小林正のおすすめランキング

小林正のおすすめランキングのアイテム一覧

小林正のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『赤と黒(上) (新潮文庫)』や『赤と黒(下) (新潮文庫)』や『フランス語のすすめ (講談社現代新書 17)』など小林正の全86作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

赤と黒(上) (新潮文庫)

1792
3.60
スタンダール 1957年2月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大分時間がかかりましたが、やっと読み終わりました。自尊心が異常に膨れ上がった天才肌の美青年ジュリアンが、色恋とその自尊の狭間で命をすり減らし、最終的には自... もっと読む

赤と黒(下) (新潮文庫)

1241
3.64
スタンダール 1958年5月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

うーん、当時のフランスの社会や文化を知らないせいなのか、よく分からないところが多かったです。 主人公の性格も、印象がコロコロ変わってつかみきれなかったし... もっと読む

フランス語のすすめ (講談社現代新書 17)

68
3.13

感想・レビュー

 このシリーズは、「中国語のすすめ」を読んだが、そのときは中国語を全く知らなかったので非常に新鮮に読むことができたように記憶している。今回の場合はフランス... もっと読む

テレーズ・ラカン〈下〉 (岩波文庫)

47
3.29
エミール・ゾラ 1968年5月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私がこのタイミングで出会って読むというのが愉しい。 フランス文学の自然派っぽさにすごく共鳴する。私はこういうものに育てられてきたし、自分の一部のように感... もっと読む

英国史 (上) (新潮文庫)

41
2.80

感想・レビュー

フランスの小説家アンドレ・モロワの手による英国史。新潮の復刊で入手したが、読み終えた頃には同時に復刊されてたフランス史とアメリカ史が売り切れてて、返す返す... もっと読む

英国史 (下) (新潮文庫)

27
4.00

感想・レビュー

アメリカ独立戦争に敗れたとき、内閣が議会に対してのみ責任を負う責任内閣制を採用した事がおそらく王制を救った。王は敗戦など失政の責任を負わなくなったから。印... もっと読む

バルザック全集 8

13
4.50

感想・レビュー

『ゴリオ爺さん』『老嬢』 もっと読む

赤と黒〈下巻〉 (1958年) (新潮文庫)

6
3.50
小林正 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

下巻ではレーナル夫人とジュリヤンの関係が召使の密告で明るみに出て、 ジュリヤンが神学校に入り、その後パリで侯爵の秘書をする先のお話です。 パリでは... もっと読む

愛の妖精 (1953年) (角川文庫)

5
4.00

感想・レビュー

  http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/B000JB8AD4 ── サンド/小林 正・訳《愛の... もっと読む
全86アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×