生の話 ニホンモモンガはテンを大変怖... もっと読む

先生、脳のなかで自然が叫んでいます! ([鳥取環境大学]の森の人間動物行動学・番外編)

68
3.37
小林朋道 2018年8月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

先生シリーズの番外編。他の本よりちょっと専門用語が多め。生態学の勉強した気になる。でも、ユーモアがあって読みやすいのは他の本と同じ。 もっと読む

先生、アオダイショウがモモンガ家族に迫っています! (鳥取環境大学の森の人間動物行動学)

61
3.55
小林朋道 2019年4月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

鳥取環境大学の教授小林朋道さんの本。 『先生!シリーズ』13巻に。 研究対象が日本モモンガ。 今回は、研究室の愛弟子が、やはり... もっと読む
全39アイテム中 1 - 20件を表示

小林朋道に関連する談話室の質問

ツイートする
×